死 刑 あ り 宇 美 刑 務 所 の 金 木 犀

しけいあり うみけいむしょの きんもくせい

死刑が出来るということは、刑務所のランクとしては、相当高いということでしょう。
過去には、死刑執行後になって冤罪と言われ、今も騒がれている事件もあるようです。
化学の進歩で、当時のDNA鑑定が当てにならないものだったと、今になってあきらかにされたという恐ろしいものです。
もしそれが本当なら、神さまや仏さまは何をなさっていたのか。
本人の心情など、震えて、想像することもできません。
飯塚で起きた、小学生二児殺人事件です。
人は、例えば仏壇に手を合わせ、祖先の霊を尊び悼み、守ってくれるよう祈願したりもするものです。
もし、それを怠ったとして、自分のだいじな子や孫やそのまた先の子孫が、そんな厳しい状況にあるのに、何もしないでいられるものでしょうか。
あの世に行ったことがないので、わかりませんが。
だとしたら、仏壇など、場所を取るだけ。
位牌も何もゴミに出せばいいと思うのです。
刑務所の裏口に、金木犀の大樹があります。
秋には花をつけ、なんとも言えないいい香りが漂います。

この句も読まれています。

あ の 人 に あ あ こ の 人 に こ う言 い 鰯 雲 (いわしぐも)... いわし雲 / Keiichirou Shikano いろんな人が聞いてくる。なんで 辞めるのか。なんで他所の部署に 行くのか。どうでもいいでしょう が。興味が尽きないらしい。ほん とのことなど誰が言うもんか。日 替わり定食。今日はこのワケ、明 日はこんな理由。もうまわりは、 あたしが去った後のこと...
「 累犯障害者 」 ( 5 ) ... 「重度障害者重視」の弊害 福祉施設は、触法障害者との関わりを敬遠する。 行政が定めた基準からすれば、食事介助や入浴介助の必要な人ほど、多くの予算が割り当てられる。 日常的に問題行動を起こしても、それで給付金が加算されることはない。 実際は、寝たきりに近い重度の障害者より、刃物やライターを持ったりする...
子どもらが 蔦(つた)の家と 呼ぶそうな... 小さな小さな家のまわりのブロック塀に、蔦を這わせている。新緑と秋の紅葉が美しく、いろいろ手間はかかるけど、(隣の家に侵入しないよう気をつけるとか、放っとくと地面まで這い出すとか、落ち葉が多いとか)今のところ、そのまま。聞くところ、近所の子どもらが、蔦の家の前を集合場所にしているという。べつになんとい...
片蔭に信号待ちなら ありがたし 暑い盛り、日陰に入ると、ほっとします。 長い信号待ちなら、なおさらです。