梅雨を聞く 泥のごとくに 疲れいて

待望の梅雨入りだというのに、からだはずぶずぶに疲れて、起きることさえつらい。布団のうえで、指を動かしてみる。寝返りをうってみる。からだが元気なら、あいつが言った事、情けなかったこと、悔しいことなど、頭に浮かんでは消え、浮かんでは消えするのに、ありがたいことに、なにも考えられない。人間は動物だから、自分のからだが持ちこたえられないようでは、ほかの心配まで、たどり着くことができない。頭が麻痺して、いつもの、くせのようにまでなっている、心配ごとも今日はしばし休み。

この句も読まれています。

時計草 やがて茂るか実もなるか テレビで、フルーツトケイソウの話をしていた。すぐに軒下まで伸びて折り返すくらい育つらしい。ヤフオクで買った。みずみずしい立派なものが来ると信じてたのに、十センチくらいの、しょぼしょぼのが一本。かろうじて根はついてるけど、乾いてて、今にも枯れそう。テレビの言うとおり、大きなコンテナの真ん中に植えて、竿...
海 地 獄 小 店 の 幟 赤 と ん ぼ うみじごく こみせののぼり あかとんぼ 別府の地獄の中でも、最大の海地獄。 コバルトブルーの、とてもきれいな色で、地獄という言葉がそぐわない感じです。 神秘的で、湖のようです。 湯気が立ち昇っていて、100度近い温度だそうです。 何処の観光地にもある、土産物屋が、海地獄名物と書いた幟を立て、客を呼...
浅漬けの 胡瓜冷たし 秋夜寒 きゅうりの漬物が、冷たく感じられる。炊きたての白いご飯に豚汁と漬物。今日のごはん。
口に手を こそこそ言うなり 野北の人は... 糸島半島の、芥屋の大門の向かい側に、野北浜というところがあります。 もう昔のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください