歳 時 記 に 去 年 の 栞 や 散 紅 葉

さいじきに こぞのしおりや ちりもみじ

一年を通した季節感や、行事、しきたり、季語などをわかりやすく編集したものが、歳時記です。
24節気や、月の呼び名など、知らないことが多いので、重宝しています。
秋のページに紅葉の押し花。
去年、拾ったものを、挟んで忘れていたものと思われます。

この句も読まれています。

落 ち 葉 踏 む 孤 愁 の 街 の 石 畳 おちばふむ こしゅうのまちの いしだたみ 佐世保。 旧日本海軍の街。 そして米軍の軍艦の寄港地でもあり、立派な道路が走り、軍港をぐるっと巡る道路もさすがに立派です。 そして近年は、ハウステンボスなる、広くてただ疲れるだけの観光地も出来、観光客を集めています。 人びとの暮らしも、昔から変わらずそこに...
筑 後 川 挟 み て 御 霊 ( みたま ) へ 大 花 火... わたしが思うに、大昔からあったと言われる大花火・花火大会は、亡くなった人びとが、安らかに極楽浄土に行けるようにとの思いから始まったのではなかろうか。 この世になんの想いも残すことなく亡くなる人は少なかろう。 片付かない心配事を、山のように抱えて、あの世に行くしかなかった大勢の人が、この世の辛いことか...
木 守 柿 雲 の 流 る る う ち に 熟 れ... 来年もまたたくさん柿がなりますようにとの願いを込めて、柿は全部は収穫せず、一番高いところの二つ三つを残す。 秋の高い空、流れる雲、そして時雨。 そうこうしているうちに、いつの間にか忘れてしまい、いつの間にか消えてしまう。鳥がつついたのかもしれない。...
明 け て 鳴 く ち ち ろ そ れ ほ ど 寂 し い か... あけてなく ちちろそれほど さみしいか ちちろとはコオロギのことです。 秋の虫は夕方から夜にかけて、うるさいほど鳴き続けます。 それも夜が明けてくれば、次第におさまるものです。 今朝はもう6時をとっくに過ぎたというのに、一匹だけいつまでも泣き止まないコオロギがいるようです。 人の世もさまざまです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください