死 刑 あ り 宇 美 刑 務 所 の 金 木 犀

しけいあり うみけいむしょの きんもくせい

死刑が出来るということは、刑務所のランクとしては、相当高いということでしょう。
過去には、死刑執行後になって冤罪と言われ、今も騒がれている事件もあるようです。
化学の進歩で、当時のDNA鑑定が当てにならないものだったと、今になってあきらかにされたという恐ろしいものです。
もしそれが本当なら、神さまや仏さまは何をなさっていたのか。
本人の心情など、震えて、想像することもできません。
飯塚で起きた、小学生二児殺人事件です。
人は、例えば仏壇に手を合わせ、祖先の霊を尊び悼み、守ってくれるよう祈願したりもするものです。
もし、それを怠ったとして、自分のだいじな子や孫やそのまた先の子孫が、そんな厳しい状況にあるのに、何もしないでいられるものでしょうか。
あの世に行ったことがないので、わかりませんが。
だとしたら、仏壇など、場所を取るだけ。
位牌も何もゴミに出せばいいと思うのです。
刑務所の裏口に、金木犀の大樹があります。
秋には花をつけ、なんとも言えないいい香りが漂います。

この句も読まれています。

置 き 屋 な る 色 気 纏 ひ て (まといて ) 京 紅 葉... Kamishichiken Maiko / Japanexperterna.se 芸者さんを派遣するところを置き屋というらしい。美しい、珠玉の芸妓が溢れるほど出入りするらしい。若い日の若尾文子みたいな人がいるのだろうか。そうでもないのか。映画の世界では、置き屋のお母さんは杉村春子だったり、新珠三千代...
青 か ら ん う る め の う ろ こ 眼 ま で な お... あおからん うるめのうろこ めまでなお うるめイワシ。 体つきは丸く、身体は青みが強い。 「うるめ」と名前にあるのは、脂瞼(しけん)という、透明な膜で、眼が覆われているため、うるんでいるように見えるからだと聞きます。 透明なうろこを通して、青い体が透けて見え、とてもきれいです。 冬の終わりの季語に...
ふ ら こ こ の 鉄 の 鎖 の 錆 匂 ひ ふらここの てつのくさりの さびにおい ふらここは、ブランコのことです。 俳句を習うようになって知りました。 むかしのブランコは、座る処は木で出来ていて、鎖は鉄製。 握れば褐色のサビが手に付き、サビの匂いまで移ったものです。 高く漕ぎすぎると、鎖がたわみ、それが怖くて、思いっきり漕げませんでした...