梵 鐘 の 余 韻 何 処 ま で 秋 の 暮

空気が澄んでるように感じるのは、気温と湿度のせいだと思う。
PM2・5だって、変わりなく漂っているようだし。
ただ、つかれた鐘の音が、いつまでも響き渡って、動作を止めて聴き入ってしまう。
この辺りは、小さな氏神様が人知れず幾つもあって、梵鐘を抱えるほどの寺社も幾つか。
歴史はあるが、商売とはあまり縁がないようで、参拝者はそう多くない。
樟の大木が生い茂っていて、幹の大きさから見れば、福岡県一と言われる寺社とそう変わらない歴史があるのではなかろうか。
無形文化財の指定もあるようなところもあるが、イベント大嫌いなわたしはみたことがない。
梵鐘の音その余韻だけでいい。

この句も読まれています。

梅早し もったいないほど 咲ききって... 外はまだまだ寒いのに、盆栽の梅は、もう満開。 惜しげもなく咲いて、すぐに終わりそうな勢い。 ゆっくり長く咲けばいいのに。...
万 緑 に う ち 降 る 雨 の 音 ば か り... Jewels of rainy day / Takashi(aes256) 山の緑が、日に日に色を深くしている。 春先のもこもこした感じは、もうすでになく、樹々の一本一本が逞しくなり、山も丸ごと大きくなってきた。 ただ雨の音ばかり。 2月に挿し木した紫陽花、つくにはついたけれど、花は咲くだろうか。...
牛膝 (いのこずち) ふ た ば の 子 ら の 制 服 も... blue swimming pool / akaitori ふたば学園中学校、字が出てこない。 憧れの学校。小学校時代の友だちが ふたばに進学した。中1の夏休み、 一緒に県営プールに行こうとお誘いを 受けた。その友だち以外は知らない子。 あたし以外は、ふたばの子。みんな親 切で、とても自然に振舞って...
ゴロゴロと 不穏の空を 仰ぎ見る 今にも降り出しそうな、暗い空、遠くの雷鳴。干した布団入れるの遅れて、何べん濡らしたことか。わたしの布団はそれで弱っているような気がする。馬鹿じゃない。干さなきゃいいのに。でもカンカン照りに干すと、殺菌されてるような気がして、とても気持ちがいいのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください