柿 若 葉 住 め ば 都 と ふ っ 切 り て

かきわかば すめばみやこと ふっきりて

五月は新緑の季節。

樹々の若葉が野山や街をいろどります。

「萌黄(もえぎ)」という色は、鮮やかな黄緑ですが、樹々の若葉はけしてこの色に限ったものではありません。

木の種類によって、また成長の度合いによって若葉の色は変わります。

柿若葉。

まるでアブラで拭いたように、ツヤのある明るいミドリの葉が、太陽の光を浴びて照り輝きます。

柿の木は幹や枝が黒いので、若葉がいちだんと映えます。

人は昨今、医療の進歩も手伝って、とても長生きするようになり、住み慣れた我が家が、ついの住みかとはなかなかいかなくなりました。

「呼び寄せ」と言われ、子どもがいるところに、我が家を離れて引き取られて行くことが良いとされた時期もありました。

土地カンもなく、方言もちがう、知り合いもいないところで、子ども家族に気を遣って生きて行くのもタイヘンです。

我が家の近くで、入居できる施設を探すのが今の主流のようですが、何処も高齢者の順番待ちで、費用のこともあり、思うようにいかないのが現状です。

どこかで折り合いをつけ、覚悟して、割り切って生きていかなければなりません。

この句も読まれています。

そのときに 言えばよかりに 凍りつく... 職場で、月に一度のミーティングが、ありました。 「こういうやり方をしてる人がいました。 気をつけるように」 あたしのことです。 良かれと思ってしたことが、ミスだったのです。 なるほどと、反省します。 でも、なんでそのときいっしょにいたくせに、 言ってくれなかったの。 みんなの前で言うのも、大事だろう...
黒々と そそり立つ闇 夏木立 田植えを終えたばかりの田の奥に、山の裾野に長々とそそり立つ黒い木立 季節は変わり、青かった木々は、堂々と黒い得体の知れない立派な木立になる。 人も変わる。良くも悪くもそのままでいられるはずもない。...
ざる豆腐 アイスクリームの ごとく食べ... 冬の冷奴の冷たいこと。キンキンに冷えて、つるりと入る。ほんの少しお醤油を垂らして、大豆の味を噛みしめながら食べる。...
弁 当 を 運 ぶ 自 転 車 青 田 風 田植えの田圃に弁当を運ぶのだろうか。弁当らしい包みをしっかとロープで括り付け、青田の風の吹き渡る中、自転車が行く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です