橙 々 の 餅 の 上 な る 危 う さ や

だいだいの もちのうえなる あやうさや

立派なのは、だいだいだけです。
大したお鏡餅ではなく、でこぼこで小さいし、重ねるのもたいへん。
かくしてほとんど二頭身のお鏡の出来上がり。
だいだいは中国から渡来したとされ、珍しいことに、木になった実は、人が採らない限り、2年から3年も木になりっぱなしという。
しかも一度ダイダイ色に色づいたものが、放っておけばまた緑色にもどるというのです。
それが、起死回生の縁起物として、正月に飾られるようになった起因だそうです。

この句も読まれています。

走 り 梅 雨 遥 か に け ぶ り 昇 開 橋... Chikugo River Lift bridge / kisocci エツ漁が最盛期だろう。 そのむかし弘法大師が、親切にしてくれた村人に、ヨシの葉を、銀色に輝くエツに変えてやったとの言い伝え。 筑後川にしか生息しないという。 あっさりとした、淡白な味ながら歯ごたえのある独特の魚で、板前さんの包...
万 緑 の 力 瘤(ちからこぶ) な り 滝 落 つ る... 緑の樹々の中、空気が違うのがわかる。 水は盛り盛りと湧いてきて、そして一気に滝となる。 しぶきは八方に満ち、みんなに力を分け与えるかのよう。 まだ発表はないけれど、あの高い青空は、確かに梅雨が明けたことを知らしめている。 今年の夏も、もうひと頑張り。 蝉の声が、ツクツクボウシに代わるのを待っている。...
「 累 犯 障 害 者 」 ( 1 ) ... 2006年1月7日未明、JR下関駅が炎に包まれた。 木造二階建ての駅舎は20メートルにも及ぶ火柱が立ち、消防車24台の懸命の消火活動もむなしく完全に燃え落ちた。 幸いなことに未明の火事のため死傷者は出なかった。 本州と九州を結ぶターミナル駅の焼失は、交通機関をまひさせた。 新聞各紙はこぞって、ひと...
秋 曇 り 露 草 一 日 色 を 成 し あきぐもり つゆくさいちにち いろをなし 明日は台風が来るという日。 朝から涼しく、雲は低く垂れ込めて不穏という感じです。 天気が良く暑い日ならば、朝のツユクサは温度の上がる昼前には花をたたむのですが、きょうは活き活きと一日中瑞々しさに溢れています。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください