梵 鐘 の 余 韻 何 処 ま で 秋 の 暮

空気が澄んでるように感じるのは、気温と湿度のせいだと思う。
PM2・5だって、変わりなく漂っているようだし。
ただ、つかれた鐘の音が、いつまでも響き渡って、動作を止めて聴き入ってしまう。
この辺りは、小さな氏神様が人知れず幾つもあって、梵鐘を抱えるほどの寺社も幾つか。
歴史はあるが、商売とはあまり縁がないようで、参拝者はそう多くない。
樟の大木が生い茂っていて、幹の大きさから見れば、福岡県一と言われる寺社とそう変わらない歴史があるのではなかろうか。
無形文化財の指定もあるようなところもあるが、イベント大嫌いなわたしはみたことがない。
梵鐘の音その余韻だけでいい。

この句も読まれています。

一 村 を 滝 壺 に せ り 送 り 梅 雨 いっそんを たきつぼにせり おくりつゆ もう30年以上前の話です。 長崎豪雨。 あの年は、じとじとといつまでも梅雨が明けず、洗濯物は生乾き、乾燥機など無かった時代でした。 わたしは体調を壊し、以前経験した貧血だろうと勝手に決めて、市販の大瓶の真っ赤な錠剤を飲み干し、それでも良くならないものだから、...
湖の 淵の淵には 秋明の菊 花というものは、だーっと植えてあると、あまり美しさは感じないものです。 チューリップ畑、コスモス畑、とくにコスモスなんて、一面のコスモス畑は人の背丈より高く、 奥に入り込んでしまえば、行方不明になるのではないかと思うくらいです。 それよりも畑の隅とか、道路際に、「あらこんなとこに」ってふうに咲いてい...
人を待つ 春宵の月と 語り合い h春の宵 なんとなく暖かいような、そんな夕暮れ。お月様としゃべる。必ず来るとわかっていれば、時計を見たりもし なくていい。安心して長閑な時間を楽しめる。...
わたし今 元気だろうか いわし雲 なんか気が滅入っているのはわかる。原因もわかる。私は拒絶された環境に長く居ると、具合が悪くなり、それはたいてい三日ほど続く。昔は実家がそうだった。継母と妹ふたり、いま思えば、あれはイジメだ。 今回は同窓会。行かなきゃ良かった。少しだけ懐かしさもあって、まちがって顔を出してしまった。弁解になるけど、私...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください