根 っ か ら の 遊 び 人 な り 麦 嵐

ねっからの あそびにんなり むぎあらし

随分むかしのこと。
これはもう病気じゃないかと思う人がいた。
確かにモテる。
特徴はまず、マメで、聞き上手。
お顔は大したことはないけれど、声がいい。
たいていのイイオトコと呼ばれるオトコで、声のワルい人はあまりいない。
モテると言うより、オンナが放さないと言った方が当たっているかもしれない。
説明し難いフェロモン満載。
自分のことしか、考えてないくせに、とりあえずとてもやさしい。
「野焼きあり放り込みたきをとこあり」
は、こんな誠意のない、ムカシノオトコを詠んだものです。

この句も読まれています。

まんじゅしゃげ 空の青さに 田の実り... なんか平々凡々ですが、 私が小学生の頃、大宰府天満宮の奥の赤レンガのトンネル(麻生太賀吉がおいしさんという人に逢う為に 掘ったという言い伝え)を通って、宝満山のふもとまで行く道は、くねくね曲がっていました。 一面のたんぼ、黄金色に稲が実って、空はぬけるような秋の空、ところどころに柿の木があって 実を...
細書きの ボールペン買い 去年今年(こぞことし)... 今のところローソンのボールペンが一番書きやすいと思う。 太さいろいろあるから、全部揃えてみた。 字は下手くそだけど、それをまた更に下手に見せるペンがあるので注意。 三色ペンとかはだめ。貰い物もだめ。 高ければいいってものでもない。 今のところローソンのがいい。...
正 座 し て 餅 膨 る る を 待 ち し 頃... せいざして もちふくるるを まちしころ わたしが子どもの頃、まだうちにはストーブは無くて、暖房手段は火鉢とアンカでした。 餅網をセットして、餅やアンコ餅、かき餅などを並べ、焼けるのをじっと待ったものでした。 なぜか神妙に正座していたと記憶しています。 どれほど寒かったことか、信じられない気持...
咲 き 継 ぐ は 役 目 と 心 得 山 茶 花 よ... さきつぐは やくめとこころえ さざんかよ 山茶花は、椿に似て、椿よりはるかに軽くあしらわれる花です。 花数が多くて賑やかに見えて、実は寂しい花だと思うのです。 咲いたと思ったら、すぐに散る。 散り始めてから、初めて咲いていたことに気がつくほどです。 散り敷いた花びらも含めて、山茶花と言われているふ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください