森 繁 久 彌 ト ー ク シ ョ ー 〈 お 客 様 : 杉 村 春 子 〉

ケーブルで、森繁久彌トークショーのシリーズを見つけた。
各界の著名人を招いて、一回30分の、つまり「徹子の部屋」の森繁版といった趣きである。

まずは、ゲスト杉村春子。
大好きな役者で、今まで白黒の映画やドラマをいっぱい観てきた。
「女の一生」など、代表作といわれる作品は多いけれど、わたしの中のピカイチは、「ふるあめりかに袖はぬらさじ」
杉村春子、名作中の名作だと思っている。

ホスト森繁
台詞を台詞とせず、完全に自分のものとし、さらにその人柄の良さと才能を感じる。
芝居もさることながら、「知床旅情」
あれは加藤登紀子の唄ではない。
森繁の唄でなければならない。
長くラジオで、昔の童話を朗読していた時期があり、毎週日曜日楽しみにしていた。
10年くらいまえのことだったと思う。
このふたりの会談、ウィットに富んだ、いい間のある会話で、とても味があって面白かった。
話も、古いと言われればそうなのだろうけれど、いいことを聞いたと思っている。
お正月から得した気分。
永久保存版。

人生はピンとキリだけ知ればいい―わが父、森繁久彌
森繁 建 和久 昭子
新潮社
売り上げランキング: 222,438

この句も読まれています。

かたつむり 高上がりして 明日は雨... かたつむりが木に登ると、雨が降るらしい。 元気のいいのは、上に上に行くそうな。 明日は雨だな。
トクサ植うる 白き陶器の 鉢見つけ... トクサを見つけた。百円。流行らない、道ばたの八百屋兼植木屋。昔はどこにでもあった。節のある、ただまっすぐな茎。こんなものが懐かしいと思うほど、世の中は変わったのか。当たり前のはずのものも、こころして大事にしないと消えてしまう。白い陶器の植木鉢に、ケイトウといっしょに植えた。...
山 笑 ふ ク レ ー ム つ か ず 特 養 の 床 屋... あれはなに、オバQカット? こちらは刈り上げ金正恩スタイル? 老人ホームの出張理髪店。 誰も文句を言わない。こんなに可笑しいのに。 ぜんぜん似合ってないのに。...
誑 か す 暇 つ ぶ し な り 雪 女 郎 たぶらかす ひまつぶしなり ゆきじょろう 雪の深い地域ではなくとも、雪女はいると思います。 もうりょうと呼ばれる、人間に悪さをする類いの生霊です。 妖怪です。 つまり人間ではないのです。 抜けるように色白の美人です。 虜になる、憐れなオトコが、きっとこの冬の間にも何人もいるのでしょう。...