梅 雨 湿 り 足 踏 み ミ シ ン の ベ ル ト に も

つゆしめり あしぶみみしんの べるとにも

あしぶみのミシン、直線縫いなら、これで充分です。
友人が新しいミシンを買ったから捨てるのどうしようというので、貰い受けました。
丹念に油をささなければならないくらいで、特に面倒なことはありません。
この梅雨で、どうも調子がおかしいのは、ベルトが伸びてるのが原因ではないかと思うのです。
馴染みのミシン屋のおじさんに相談してみようと思います。
子供の頃は、あの大きなミシンがズボッと中に収納されて、まるで何もなかったかのように、一枚のふたで、きれいに覆われることが、まるで魔法のように不思議に思えたものでした。
どの家でも、必ずと言っていいほど、縁側の隅に置かれていました。
なんとか調子良く縫えるようにしたいのです。

この句も読まれています。

引 く 潮 の 取 り残 し た る 鰯 雲 海も空も秋の風情。 水平線までも、いちめんに走るように広がったいわし雲。 まるで潮の引くとき、引かれてしまうようなそのさま。 見飽きることのない、秋の風景。...
糸 雨 の あ と 沈 丁 さ ら に 匂 ひ た ち... しうのあと ちんちょうさらに においたち 未明から糸のような雨がやむことなく降り続いて、小さな庭は久しぶりにひと息ついているようです。 沈丁花は、樹形が丸くて、さらに花が愛らしいことで誰にも好まれる身近な花です。 紅色の薄く混ざった白と、紅色がひとつの花のように見えます。 花のように見えて、花では...
冬 薔 薇 あ し た の 空 を 疑 は ず ふゆそうび あしたのそらを うたがわず なにもこの寒空の下、開きかけた花びらは、何日もそのまま凍ったように、さらに縁取りのように白い雪がその形をなぞっている朝もあるというのに。 春になれば、プリンセスのドレスのような仲間が競って咲き出すというのに。 かたくなで、生真面目な、冬のバラがわたしは好...
池の鯉 大夕立に 怖れなす 叩きつける雨。 大粒。 池が波立つ。 鯉は喜ぶかと思いきや、湖底に身を潜めているようだ。