梵 鐘 も 汽 笛 も 澄 み て 冬 の 朝

ぼんしょうに きてきもこごえ ふゆのあさ

遠い寺から、朝まだ明けぬうちにゆったりとした鐘の音が聞こえてきます。
これは一年を通じて同じなのだけれど、季節によって、夜明けの早いおそいによって、また天候によって、聞こえ方はちがいます。
電車の汽笛も同じです。
秋の深まりかけた頃は、なんとも味わいのある豊かな音に聞こえたものが、この寒い日には、縮こまって、気の毒に感じてしまうものです。
なんせ自分はまだ布団のなか。

この句も読まれています。

四 温 来 し た び 三 寒 を 忘 れ お り... しおんこし たびさんかんを わすれおり 三寒四温、これを繰り返しながら春へと近づいていくと聞いてはいるのですが、毎年体験しているのに、さむいさむいと凍えているものだから、ちょっと寒さが緩むと、ああこれで春になると、寒さがぶり返すことを、寒の戻りがあることを、つい忘れてしまうのです。...
かきつばた ドクダミの中に 凛として... ドクダミの繁殖の力はとても強い。 そん所そこらの雑草よりはるかに強いのです。 かきつばた、たくさんあったはずなのに、今年はひとつしか咲いてないのです。...
独活(うど)の灰汁(あく) 舌に転がし 濁り酒... ウドにも、ツクシにも、アクがある。 ぜんぶ抜かないことが大事だと思う。 どうせたくさんは要らない。 季節を感じて、一献。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
命 に も 引 き 潮 を 見 し 梅 早 し いのちにも ひきしおをみし うめはやし 梅も桜も種類によって、咲く時季が微妙にちがい、この寒空のなかはやばやと開く梅もあります。 同じ木でも、早い遅いは当然あり、顔を出したものの、周りを見回して、しまった早過ぎたとクビをすくめているように見えて、おかしいものです。 命の引き潮は、一方的に突然来...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください