柊の 垣の根元に こでまりの

へそまげ福子の五七五
こでまりといえば、白い小さな花が玉のように集まって、滝のように
見事に下がっている様子が見られます。
挿し木がやっとついた、小さなこでまりが、やっと柊の垣根の根元に
いくつか花をつけたようすは、愛らしいものです。
ここまでくるのに、何年かかったか、来年はもう少し大きくなって
いるだろうと想像します。

この句も読まれています。

春朧(おぼろ) 催事の牛車の 後を行く... 春の色 / Konstantin Leonov 牛車が行く。お三味が行く。太鼓が響く。 春のおぼろの宮詣り。桜は吹雪となり、 草は萌え、むかしは田の中であったろう 道は、住宅街の中をいく。家々の庭先に は、こぶしが咲き、金木犀は新しい芽を ふき、アカシアは黄色の小さな花をつけ ている。今年も変わらぬ...
明 け て 鳴 く ち ち ろ そ れ ほ ど 寂 し い か... あけてなく ちちろそれほど さみしいか ちちろとはコオロギのことです。 秋の虫は夕方から夜にかけて、うるさいほど鳴き続けます。 それも夜が明けてくれば、次第におさまるものです。 今朝はもう6時をとっくに過ぎたというのに、一匹だけいつまでも泣き止まないコオロギがいるようです。 人の世もさまざまです。...
運 不 運 ど ち ら も あ り て 寒 卵 毎年、毎月、そして毎日「 今日はついてる」と思ったり、その反対だったり。 いいときは慎重に、悪いときはテキトーに。 あしたになれば、あしたの風。 3 Brown Boiled Chicken Eggs / epSos.de...
いつのころ 電車の天井 扇風機 冷房のないころの電車には、天井に激しく回る扇風機がついていたものです。 ブイーンブイーンと音をたてて回ります。 自分のほうに来ると、ほっとしたものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください