水 中 花 寂 し き ほ ど に 嘘 を つ き

すいちゅうか さむしきほどに うそをつき

現代版水中花は、水ではなく何か花をイキイキと持たせる液体に浸けてあり、本物か作り物かよくわからないほど精巧にできています。

水に造花をドボっと漬ける水中花は 昔からあり、堂々と窓辺に飾られていたものでした。

花は、紙や木片で作られ、毒々しいほど鮮やかな色を塗られ、根にあたる底部に重りが付いておりました。

花は、赤か、白か、黄色ときまっており、葉と茎は同じ緑。

単純ながら、菊と牡丹の区別はついたようです。

今思えば、よくまああんなモノ飾ったなあというのが感想です。

この句も読まれています。

秋日和(あきびより) 巡り合わせを 思いつつ... 世の中は巡り合わせ。 努力も、それは大切だろうが、それではすまぬ力を感じることがある。 巡り合わせを大切に、それはまた諦めることを暗示しているのかもしれない。...
簡 単 に 家 で 死 ぬ な ど 四 月 尽 かんたんに いえでしぬ など しがつじん 四月尽、春に吹くほこりっぽい不愉快な風。 家で死にたいとは、たしかに多くの人の願望です。 住み慣れた我が家で、温かい家族に囲まれて最後のときを迎えたい。 ご高齢の皆さんにお聞きすれば、ほとんどの方がそうおっしゃると思われます。 でも、ちょっと考えて...
御 降 ( おさがり ) や 天 満 宮 に 容 赦 な し... DSC_0303 / gtknj 元旦から、大雪そのあと大雨。縁起がいいらしく、御降りがあると、富正月と言って豊穣の前兆とするふうもあるとのこと。車は進入禁止にしており、7キロも遠回りさせられて、やっと駐車場見つけて停めたけれど、慣れないところから入ったために、道まちがえて、反対側に出てしまうし、足...
ツ ユ ク サ の 群 生 の あ り 廃 教 会... ツユクサ / houroumono いつの頃からか、使われなくなった教会。 屋根の十字架はそのままに、庭は秋の草 花の咲き乱れ。片隅にツユクサの群生を 見つけた。これほどの群生は、見たこと がない。今日はいい日だ。ツユクサの、 あの嘘みたいな青い色、服の色ならさぞ うんざりするだろうあの青。朝だけ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください