水 の 合 ふ 合 は ぬ は 確 か 蟇

みずのあう あわぬはたしか ひきがえる

人の世は、正しい、正しくないだけで動いているものではないと確信します。
人事なんて最たるもの。
そして無理して、気を使ったり、ゴマをすったりしても長続きはしないのではと思っています。
ヘタすると、自分が壊れてしまう可能性さえありそうです。
流れに任せて、言うべきは言う、基本的に合わない人との接触は最低限に抑える、そうやって生きてきて、失敗続きです。
だって嫌ってること、どうしたって顔に出ますもの。

この句も読まれています。

竹山(たけやま)に 寄り添うてあり 山桜... 竹の林の中に一本だけの山桜あり。竹の緑と、木々の緑と、万緑の緑のなかに、白い花。こんなところに。+
巣立ちかな 子ども自慢の 昼休み 職場で子供の話を聞くのは好きじゃない。 にこにこわらって、「で、どうしたの?」と 興味津々の面持ちで、先を促したりする。 「うちの子って、馬鹿だからあ…」って、自慢話は延々と続く。 いい加減にしろよと、心の中で思う。 疲れは倍になる。...
冬の雷 一戸一戸(いっこいっこ)を どやしつけ... どやすとは、京言葉なり。たいへんな雷であった。 隣に落ちたかと思った。それも何度も。 窓ガラスがびりびり音をたてた。 むかし、宇宙戦争というつまらない映画を見たが、 宇宙人が地上に降りるときに、激しい稲光と雷を伴った。 宇宙人が来るのではとちょっと恐れた。...
じ ゃ あ ま た ね 逢 う つ も り な き 冬 薔 薇 ( ふゆそうび )... 20120104 Denpark 6 / BONGURI もう二度と逢う気のないとき、オトコはかならずそう言って別れる。なんと残酷な響きだろう。それでも、その場はいっとき信じてしまう、学習能力のない自分がいる。何処にも持って行きようのない喪失感を抱いたまま、一見変わらぬ日々を送ることになる。けっこう...