梅 雨 湿 り 足 踏 み ミ シ ン の ベ ル ト に も

つゆしめり あしぶみみしんの べるとにも

あしぶみのミシン、直線縫いなら、これで充分です。
友人が新しいミシンを買ったから捨てるのどうしようというので、貰い受けました。
丹念に油をささなければならないくらいで、特に面倒なことはありません。
この梅雨で、どうも調子がおかしいのは、ベルトが伸びてるのが原因ではないかと思うのです。
馴染みのミシン屋のおじさんに相談してみようと思います。
子供の頃は、あの大きなミシンがズボッと中に収納されて、まるで何もなかったかのように、一枚のふたで、きれいに覆われることが、まるで魔法のように不思議に思えたものでした。
どの家でも、必ずと言っていいほど、縁側の隅に置かれていました。
なんとか調子良く縫えるようにしたいのです。

この句も読まれています。

心 し て 言 ふ て き か せ よ 彼 岸 へ と... こころして いうてきかせよ ひがんへと かんたんに成仏できる人ばかりではないと思うのです。 納得のいかない死に方に悔しくやるせない、やり場のない思いの仏も多いはず。 自分に落ち度のない事故、誤診のせいで命を落とした人、虐待の果てに殺された子。 心やすらかに浄土へ導かれますように。 この世に...
梅雨出水 音色を変えて 強くなり 激しい雨が続く。雨の音が続く。一段と激しくなると、雨音にかぶさるように、一段高いトーンに変わる。雨音を聞くのが好きだ。なにより飽きない。寒いけど、窓は少し開ける。よく眠れるような気もする。ただ夢もよく見る。...
亀 鳴 き て 負 け て 勝 つ こ と 覚 え た り... かめなきて まけてかつこと おぼえたり 腹の立つことは、あれこれあるけれど、言い負かせば勝ちではない。 心静かに考えれば、相手にも何らかの事情があったんじゃあないかとか、余裕がないのじゃないか、怒りに燃えていたアタマも冷えて、息がつけるというもの。 ママ母も、あの高飛車な妹も、それなりにいろいろあ...
大 寺 の 瓦 を 越 へ し 冬 紅 葉 おおでらの かわらをこえし ふゆもみじ 四国の巡礼のコースにある、名前忘れたのですが、由緒ある大寺の、反り返った大屋根の向こうに、ちょっとだけ見える真っ赤な紅葉。 こんな大木の冬紅葉は見たことがありませんでした。 もう紅葉の季節が終わりに近づいた頃、驚くような美しさのもみぢを、冬紅葉と言います...