水 中 花 寂 し き ほ ど に 嘘 を つ き

すいちゅうか さびしきほどに うそをつき

現代版水中花は、水ではなく何か花をイキイキと持たせる液体に浸けてあり、本物か作り物かよくわからないほど精巧にできています。

水に造花をドボっと漬ける水中花は 昔からあり、堂々と窓辺に飾られていたものでした。

花は、紙や木片で作られ、毒々しいほど鮮やかな色を塗られ、根にあたる底部に重りが付いておりました。

花は、赤か、白か、黄色ときまっており、葉と茎は同じ緑。

単純ながら、菊と牡丹の区別はついたようです。

今思えば、よくまああんなモノ飾ったなあというのが感想です。

この句も読まれています。

木の芽和え 料理の講釈 長きこと... 出てきたお料理に、説明をしていただくのは、ありがたいのですが、まあ長々と。 熱いものは、冷めてしまう。 料理の次は、店に来た有名人の自慢話。 終わらない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
薄 氷 ( うすごおり) 薔 薇 の 落 ち 葉 を 閉 じ 込 め て... 煉瓦の敷き詰められた歩道は、平らなようで穏やかな窪みがある。 凍りつくほど寒い朝、薄い氷がはっている。 そのすぐ上の、蔓薔薇の落ち葉を入れたまま凍りついている。 まるでわざと入れたよう。...
秋 晴 れ が 押 す 復 興 の一 輪 車 あきばれが おすふっこうの いちりんしゃ 今年の夏は、何度も何度も大きな台風が来て、繰り返し繰り返し土砂崩れや浸水の被害をもたらし、多くの人が命を落としました。 人というものは、こんなに強いのかと驚きます。 大きな重荷を負いながら、それでも投げ出すわけにはいかない。 わたしはたぶん立ち直れそ...
河 童 (かっぱ) 忌 や 口 先 だ け の お 詫 び す る... 河童 - "kappa" is water spirite / briska8 芥川龍之介の命日が近いらしい。 当時、社会風刺が前衛的と言われたという「河童」 若松出身の火野葦平も河童が好きだった。 黄桜という酒のコマーシャルのおかあさん河童は素敵だった。 このごろはイメージチェンジして色気をなく...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください