森 繁 久 彌 ト ー ク シ ョ ー 〈 お 客 様 : 杉 村 春 子 〉

ケーブルで、森繁久彌トークショーのシリーズを見つけた。
各界の著名人を招いて、一回30分の、つまり「徹子の部屋」の森繁版といった趣きである。

まずは、ゲスト杉村春子。
大好きな役者で、今まで白黒の映画やドラマをいっぱい観てきた。
「女の一生」など、代表作といわれる作品は多いけれど、わたしの中のピカイチは、「ふるあめりかに袖はぬらさじ」
杉村春子、名作中の名作だと思っている。

ホスト森繁
台詞を台詞とせず、完全に自分のものとし、さらにその人柄の良さと才能を感じる。
芝居もさることながら、「知床旅情」
あれは加藤登紀子の唄ではない。
森繁の唄でなければならない。
長くラジオで、昔の童話を朗読していた時期があり、毎週日曜日楽しみにしていた。
10年くらいまえのことだったと思う。
このふたりの会談、ウィットに富んだ、いい間のある会話で、とても味があって面白かった。
話も、古いと言われればそうなのだろうけれど、いいことを聞いたと思っている。
お正月から得した気分。
永久保存版。

人生はピンとキリだけ知ればいい―わが父、森繁久彌
森繁 建 和久 昭子
新潮社
売り上げランキング: 222,438

この句も読まれています。

思うより 丈の短し 菖蒲かな 梅雨入り。菖蒲の花が見ごろ。まるで薄い布地を真ん中で集めて絞ったようなみごとな美しさ。花が大きいから、なんかバランスが悪いと思うのはわたしだけか。これがアヤメかカキツバタならいいのです。花があんなに大柄じゃないから。見れば見るほど頭でっかくて、そう思うとそればっか気になって。我ながら美意識がない。...
風鈴の けたたましくて 隠居する 二階から下にすだれを下げた。その一番したの紐に、風鈴を結んだ。なんて風流なんだろう。梅雨の終わりの突風が容赦なく吹き付けて、沖縄生まれの吹きガラスの、深い海の色の、空気の玉が混ざったような美しい風鈴が、割れんばかりに、激しいメトロノーム振れまくりみたいに暴れて、近所迷惑だから、いちおう引き上げた。諦...
大鍋の 筍売りや 春さなか 田舎の農家の庭先で、筍をゆでている。 アルミのたらいのような大鍋で、椅子にすわって、一日仕事。 結構いい商売になるようで、ついつい引き寄せられる。 今日は、たけのこ御飯にしよう。 日差しがまぶしい。...
つ る 薔 薇 の 盛 り て 鉄 柵 もう 見 へ ず... Rose, Angela, バラ, アンジェラ, / T.Kiya 目隠しに鉄柵を造り、白いつる薔薇を植えた。 冬の間はすっからかんに見えてしまうが、この季節風薫る五月を迎え、葉は生い繁り、隙間もない。 調子に乗って、四季咲きのクレマチスも足した。 白と紫。...