極限に 一日を疲れ 梅雨最中

毎日必死に生きているつもりでも、なかなか平穏には終わらない。
タイプの違う事件が、決まって起こる。
仕事を変わって、四カ月。
職場が変われば、鍵の開け方、ゴミの出し方まで、いっさいが変わる。
人の顔も何十人と覚えないといけない。
そのうえに、自分の落ち度とは思えないところで、攻撃を受ける。
納得できないけど、謝るしかない。
気分転換がヘタなわたしは、落ち込みが顔や声に出ると言われて、
また怒られる。

この句も読まれています。

箱で買い ひっくり返して 冬蜜柑(ふゆみかん)... 蜜柑は箱買いする。 高いけど、ちまちま買うよりいいかな。 下のほうが痛みやすいので、どてっと箱ごとひっくり返して 後ろから開ける。 もう炬燵(こたつ)はないけど、ホットカーペットに寝転んで テレビ見ながら、蜜柑。幸せというのかもしれないって言うより これをしあわせと思わなければ、あたしにしあわせはな...
弁 当 を 運 ぶ 自 転 車 青 田 風 田植えの田圃に弁当を運ぶのだろうか。弁当らしい包みをしっかとロープで括り付け、青田の風の吹き渡る中、自転車が行く。...
牛膝(いのこずち) 付かねば通さぬ 神社裏... この細い道、昔からあった。 狭くて、牛膝の洗礼を受けなければ通れない。遠いむかしの子どもの城。 今は、とんと使われることはない。...
枯れ蔦に 赤い芽の付き 春隣り しっかりとコンクリートの壁にへばりついている、 枯れ蔦のそこかしこに、赤い芽が出ているのを、 今日気がつきました。 雪の舞う、この冬一番の寒気の朝に。 春がとなりに来ているのかもしれない。 いつから春で、どこから冬がはじまるか、 人生では、もっとわかりにくいと思います。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください