極限に 一日を疲れ 梅雨最中

毎日必死に生きているつもりでも、なかなか平穏には終わらない。
タイプの違う事件が、決まって起こる。
仕事を変わって、四カ月。
職場が変われば、鍵の開け方、ゴミの出し方まで、いっさいが変わる。
人の顔も何十人と覚えないといけない。
そのうえに、自分の落ち度とは思えないところで、攻撃を受ける。
納得できないけど、謝るしかない。
気分転換がヘタなわたしは、落ち込みが顔や声に出ると言われて、
また怒られる。

この句も読まれています。

練 習 の カ ヌ ー 尻 目 の 船 頭 唄 熟練の船頭さんの竿さばき。 流れのゆるいところでは、初心者のカヌーの練習。 服装はいっぱし。 淵に沿って、恐る恐るの気持ちが、その動きに出ている。 若い頃から、荒い仕込みで見よう見まねで技術を身につけた、老練の船頭には、ちゃんちゃらおかしい様子。 何にも言わない、ただ地元の民謡など聞かせるだけだけど...
花 過 ぎ て ざ ん ざ の 雨 の 潔 し ( いさぎよし )... 花が終わりました。 桜自身も、花見客も、場所取りの人も、出店もみんな、ひと仕事終わった感じです。 もうこの樹は桜かくすの樹かわからないし、どうでもいい。 激しく降る雨が、地面に散った花びらまできれいに洗い流しました。 ここらで不足がちだった水分をしっかり補給して、枝を伸ばし若葉を育てるでしょう。 夏...
故 郷 に あ ら ね ど 潮 来 梅 雨 も よ ひ... ふるさとに あらねどいたこ つゆもよい 潮来は、茨城県の南東部にある、市です。 水郷潮来。 霞ヶ浦、利根川ほかにも水辺に囲まれ、市の中心部にも川が流れます。 田園地帯が広がり米作がさかんです。 古くから水運が交通手段だった潮来では、人が往き来するために通る小さな橋が数多く架けられていたそう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.