死 刑 あ り 宇 美 刑 務 所 の 金 木 犀

しけいあり うみけいむしょの きんもくせい

死刑が出来るということは、刑務所のランクとしては、相当高いということでしょう。
過去には、死刑執行後になって冤罪と言われ、今も騒がれている事件もあるようです。
化学の進歩で、当時のDNA鑑定が当てにならないものだったと、今になってあきらかにされたという恐ろしいものです。
もしそれが本当なら、神さまや仏さまは何をなさっていたのか。
本人の心情など、震えて、想像することもできません。
飯塚で起きた、小学生二児殺人事件です。
人は、例えば仏壇に手を合わせ、祖先の霊を尊び悼み、守ってくれるよう祈願したりもするものです。
もし、それを怠ったとして、自分のだいじな子や孫やそのまた先の子孫が、そんな厳しい状況にあるのに、何もしないでいられるものでしょうか。
あの世に行ったことがないので、わかりませんが。
だとしたら、仏壇など、場所を取るだけ。
位牌も何もゴミに出せばいいと思うのです。
刑務所の裏口に、金木犀の大樹があります。
秋には花をつけ、なんとも言えないいい香りが漂います。

この句も読まれています。

焦 が る れ ば 秋 霖 を 行 く 火 を 抱 へ... こがるれば しゅうりんをゆく ひをかかえ 人を恋うということは、まことにやっかいなモノを心に持ちまわるということで、さんざんな思いをしてひどく疲れるのは本人だけ。 ましてや人目にそれとわかるのではないかとかまで心配しだすとキリがない。 火の玉を持つというかタイプのちがう憂うつを抱え込んだ感じで...
きのう掃き 今日また集う 落ち葉かな... 道一本隔てたところに、団地があり、ぐるっと並木がある。 落葉樹。 小さな玄関の前は、落ち葉の吹き溜まり。 ごみ袋いっぱいに集めても、翌日はまたおんなじ。 風の吹き方かもしれない。 だってうちの前だけ。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
梅 雨 冷 え に 忘 れ た き こ と の み 巡 る... 毎年、この季節になると、むかしの夢を見る。 あんまり、いいことは出てこない。 寂しい思いをしたことや、信じた人にウソをつかれたこととか。 湿度のせいかもしれない。...
蕗の薹(ふきのとう) 山の目覚めの 確かなる... 山は今、冬の眠りから覚めようとしている。 ふきのとうがその証拠。大地にへばりつく ようなその姿を見ることは喜びで、これは 滅多にないこと。宝探しのようなもの。な んかいいことあるかもしれない。...