死 刑 あ り 宇 美 刑 務 所 の 金 木 犀

しけいあり うみけいむしょの きんもくせい

死刑が出来るということは、刑務所のランクとしては、相当高いということでしょう。
過去には、死刑執行後になって冤罪と言われ、今も騒がれている事件もあるようです。
化学の進歩で、当時のDNA鑑定が当てにならないものだったと、今になってあきらかにされたという恐ろしいものです。
もしそれが本当なら、神さまや仏さまは何をなさっていたのか。
本人の心情など、震えて、想像することもできません。
飯塚で起きた、小学生二児殺人事件です。
人は、例えば仏壇に手を合わせ、祖先の霊を尊び悼み、守ってくれるよう祈願したりもするものです。
もし、それを怠ったとして、自分のだいじな子や孫やそのまた先の子孫が、そんな厳しい状況にあるのに、何もしないでいられるものでしょうか。
あの世に行ったことがないので、わかりませんが。
だとしたら、仏壇など、場所を取るだけ。
位牌も何もゴミに出せばいいと思うのです。
刑務所の裏口に、金木犀の大樹があります。
秋には花をつけ、なんとも言えないいい香りが漂います。

この句も読まれています。

木の葉髪 つむじを隠す 術ばかり 髪が減った。髪さえ多ければ、きっと眠れる森の美女、 シンデレラ姫くらいにはなってたかもしれないのに、 つむじが気になって、色気が出ないでいる。 ふさふさとロールした美しい髪であるなら、おそらく 人生は変わっていただろう。 でも諦めてはいない。 今日美容室のお姉さんに尋ねた。わたしに似合う髪型。 わた...
思い出す ことの多かり いわし雲 sすっかり秋になった。空は高くなり、夕暮れに一面のいわし雲。あんまり楽しいことは思い出さない。ああ、あのときのあの人の態度は、もう嫌気がさしていた証だったんだとか。なんであのとき気がつかなかったんだろうとか。人の心の一瞬って、時間がたってから、ふっと気がつくことが多いような気がする。...
柿の実の 色づくごとに 息白く いまこの秋をかみしめないと、もったいない。 秋はすすんでいく、その一歩一歩が素敵です。
諍 ひ も ひ と 夜 に 忘 る 牛 膝 いさかいも ひとよにわする いのこずち むかしは、むかついたら何時までも忘れず、怒りを持続させたものです。 最近は、一晩寝たら、なんで喧嘩になったか、ちょっと考えないと思い出せないことがあります。 別に人間ができたわけじゃないのです。 記憶力が落ちただけのことです。 情けないことです。...