梅 雨 湿 り 足 踏 み ミ シ ン の ベ ル ト に も

つゆしめり あしぶみみしんの べるとにも

あしぶみのミシン、直線縫いなら、これで充分です。
友人が新しいミシンを買ったから捨てるのどうしようというので、貰い受けました。
丹念に油をささなければならないくらいで、特に面倒なことはありません。
この梅雨で、どうも調子がおかしいのは、ベルトが伸びてるのが原因ではないかと思うのです。
馴染みのミシン屋のおじさんに相談してみようと思います。
子供の頃は、あの大きなミシンがズボッと中に収納されて、まるで何もなかったかのように、一枚のふたで、きれいに覆われることが、まるで魔法のように不思議に思えたものでした。
どの家でも、必ずと言っていいほど、縁側の隅に置かれていました。
なんとか調子良く縫えるようにしたいのです。

この句も読まれています。

黄 落 の 空 瓦 一 枚 の 碧 おうらくの そらかわらいちまいのあお 銀杏の大樹が並木を作っています。 黄色に変わった葉が一面に散り、まだまだ降りそそぎます。 並木といっても、相当大きく育っており、一木一木が立派な大樹です。 絨毯のように落ちた葉、まだまだ黄色い葉を茂らせている樹々。 秋の、高い青い空はほんの少し見えるだけ。 今...
左 義 長 の 焔 上 が れ ば 人 想 ふ さぎちょうの ほのおあがれば ひとおもう 左義長は、どんと焼きのことです。 松の内が終わったころ、シメナワや、出来損ないの習字など持ち寄って、竹を切ったものなどといっしょに焚きつけるのです。 担当は消防団です。 それにしても、人間は、火が好きなのだと思います。 野焼きしかり、どんと焼きしか...
ク ロ ー バ ー 摘 む を の こ 鬱 し 若 き こ ろ... くろーばー つむおとこうし わかきころ 四つ葉のクローバー探すなんて、ぜんぜん興味なかった。 あれは、踏みつけて歩くか、疲れて座るものと心得ていた。 屈んで探し、見つけたと得意そうに渡してくれるクローバーもその人も疎ましかった。...
熟 れ て 咲 く 向 日 葵 見 ず に 刈 り 取 り て... うれてさく ひまわりみずに かりとりて 向日葵畑。 夏の間、暑さに負けず、元気に金色の花を咲かせ、多くの人を元気づけたものです。 秋になって、そろそろ終わりを迎えた花もありながら、まだ咲いたばかりの元気な花もあるにはあるのですが、刈り取りの命が下されたからには、刈り取らなければなりません。 前の週...