梅ヶ枝の 餅を懐炉(かいろ)に 宮詣で(みやもうで)

梅ヶ枝餅は、暖かいうちに、食べなければなりません。
冷めると、固くなるからです。
ご飯と一緒に、ジャーに入れて、保存するといいです。
昔は食べながら歩いたりしたけど、今はそんな行儀の悪いことをする人はいません。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

ら っ き ょ う と 青 梅 売 ら れ 梅 雨 に 入 る... らっきょうと あおうめうられ つゆにいる 梅雨が近づく頃、八百屋にはらっきょうと青梅、そして紫蘇の葉が売り出されます。 わたしも、梅の実がいっぱいなったからと、漬け方を教えてもらって挑戦したことがあります。 洗ったり干したり、塩加減や何やかやと驚くほどの手間がかかります。 最近は、店には大きさの揃...
い っ せ い に 帰 り 支 度 や 初 盆 会... いっせいに かえりじたくや はつぼんえ 初盆だからと、親類縁者が集まります。 半分義務かもしれません。 ともかくも、亡くなってから日も経つので、あれこれと賑やかです。 結構な年齢で、亡くなったのだから、年に不足はないだろうと、なんとなく雰囲気で感じます。 僧侶の読経が終わり、食事が済むと、当然のこ...
飲み過ぎた 見上げれば月 暮れの春... 春の夕暮れに誘われて、一杯飲んで、帰り道。 下弦の月は、くっきりと、どこからともなく ジャスミンの重ったるい香り、ああいい季節だと思う。...
もしかして 人に溺れて(おぼれて) ほととぎす... yやばいと思う瞬間があったりする。幸い長続きはしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください