柊の 垣の根元に こでまりの

へそまげ福子の五七五
こでまりといえば、白い小さな花が玉のように集まって、滝のように
見事に下がっている様子が見られます。
挿し木がやっとついた、小さなこでまりが、やっと柊の垣根の根元に
いくつか花をつけたようすは、愛らしいものです。
ここまでくるのに、何年かかったか、来年はもう少し大きくなって
いるだろうと想像します。

この句も読まれています。

たいらぎの 有明海は 冬となり 有明海名物たいらぎ漁.諫早湾の堤防ができてからさっぱり獲れなくなったらしいが、それでもたまに魚屋の隅っこに みることがあります。懐かしくて、必ず買います。有明海の潮のにおいがします。...
雪 ひ ら と 室 見 の や な に 降 り て 消 ゆ... 春の風物詩と言われて、室見川のやなにかかった白魚は、瞬く間に客に供されるのだろうか。 古来からの漁法といわれるやなに、春の雪が降ってはすぐに消える。...
生きながら 死ぬる覚悟か 赤海鼠(なまこ)... 海鼠は、生きて固まっているのか、死んで硬直しているのか。 聞いた話では、海鼠の天敵はヒトデ。 海鼠を生きたまま運ぶには、同じ水槽に、ヒトデを入れるといいとか。 緊張状態が続いて、死なないらしい。 iPhoneからの投稿...
やさしさなど どこかに置いて 冬の月... 人間にやさしさなどあるのだろうか。優しいふりした似非(えせ)聖人は毎日どこかで見るけれど。心配なことはいくつもあるけど、それは自分が心配なだけ。神様も仏様もないところで、人はやさしさなんて、持ちあわせているんだろうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください