根 っ か ら の 遊 び 人 な り 麦 嵐

ねっからの あそびにんなり むぎあらし

随分むかしのこと。
これはもう病気じゃないかと思う人がいた。
確かにモテる。
特徴はまず、マメで、聞き上手。
お顔は大したことはないけれど、声がいい。
たいていのイイオトコと呼ばれるオトコで、声のワルい人はあまりいない。
モテると言うより、オンナが放さないと言った方が当たっているかもしれない。
説明し難いフェロモン満載。
自分のことしか、考えてないくせに、とりあえずとてもやさしい。
「野焼きあり放り込みたきをとこあり」
は、こんな誠意のない、ムカシノオトコを詠んだものです。

この句も読まれています。

落 ち 藁 を 集 め て 烟 る 汽 車 の 旅... おちわらを あつめてけぶる 汽車のたび 広い広い平野のどこでワラを焼いているのか、ほのおが見えるわけじゃなし。 くすぶる匂いは妙に懐かしく、無人駅に停車したときに流れ込んだのかもしれない。 秋の日はつるべ落とし。 もうまもなく車窓には、自分が映り出す。...
三太郎の トンネル過ぎて 里の雪 その三太郎トンネルを過ぎたら、大口(おおぐちじゃなくて、おおくち) という町があります。いまは伊佐市というそうです。 西郷隆盛が西南の役で、負けて逃げる途中、ここを通ったそうです。 静かないいところです。...
都府楼(とふろう)の 礎石(そせき)に御用か かたつむり... 大宰府政庁跡の、大きな礎石に、かたつむり。 周囲の草原に潜んでいるのが、雨に喜んで出てきたのか。
盆 波 の 寄 せ 来 る 浜 に 立 ち 居 た り... ぼんなみの よせくるはまに たちいたり 盆に寄せる波は、亡くなったあの人この人を想い出させます。 もっと話せばよかった。 忙しさにかまけて、そのうちそのうちと思っているうちに、病を得て、そうなるともう自然ではいられなくなります。 顔色を見ながら、言葉を選びながら、本音で話すことは出来なくなり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください