橙 々 の 餅 の 上 な る 危 う さ や

だいだいの もちのうえなる あやうさや

立派なのは、だいだいだけです。
大したお鏡餅ではなく、でこぼこで小さいし、重ねるのもたいへん。
かくしてほとんど二頭身のお鏡の出来上がり。
だいだいは中国から渡来したとされ、珍しいことに、木になった実は、人が採らない限り、2年から3年も木になりっぱなしという。
しかも一度ダイダイ色に色づいたものが、放っておけばまた緑色にもどるというのです。
それが、起死回生の縁起物として、正月に飾られるようになった起因だそうです。

この句も読まれています。

いわし雲 まだだいじょぶか 我に問う... 仕事が見つからないから、頑張ってないと凹みそうになる。へこんだら、仕事も探せなくなりそうで、いつも元気でいないといけないようで、変な疲れ方をする。「まだ大丈夫か。今日はくじけてないか。今度のところがダメでも、落ち込まないでいられるか」ときどき確認している。...
六 月の 植 田 を 走 る 堰 の 水 田を植えるまえの、水を張った田圃は静かな緊張をたたえ、うつくしい。 細い用水路が走っていて、そこに小さな堰があり、水を調整できるようになっている。さあ、いま全開。 明日はいよいよ田植えが始まるのだろう。...
荒 梅 雨 の 過 ぎ て 素 知 ら ぬ 振 り の 空... あらづゆの すぎてそしらぬ ふりのそら 昨日までの激しい雨、カミナリ、ところによってはタツマキも。 今朝は、もう済んだことといった風情の空模様です。 梅雨明けはそろそろなのでしょうか。...
冬 ざ れ て 放 り 出 さ れ て 庭 の 下 駄... ふゆざれて ほうりだされて にわのげた たいていの豪邸には、座敷に上がる縁先に、ちょっと座れるくらいの大きな庭石が据えてあります。 そして日田杉で作ったような立派な庭下駄が備えてあります。 苔の上に楓の落ち葉が散るころまでは、とても絵になる風景ですが、このところの寒さでは、庭に出ることも厭われて、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください