水 の 合 ふ 合 は ぬ は 確 か 蟇

みずのあう あわぬはたしか ひきがえる

人の世は、正しい、正しくないだけで動いているものではないと確信します。
人事なんて最たるもの。
そして無理して、気を使ったり、ゴマをすったりしても長続きはしないのではと思っています。
ヘタすると、自分が壊れてしまう可能性さえありそうです。
流れに任せて、言うべきは言う、基本的に合わない人との接触は最低限に抑える、そうやって生きてきて、失敗続きです。
だって嫌ってること、どうしたって顔に出ますもの。

この句も読まれています。

我南天 誰にわかるぞ やさしさの 南天は、昔からどこの家にもあって、花が咲いても、 実がなっても、だれも気に留めない、そこにあって 当たり前。 あたしも、結構優しいとこもあるのに、誰も気が つかない。 そこにいるとも、気がつかない。 変わった子、陰気な子、なんでだろう。 身近な人ほど、気がつかない、評価が低い。 だれも気がつかない。...
乳 母 日 傘 わ か ら ぬ ま ま に 犬 ふ ぐ り... おんばひがさ わからぬままに いぬふぐり おんばひがさ、子ども特に幼児が宝物のように大切に、過保護気味に育てられること。 乳母に抱かれ、日傘をさされという意味で、決して悪いイミではありません。 人も動物も、その生涯はけっして平等などではなく、うらやんでもいいことはひとつもないので、あきらめて受...
芽柳に 風の生まれる 日の零る(こぼる)... 柳に芽が出た。喜ばしいことです。 柳が好きで、あちこちの植木市を 巡って探したけれど、今は流行ら ないとの話で諦めかけています。 柳が芽吹けば、もう春です。日差 しも風も春に向かいます。春は陽 射しが強くて、女がとしをとると 言われていて、あまり好きではな いけれど、柳の芽吹きは嬉しいの です。...
と も す れ ば 想 ひ 出 に 飛 ぶ 鉦 叩 き... ともすれば おもいでにとぶ かねたたき バッタの仲間らしい。 あまり山奥ではなく、住宅地つまりその辺に住み、若葉や小さい虫を食べるとか。 鳴き声が涼やかで、よく通り、秋を感じます。 秋の虫の鳴き声はきれいであればあるほど、寂しさを伴う気がして、遠い遠い忘れてしまったよけいな思い出にたどり着い...