極限に 一日を疲れ 梅雨最中

毎日必死に生きているつもりでも、なかなか平穏には終わらない。
タイプの違う事件が、決まって起こる。
仕事を変わって、四カ月。
職場が変われば、鍵の開け方、ゴミの出し方まで、いっさいが変わる。
人の顔も何十人と覚えないといけない。
そのうえに、自分の落ち度とは思えないところで、攻撃を受ける。
納得できないけど、謝るしかない。
気分転換がヘタなわたしは、落ち込みが顔や声に出ると言われて、
また怒られる。

この句も読まれています。

五 右 衛 門 の 釜 茹 で の ご とト マ ト 剥 く... ごえもんの かまゆでのごと とまとむく トマトの湯むき。 沸騰したお湯にトマトを入れ、数秒後に冷水に取ると、皮がつるりとむけます。 そうまでして、トマトの皮が気にいらないなら、食べなきゃいいのに。 ビタミンもなにもあったものではありません。 パスタなどに使ったとき、皮だけが口に残るのを嫌が...
秋の蚊の 死にはぐれたと 声のする... もう九月も半ばなのに、まだ蚊がいるのです。 じーと動かずに立っていると、4,5匹音をたてて寄ってきます 季節はずれと思うから、よけい腹が立つのです。...
新酒(しんざけ)の 表面張力 春隣... 新酒の季節。 利き酒用の、ぐい呑みに、ぎりぎり一杯ついでもらう。 つぐ方も上手なら、一滴も溢さず、飲むわたしも上手。 春は隣。 行きは寒々、帰りはうらら。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
二十世紀 鳥取の秋の 香りして 鳥取のJAが出荷した二十世紀梨を買った。九州の梨は、大きくて、褐色で、それはそれで美味しいんだけど、私は、二十世紀のあの小ぶりで、締まった味が好き。薄緑色に秋が詰まっているように感じる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください