水 中 花 寂 し き ほ ど に 嘘 を つ き

すいちゅうか さびしきほどに うそをつき

現代版水中花は、水ではなく何か花をイキイキと持たせる液体に浸けてあり、本物か作り物かよくわからないほど精巧にできています。

水に造花をドボっと漬ける水中花は 昔からあり、堂々と窓辺に飾られていたものでした。

花は、紙や木片で作られ、毒々しいほど鮮やかな色を塗られ、根にあたる底部に重りが付いておりました。

花は、赤か、白か、黄色ときまっており、葉と茎は同じ緑。

単純ながら、菊と牡丹の区別はついたようです。

今思えば、よくまああんなモノ飾ったなあというのが感想です。

この句も読まれています。

静寂に 気づいて朝は 雪の国 妙にしんとしている。雪の夜は、底冷えと この静寂がある。案の定今朝は一面の 雪景色。山茶花の垣根は、頂きに雪を載せ 冬薔薇は白く縁取られている。...
春の闇 庭石(にわいし)のありか 確かめつ... なんで、ごろごろと庭石を置くのだろう。 サンダル履きでは、つまづきそう。 まして、春の闇が訪れれば。 見えそうで見えない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
京 人 参 出 で て 新 年 近 ま り ぬ きょうにんじん いでてしんねん ちかまりぬ 正月料理に使う、あのオレンジ色ではなく、真っ赤な人参。 京人参とか、金時人参というらしいです。 トマトとおんなじリコピンという物質が豊富で、がん予防になるとか。 スーパーや八百屋にこれが並ぶと、もう数え日に入ったと実感します。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください