森 繁 久 彌 ト ー ク シ ョ ー 〈 お 客 様 : 杉 村 春 子 〉

ケーブルで、森繁久彌トークショーのシリーズを見つけた。
各界の著名人を招いて、一回30分の、つまり「徹子の部屋」の森繁版といった趣きである。

まずは、ゲスト杉村春子。
大好きな役者で、今まで白黒の映画やドラマをいっぱい観てきた。
「女の一生」など、代表作といわれる作品は多いけれど、わたしの中のピカイチは、「ふるあめりかに袖はぬらさじ」
杉村春子、名作中の名作だと思っている。

ホスト森繁
台詞を台詞とせず、完全に自分のものとし、さらにその人柄の良さと才能を感じる。
芝居もさることながら、「知床旅情」
あれは加藤登紀子の唄ではない。
森繁の唄でなければならない。
長くラジオで、昔の童話を朗読していた時期があり、毎週日曜日楽しみにしていた。
10年くらいまえのことだったと思う。
このふたりの会談、ウィットに富んだ、いい間のある会話で、とても味があって面白かった。
話も、古いと言われればそうなのだろうけれど、いいことを聞いたと思っている。
お正月から得した気分。
永久保存版。

人生はピンとキリだけ知ればいい―わが父、森繁久彌
森繁 建 和久 昭子
新潮社
売り上げランキング: 222,438

この句も読まれています。

咲きがらを 摘み摘み仰ぐ 梅雨の空... つつじは派手な花を咲かせますが、咲いた花は木に張り付いたままです。 それは見ていてもきたなくて、花にもよくないらしい。 手がべたべたするのがいやだけど、はながらを摘みながら空模様が気になる。 ぽつぽつと今にも降り出しそうな低い雲。 しばらく続くでしょう。 よかった。...
タ オ ル 干 す 音 聞 き 爆 ぜ し 鳳 仙 花... たおるほす おとしてはぜし ほうせんか 鳳仙花はタネを散らすために、くるりとはぜます。 でもタオルをパタパタと勢いよく振って干すと、その音につられてか、振動を受けてか、ぱちんとはぜるような気がしました。 気のせいでしょう。...
炬 燵 舟 船 頭 唄 ふ お 立 ち 酒 こたつぶね せんどううたう おたちざけ 柳川の掘割をゆく川下りの舟に、コタツが入ったそうです。 コタツ舟と言います。 船頭さんは、年配で、ベテラン、当地の歴史にも強く民謡も上手です。 「お立ち酒」 宮城県民謡。 嫁に出す娘を思う親の心情を唄ったものです。 「 お前、お立ちか。身を大切に...
春さなか おさまらぬもの 腹に持ち モグラ / rankun76 せっかくの春の一日。またあいつのせいで台無しになりかけている。ボスはわたしをモグラ叩きのモグラと思っている。人を人とも思っていない。それも相手によるようだ。相手によって、対応を変える人間をわたしは力いっぱい軽蔑する。なんとかならないものか。このまま泣き寝入りか。悔しくて...