森 繁 久 彌 ト ー ク シ ョ ー 〈 お 客 様 : 杉 村 春 子 〉

ケーブルで、森繁久彌トークショーのシリーズを見つけた。
各界の著名人を招いて、一回30分の、つまり「徹子の部屋」の森繁版といった趣きである。

まずは、ゲスト杉村春子。
大好きな役者で、今まで白黒の映画やドラマをいっぱい観てきた。
「女の一生」など、代表作といわれる作品は多いけれど、わたしの中のピカイチは、「ふるあめりかに袖はぬらさじ」
杉村春子、名作中の名作だと思っている。

ホスト森繁
台詞を台詞とせず、完全に自分のものとし、さらにその人柄の良さと才能を感じる。
芝居もさることながら、「知床旅情」
あれは加藤登紀子の唄ではない。
森繁の唄でなければならない。
長くラジオで、昔の童話を朗読していた時期があり、毎週日曜日楽しみにしていた。
10年くらいまえのことだったと思う。
このふたりの会談、ウィットに富んだ、いい間のある会話で、とても味があって面白かった。
話も、古いと言われればそうなのだろうけれど、いいことを聞いたと思っている。
お正月から得した気分。
永久保存版。

人生はピンとキリだけ知ればいい―わが父、森繁久彌
森繁 建 和久 昭子
新潮社
売り上げランキング: 222,438

この句も読まれています。

誰彼も 忙しくして 梅雨に入る 今日から梅雨らしい。 雨は一滴も降らないけど、そういわれればなんとなく梅雨の空か。 皆さんお忙しいのか、おかげさまで私にはみっちり時間がある。 誰もあたしを誘わないから、こんなときこそ洋裁の宿題をしたり、本を読んだりしよう…と思う。 が、それにしてもわたしは忘れられてしまったのか。 なんなんだ。...
今更に 暦求めて 小正月 年の暮れにカレンダーを頂いた。 植木屋さんや、保険屋さんや、美容室…。 ダサいダサいって、ポイポイ捨てた。結果、ウチにはカレンダーが無い。 百円ショップにも、無印にも、もう置いてない。 反省している。 よかったらクリックください。励みになります。...
山 眠 る 今 年 鬼 籍 の 人 も 容 れ 20091207 Kiyosato 1 (yatsugatake) / BONGURI 長く紅葉にあふれていた山も、もうすっかり葉を落とし、常緑樹さえも微妙に色を変え、冬の態勢に入った感である。 見るからに静かにそして大きくなった山は、眠りについた。 今年亡くなったあまたの人びとの想いを包み込み、...
夏 の 果 て 海 の 家 果 て 海 群 青 なつのはて うみのいえはて うみぐんじょう 暑い夏もどうやらかたがつき、泳ぐ人もいなくなった浜。 エメラルドとはお世辞にも言えないけれど、明るい色は去り、本来の深い青と緑っぽい色を取り戻し、寄せては返す波音も心なしか静かです。 桟橋から覗き込めば、クラゲの天下。...