水仙の 花小さきの 香りたつ

水仙の花が好きです。日本水仙に限ります。小さな白い、原種のような花です。肥料などやっても、なかなか思うように花をつけず、そうかと思うと、道端のなんの手入れもしてないのが見事に咲いていたりします。チューリップを見に行く気にはなれないけど、水仙のいっぱいに咲いているとこを見たいものだと思います。

この句も読まれています。

天 の 川 浪 の 果 て よ り 立 ち の ぼ る... あまのがわ なみのはてより たちのぼる 夏の終わり、秋のはじめの頃の空。 星のきらめきと流れ星、流星群と言ってもいいかもしれません。 ずーっと沖の、夏を終えた海というより、深い海の底から立ち上がったように、その輝きはみずみずしく思えます。...
水餅を 取るに肘まで 幼き日 昔は、今のような冷凍庫がなかったので、餅は 水に浸して保存したものです。 幼かった頃、その餅を取り出すのに、肘まで 水につかって、服の袖口が濡れて、冷たかったものです。...
春深し 土手の薊の 紫深し もう薊の季節かと思いました。 あの紫の葉も花も、あのとげも好きです。 今では、あまり見ることもなくなりましたが、田舎の土手に群生しているのに 感動しました。 そのままを写真にすればよかったのに、摘み取ったあとでは、 迫力がありません。...
野 萱 草 野 生 を 隠 す こ と な ら ず... のかんぞう やせいをかくす ことならず カンゾウの花。 ユリ科の多年草。 中国から渡って来たと聞きます。 山野や土手などに野生化しており、百合に似たオレンジ色のきれいな、少し尖った雰囲気の花を堂々と咲かせます。 八重咲きも一重もあるそうです。 見るからに百合の仲間なのですが、カサブランカの華やかさ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です