梅ヶ枝の 餅を懐炉(かいろ)に 宮詣で(みやもうで)

梅ヶ枝餅は、暖かいうちに、食べなければなりません。
冷めると、固くなるからです。
ご飯と一緒に、ジャーに入れて、保存するといいです。
昔は食べながら歩いたりしたけど、今はそんな行儀の悪いことをする人はいません。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

ベンジャミン・バトン 感動しました。「おくりびと」なんかよりずっと素晴らしい。 気味の悪い物体、そして体の不自由な老人としての人生の始まり。 想像もできない不幸を背負って生きた男。 泣き言も言わず、でも慎重に臆病に生きざるをえなかった。 自分を捨てた父親との対面、恨みもしないが、相手にもしない。 人は頑張れるところは頑張...
風薫る トンネルの先 おいし茶屋 太宰府天満宮の裏、麻生太吉が江崎イシのために掘ったと言い伝えられるレンガのトンネルを通る。新緑の樹々は生い茂り、ほんの短いトンネルの先は明るい。 トンネルの中は冷んやりとして、出るとそこには幟や看板があるでもなし。 茶屋が一軒。観光客はここに辿り着く前に参道で、梅ヶ枝餅を買うことがほとんどなのだけど...
鏡餅 飾りはせねど 鏡開 鏡餅などしない。 餅は固くなって、カビが生えるから。 餅は冷凍。 お皿に、餅と少しの水をいれて、ラップをして、レンジで解凍。 小豆を炊いて、鏡開きはする。...
通販 わたしは通販が好きです。ではなくショッピングが苦手です。特に衣類、靴、バッグなどなどはほとんどすべて通販で求めます。あれこれ見て廻るのが苦痛なのです。すぐに疲れて、どうでもよくなります。頭の中に、災害用のブルーシートが、ザッと広がって、何も見たくない考えたくない状態になります。カタログで買うのは、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください