根 っ か ら の 遊 び 人 な り 麦 嵐

ねっからの あそびにんなり むぎあらし

随分むかしのこと。
これはもう病気じゃないかと思う人がいた。
確かにモテる。
特徴はまず、マメで、聞き上手。
お顔は大したことはないけれど、声がいい。
たいていのイイオトコと呼ばれるオトコで、声のワルい人はあまりいない。
モテると言うより、オンナが放さないと言った方が当たっているかもしれない。
説明し難いフェロモン満載。
自分のことしか、考えてないくせに、とりあえずとてもやさしい。
「野焼きあり放り込みたきをとこあり」
は、こんな誠意のない、ムカシノオトコを詠んだものです。

この句も読まれています。

春寒し 坊主の読経は 耳入らず 最近のお寺は立派なものです。広すぎる部屋に、数人の法事では、なんか申し訳なく思います。 おかげで、ちっとも暖まらない。 数珠を持って、震えながら、終わるのを待っています。 終われ終われと思うと、お経は長い。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
入 梅 は 今 日 や 明 日 や の 折 り た た み... あじさい@大宮第二公園 / Norio.NAKAYAMA 最近は入梅がはっきりと発表されないようになりましたので、まだかまだかのなんとなく落ち着かない日が続きます。...
生 涯 の 愛 誓 う 馬 鹿 ソ ー ダ 水 しょうがいの あいちかうばか そーだすい 人生は意外と長い。 健やかなるときも、病めるときも。 なあんて。 よおく考えたら、誓いなんて出来るわけもないと思うのです。 相手が健やかでいてよそ見する、病気でもよそ見する、そんな動物なのです。 何も考えない人は簡単になんでも誓えるのです。 そこへ行く...
雛 出 す 樟 脳 の 香 払 ひ つ つ ひいなだす しょうのうのか はらいつつ ひとつひとつ後生大事に手にとって、包んだ和紙をはがしながら、雛人形を出します。 虫除けの樟脳の淡い匂いはそのうち消える。 一年に一回の行事です。 子どもが大きくなると、日々忙しくなり、あれこれ面倒になって、我が子も親も感動が薄くなり、ふつうに生活できて...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください