梵 鐘 も 汽 笛 も 澄 み て 冬 の 朝

ぼんしょうに きてきもこごえ ふゆのあさ

遠い寺から、朝まだ明けぬうちにゆったりとした鐘の音が聞こえてきます。
これは一年を通じて同じなのだけれど、季節によって、夜明けの早いおそいによって、また天候によって、聞こえ方はちがいます。
電車の汽笛も同じです。
秋の深まりかけた頃は、なんとも味わいのある豊かな音に聞こえたものが、この寒い日には、縮こまって、気の毒に感じてしまうものです。
なんせ自分はまだ布団のなか。

この句も読まれています。

秋 さ ぶ し 包 丁 研 ぎ は 軒 先 に あきさぶし ほうちょうとぎは のきさきに 手芸店の店先に、ワゴン車の後ろの屋根を跳ねあげて、「ハサミ、包丁研ぎます」の看板。 わたしのハサミは、この店で買った物だけど、ステンレス製で、とても重く、素材のせいで、研ぐこともできなくて、後悔しています。 店員さんや店長さんは、客に合うものを勧めてい...
登 り 窯 先 は 稜 線 姫 女 苑 のぼりがま さきはりょうせん ひめじょおん 山が迫る場所にある作業場は、すぐ裏が里山になっています。 細い道と山のあいだに、どうにかこうにか設けられた場所です。 ヒメジョオンはもちろん自生です。 誰も気にかけません。 ですから切られる心配もありません。...
汗 か い て ぐ ら り と 返 る 氷 か な... うちでは飲みません。 水割りは。 水割りに氷を入れると、落ち着かないから入れません。 グラスに水滴がつくのも気に入らないし、時間が経って濃度が変わるのはもっとイヤです。 だんだん水っぽくなるからです。 ただ、氷が、あるところまで溶けると、ぐらりと揺らぎ、天と地がひっくりかえるのは面白くもあります。 ...
ツ ユ ク サ の 群 生 の あ り 廃 教 会... ツユクサ / houroumono いつの頃からか、使われなくなった教会。 屋根の十字架はそのままに、庭は秋の草 花の咲き乱れ。片隅にツユクサの群生を 見つけた。これほどの群生は、見たこと がない。今日はいい日だ。ツユクサの、 あの嘘みたいな青い色、服の色ならさぞ うんざりするだろうあの青。朝だけ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください