柿 若 葉 住 め ば 都 と ふ っ 切 り て

かきわかば すめばみやこと ふっきりて

五月は新緑の季節。

樹々の若葉が野山や街をいろどります。

「萌黄(もえぎ)」という色は、鮮やかな黄緑ですが、樹々の若葉はけしてこの色に限ったものではありません。

木の種類によって、また成長の度合いによって若葉の色は変わります。

柿若葉。

まるでアブラで拭いたように、ツヤのある明るいミドリの葉が、太陽の光を浴びて照り輝きます。

柿の木は幹や枝が黒いので、若葉がいちだんと映えます。

人は昨今、医療の進歩も手伝って、とても長生きするようになり、住み慣れた我が家が、ついの住みかとはなかなかいかなくなりました。

「呼び寄せ」と言われ、子どもがいるところに、我が家を離れて引き取られて行くことが良いとされた時期もありました。

土地カンもなく、方言もちがう、知り合いもいないところで、子ども家族に気を遣って生きて行くのもタイヘンです。

我が家の近くで、入居できる施設を探すのが今の主流のようですが、何処も高齢者の順番待ちで、費用のこともあり、思うようにいかないのが現状です。

どこかで折り合いをつけ、覚悟して、割り切って生きていかなければなりません。

この句も読まれています。

冴 え 極 む 冬 三 日 月 に 刺 さ れ た り... 月の色がちがう。 冬の、とくに凍てつく夜は。 山吹色に近い、強い黄色。 板金で作ったような鋭角。 驚くほどくっきりしている。 お月さまも、あまりの寒さで凍りついたのかもしれない。 画像提供:Crescent moon - bulan sabit / emrank...
新 藁( しんわら) の 日 向 の 匂 い 深 々 と... 稲刈りが終わったら、新しい今年の藁が、山のように積まれる。 顔を突っ込むと、お日さまの匂い。干した布団の匂いに近いかもしれない。 無事に稲刈りが終わったとの証明の匂い。...
蒲( がま) の 穂 も 波 立 つ 沼 の 中 之 島... がまの穂綿にくるまれば、兎はもとの白うさぎ。 因幡の白兎に登場する蒲。 最近はとんと見かけなくなった。 沼地が少なくなったせいか。 あの愛想のない茶色の植物が大好きで、ありそうなところでは探すのだけど、なかなか見つからない。 以前はあった所からも姿を消しているところが多い。 沼はできれば埋め立てない...
小判鮫 寒の水にも 増殖す 強い人間にぺたりと張り付いて、ご機嫌伺いばかりしている輩は、いつの時代にも、どこにもいるようです。 小判鮫は、寒さなんかに負けません。 わたしは、彼らとは、民族がちがうと、思うようにしています。 ただちょっと気になるのは、わたしは、小判鮫に反応しすぎていないかということです。 人がどう動こうが、関係...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください