水仙の 花小さきの 香りたつ

水仙の花が好きです。日本水仙に限ります。小さな白い、原種のような花です。肥料などやっても、なかなか思うように花をつけず、そうかと思うと、道端のなんの手入れもしてないのが見事に咲いていたりします。チューリップを見に行く気にはなれないけど、水仙のいっぱいに咲いているとこを見たいものだと思います。

この句も読まれています。

威勢よく ひとりで生きよ 冬ポプラ ... 人も木も動物もひとりで生きるのです。 それが自然…そうあるべきです。
鬱なのか 春日眩しく 手足の重し 春の明るい日差しがうっとうしいことはありませんか。 人の入学や就職の話がうざいと感じることはありませんか。 あたしはしょっちゅうです。 そんなとき、ただ明るい人と話すのは、拷問のように感じることがあります。 たいていの人は平気のようです。...
「 累犯障害者 」 ( 5 ) ... 「重度障害者重視」の弊害 福祉施設は、触法障害者との関わりを敬遠する。 行政が定めた基準からすれば、食事介助や入浴介助の必要な人ほど、多くの予算が割り当てられる。 日常的に問題行動を起こしても、それで給付金が加算されることはない。 実際は、寝たきりに近い重度の障害者より、刃物やライターを持ったりする...
水 中 花 寂 し き ほ ど に 嘘 を つ き... すいちゅうか さびしきほどに うそをつき 現代版水中花は、水ではなく何か花をイキイキと持たせる液体に浸けてあり、本物か作り物かよくわからないほど精巧にできています。 水に造花をドボっと漬ける水中花は 昔からあり、堂々と窓辺に飾られていたものでした。 花は、紙や木片で作られ、毒々しいほど鮮やかな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください