梅 雨 湿 り 足 踏 み ミ シ ン の ベ ル ト に も

つゆしめり あしぶみみしんの べるとにも

あしぶみのミシン、直線縫いなら、これで充分です。
友人が新しいミシンを買ったから捨てるのどうしようというので、貰い受けました。
丹念に油をささなければならないくらいで、特に面倒なことはありません。
この梅雨で、どうも調子がおかしいのは、ベルトが伸びてるのが原因ではないかと思うのです。
馴染みのミシン屋のおじさんに相談してみようと思います。
子供の頃は、あの大きなミシンがズボッと中に収納されて、まるで何もなかったかのように、一枚のふたで、きれいに覆われることが、まるで魔法のように不思議に思えたものでした。
どの家でも、必ずと言っていいほど、縁側の隅に置かれていました。
なんとか調子良く縫えるようにしたいのです。

この句も読まれています。

図書館に 咳(せき)の響いて 冴返る... インフルエンザ真っ盛り。 広い館内の、何処かで、誰かが咳き込んだり、くしゃみをしたりすると、 悪い風邪ではないかと、みなさんが震えあがる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
雁渡る 我が煮え湯を なぐさめし 秋のこの季節になると、毎年雁は渡っていくのです。 人生の瑣末なことなど、どうでもいいのです。 時の流れは大きくて、わたしはいつもさもしいのです。...
新 山 や 樹 木 許 さ ず 山 眠 る しんざんや じゅもくゆるさず やまねむる 普賢岳は、あの土石流の跡を、うまく隠して普通に紅葉してすまし顔。 あの凄まじい噴火と火砕流で出来た、となりの通称平成新山。 猛々しく血も涙もない風采で、仁田峠の紅葉谷を横目に、其処にそびえます。 当時は、テレビの映像ながら、夜中にめらめらと溶岩が家々を飲み...
蝉 時 雨 泡 い っ ぱ い に 茶 を 点 つ る... せみしぐれ あわいっぱいに ちゃをたつる 裏千家は泡を立てませんが、表は泡が立つように、空気を巻き込むように茶せんを動かします。 灼熱地獄、ジージーワンワンと蝉はほぼ一日中鳴きわめきます。 セミと張り合うわけではないけれど、限界まで茶せんを回してしまいます。...