歳 時 記 に 去 年 の 栞 や 散 紅 葉

さいじきに こぞのしおりや ちりもみじ

一年を通した季節感や、行事、しきたり、季語などをわかりやすく編集したものが、歳時記です。
24節気や、月の呼び名など、知らないことが多いので、重宝しています。
秋のページに紅葉の押し花。
去年、拾ったものを、挟んで忘れていたものと思われます。

この句も読まれています。

落ち葉掃き 万色の蔦(つた) 散り敷いて... 色とりどりの刺繍のように色づいて、 掃くはしはら、もう散っている。 道に散るもよし、水に落ちるものよし。...
田中慎弥の掌劇場 「書いている、読んでいる」毎日新聞8月9日 (日) 12面掲載... わたしは何故か、このひねくれた作家の、ひねくれた心根で書かれた、ひねくれた文体による、ひねくれた文章に惹かれる。 好きで堪らない。 この人、何とは無しに書いているようで、結局苦労づくめの人生だと、わたしは思っている。 何冊か、他人事のように書かれた著書は、おそらく本人の自伝であろうし、今回の自殺に関...
新緑を 眺めおんなじ 話聞く いつもいつもおんなじ話。 「その話は聞いた」とも言えず、窓の外に溢れる緑を眺めている。 よかったらクリックください。励みになります。...
埋 み 火 を 興 す 振 り し て 物 想 ひ... うずみびを おこすふりして ものおもい 炭をながもちさせるために、むかしから火鉢の灰の中に埋めたものです。 灰の中の炭は、火力は弱まりますが、いつまでも燃え続けます。 手をかざせば、ほのかな温もりが感じられたものです。 火ばしで掻き出せば、またあかあかとおこります。 火ばしで、灰や炭を掻き回しなが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください