水 中 花 寂 し き ほ ど に 嘘 を つ き

すいちゅうか さびしきほどに うそをつき

現代版水中花は、水ではなく何か花をイキイキと持たせる液体に浸けてあり、本物か作り物かよくわからないほど精巧にできています。

水に造花をドボっと漬ける水中花は 昔からあり、堂々と窓辺に飾られていたものでした。

花は、紙や木片で作られ、毒々しいほど鮮やかな色を塗られ、根にあたる底部に重りが付いておりました。

花は、赤か、白か、黄色ときまっており、葉と茎は同じ緑。

単純ながら、菊と牡丹の区別はついたようです。

今思えば、よくまああんなモノ飾ったなあというのが感想です。

この句も読まれています。

有 明 の 故 郷 忘 る な 烏 帽 子 貝 一般にタイラギと言われる。 貝柱だけでなく、わた(タイラギのわた) も食す。 むかし、商店街のはずれで、大きな四角い缶にタイラギのわたを入れて売っていたおじさんがいて、よく買いに行かされた。 父の大好物で、シーズン中はどんぶりで食べていた。 痛風になったけど、タイラギの食べ過ぎと関係あったのか、なか...
下関 街に柳の 春が来る 下関の海岸に近い通り、古い街筋に柳がしだれる。細い川の両岸におそらく昔々から、同じ季節が繰り返されてきた のだろう。素敵な街だ。...
サ ル ビ ア の 青 春 の 色 苦 々 し サルビアという花は、オレンジがかった赤色で、花のひとつを取って付け根を吸うと、ちょっとだけ蜜がある。 ただ、花の時季が長い。 うんざりするほど、散らない。 好きな花ではない。 青春のなかったわたしには、「サルビアの花」は関係ない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください