柿 若 葉 住 め ば 都 と ふ っ 切 り て

かきわかば すめばみやこと ふっきりて

五月は新緑の季節。

樹々の若葉が野山や街をいろどります。

「萌黄(もえぎ)」という色は、鮮やかな黄緑ですが、樹々の若葉はけしてこの色に限ったものではありません。

木の種類によって、また成長の度合いによって若葉の色は変わります。

柿若葉。

まるでアブラで拭いたように、ツヤのある明るいミドリの葉が、太陽の光を浴びて照り輝きます。

柿の木は幹や枝が黒いので、若葉がいちだんと映えます。

人は昨今、医療の進歩も手伝って、とても長生きするようになり、住み慣れた我が家が、ついの住みかとはなかなかいかなくなりました。

「呼び寄せ」と言われ、子どもがいるところに、我が家を離れて引き取られて行くことが良いとされた時期もありました。

土地カンもなく、方言もちがう、知り合いもいないところで、子ども家族に気を遣って生きて行くのもタイヘンです。

我が家の近くで、入居できる施設を探すのが今の主流のようですが、何処も高齢者の順番待ちで、費用のこともあり、思うようにいかないのが現状です。

どこかで折り合いをつけ、覚悟して、割り切って生きていかなければなりません。

この句も読まれています。

足を入れ 足を出したり 秋の夜 涼しくなった。窓は全開で寝てる。寒くて目が覚めた。なんてしあわせ、寒くて目が覚めるなんて。もうこんな日は来ないと思っていた。 話かわりますが、失業しました。秋の始まりといっしょに職探しか。元気出そう。だってしょうがないじゃない。...
秋深し この医者でいいのか 問い歩き... 就職と結婚と病院は、縁のものだと思う。 頑張ってどうなるもんじゃなし。 運命か、天命か。 つきがあるか、ないか。 医者はそのほとんどがヤブだと思っていい。 少なくとも、患者を本気で心配する奴はいない。 心配してほしいわけじゃない。 ただ正しい診断と治療を求めているだけ。 どうしてできないんだろう。...
眉 描 け ば よ か り し 花 の 日 に 逢 ふ て... 化粧してた女の人、って子供がこんなん描いてきた。ケミーキラーのアキラ。 / naka_hide 思わぬところで、思わぬ人に出くわした。 すっぴんで、バサバサだった。 しまったと思ったけれど、手遅れだった。 ちょっとしゃべった。 「いくつになった?」と余計なことを聞かれた。 失敗したなぁ。 もうちょ...
野 梅 に も 日 射 し 届 き て 二 三 輪... のうめにも ひざしとどきて にさんりん 野生の梅。 やまのなかに生育し、それでも花の季節には小さな花を忘れずにつけます。 でも、梅園とちがって、手入れはなく、肥料もない状況では、花のつきも良くないのです。 それでも毎年そこにあって、それなりの花を咲かせていることが、頼もしくて好きです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください