水 の 合 ふ 合 は ぬ は 確 か 蟇

みずのあう あわぬはたしか ひきがえる

人の世は、正しい、正しくないだけで動いているものではないと確信します。
人事なんて最たるもの。
そして無理して、気を使ったり、ゴマをすったりしても長続きはしないのではと思っています。
ヘタすると、自分が壊れてしまう可能性さえありそうです。
流れに任せて、言うべきは言う、基本的に合わない人との接触は最低限に抑える、そうやって生きてきて、失敗続きです。
だって嫌ってること、どうしたって顔に出ますもの。

この句も読まれています。

も う 逢 は ぬ ま た ね と 言 ふ て 春 の 月... 数少ない経験から言うと、 二度と逢うつもりのないとき、オトコは必ず、「 じゃあ、またね 」と言う。 にっこり笑って、手を挙げる。 人は人を裏切るときウソをつくとき、やさしくなる。 よくしゃべる。...
凍てついて(いてついて) 終了しました 人格が ... 底抜けに明るいと言われる。だから何でも言われる。あたしには何を逝ってもいいらしい。慣れてきたからって、口のき きかた考えろだって。明るいわけじゃない。おしゃべりが 好きでしゃべっているんじゃない。沈黙が怖いから。人の中にたって、オロオロと心を砕くから、饒舌になるだけ。ばかばかしい。必要なこと以外しゃ...
新 山 や 樹 木 許 さ ず 山 眠 る しんざんや じゅもくゆるさず やまねむる 普賢岳は、あの土石流の跡を、うまく隠して普通に紅葉してすまし顔。 あの凄まじい噴火と火砕流で出来た、となりの通称平成新山。 猛々しく血も涙もない風采で、仁田峠の紅葉谷を横目に、其処にそびえます。 当時は、テレビの映像ながら、夜中にめらめらと溶岩が家々を飲み...
茨 の 芽 ご め ん ご め ん と 鋏 入 れ... いばらのめ ごめんごめんと はさみいれ 薔薇の剪定は2月と決まっています。 この時季に剪定しないと、春にきれいな花をつけることが出来ないと、NHKの「趣味の園芸」で言ってました。 2月も終わりですから、紅い新芽がいっせいに出たところです。 もう少し早く取り掛かればよかった。 この小さな芽吹...