梅雨を聞く 泥のごとくに 疲れいて

待望の梅雨入りだというのに、からだはずぶずぶに疲れて、起きることさえつらい。布団のうえで、指を動かしてみる。寝返りをうってみる。からだが元気なら、あいつが言った事、情けなかったこと、悔しいことなど、頭に浮かんでは消え、浮かんでは消えするのに、ありがたいことに、なにも考えられない。人間は動物だから、自分のからだが持ちこたえられないようでは、ほかの心配まで、たどり着くことができない。頭が麻痺して、いつもの、くせのようにまでなっている、心配ごとも今日はしばし休み。

この句も読まれています。

ざる豆腐 アイスクリームの ごとく食べ... 冬の冷奴の冷たいこと。キンキンに冷えて、つるりと入る。ほんの少しお醤油を垂らして、大豆の味を噛みしめながら食べる。...
通販 わたしは通販が好きです。ではなくショッピングが苦手です。特に衣類、靴、バッグなどなどはほとんどすべて通販で求めます。あれこれ見て廻るのが苦痛なのです。すぐに疲れて、どうでもよくなります。頭の中に、災害用のブルーシートが、ザッと広がって、何も見たくない考えたくない状態になります。カタログで買うのは、...
今年米(ことしごめ) 押しいただいて 背筋伸び... やはり新米というのはすごいと思う。 わたしのような、ひねくれ者が言うのも可笑しいが、 作った人の手間を思う。心意気を思う。 今年の夏の暑さを思う。 ありがたいと思う。...
長き夜は 能古島の 片思い 井上陽水の「能古島の片思い」が好きです。 熱いコーヒーを飲みながら、聞きます。 もちろんひとりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください