梵 鐘 の 余 韻 何 処 ま で 秋 の 暮

空気が澄んでるように感じるのは、気温と湿度のせいだと思う。
PM2・5だって、変わりなく漂っているようだし。
ただ、つかれた鐘の音が、いつまでも響き渡って、動作を止めて聴き入ってしまう。
この辺りは、小さな氏神様が人知れず幾つもあって、梵鐘を抱えるほどの寺社も幾つか。
歴史はあるが、商売とはあまり縁がないようで、参拝者はそう多くない。
樟の大木が生い茂っていて、幹の大きさから見れば、福岡県一と言われる寺社とそう変わらない歴史があるのではなかろうか。
無形文化財の指定もあるようなところもあるが、イベント大嫌いなわたしはみたことがない。
梵鐘の音その余韻だけでいい。

この句も読まれています。

春浅き 花に雪舞う しだれ梅 このごろの天気の移り変わりの激しさはなんでしょう。 そして二月半ばを待たずして、梅はもう終わりかけています。 またちらちらと雪の舞う日があります。 みぞれのような冷たい雨もあり、 今朝は台風のような、春一番が吹き荒れ、 いまはどしゃぶりの雨、あしたはあがるのでしょうか。...
草 引 い て 犬 の ふ ぐ り は 手 の つ か ず... まだ寒さ厳しい日が続いているけれど、自然は決まったサイクルで、間違いなく針を進めている。 雑草は瞬く間に小さな庭を覆い尽くし、これ以上成長すると、もうやる気をなくすと、一念発起して朝から草取りに精を出す。 クローバーは繁殖が早く、手がつけられなくなるので、容赦なく成敗する。 四つ葉を探すなんて、とん...
冬 木 立 透 け て く る り と 月 の 道... ふゆこだち すけてくるりと つきのみち 二月の月は、痛いほど冷たい色を放ちます。 冷えた空気のせいなのか、天体のことは苦手で、さっぱりなのですが、中秋の名月ごろの暖かさとは、あきらかにちがいます。 葉を落とした大樹の向こうに月があります。 照らされて、樹々は枝の先まで明らかになったように感じます。...
冷やし酒 つまみは要らぬ 相手も要らぬ... つまみでわざわざ酒の味を濁らせることはないのです。 食べながら飲まなきゃ……なんて医者以外のヤツから、言われたくはないものです。 わかっとるわい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください