極限に 一日を疲れ 梅雨最中

毎日必死に生きているつもりでも、なかなか平穏には終わらない。
タイプの違う事件が、決まって起こる。
仕事を変わって、四カ月。
職場が変われば、鍵の開け方、ゴミの出し方まで、いっさいが変わる。
人の顔も何十人と覚えないといけない。
そのうえに、自分の落ち度とは思えないところで、攻撃を受ける。
納得できないけど、謝るしかない。
気分転換がヘタなわたしは、落ち込みが顔や声に出ると言われて、
また怒られる。

この句も読まれています。

闇 夜 な れ 爪 は 夜 切 る 夜 濯 す やみよなれ つめはよるきる よすすぎす 夜爪を切ったら、親の死に目に会えない。 洗濯物は夜干してはいけない。とくに子どものものは。 時代は変わり、生活は変わり、オール電化住宅は夜間電気料が安い。 共働きがふつう。 だいたいそもそも、親の死に目に会えないからってそれがどうした。 爪はお風呂...
日記書く 底冷えのする 冬の夜は わたしは毎日ではないのですが、日記を書きます。 三年日記です。とてもうれしいことがあった日や(一年に一遍もないけど) 苦しい日には書けませんが、何日かたって少し元気になったかなという日には 書くようにしています。 人間って不思議なもので、三年前のことなんて、すべてと言っていいくらい きれいに忘れてい...
春 財 布 牛 の 躰 の ど の 辺 り はるさいふ うしのからだの どのあたり きれいになめして、華やかな彩りのサイフ。 新春に買うと縁起がいいとか。 わたしは細々した、コインケースや印鑑ケース、ポーチなどを作って、ひそやかに販売しており、手芸店で端切れとして売られている革をときどき購入します。 器具で引っ掛けた跡や、チョークで線...
橋脚に 凭れて(もたれて)土筆(つくし)の 袴(はかま)取り... 那珂川の堤防の端にすわって、春の 空気を吸ってみる。足下の土筆を手 すさびに取って、はかまを取ったり なずなの葉を少しずつ下にずらして 鈴のように振ったりした。逃げも隠 れもしない春が来た。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください