松 過 ぎ て 賽 銭 箱 は ち ん ま り と

まつすぎて さいせんばこは ちんまりと

正月三が日は、あれだけの大風呂敷白い千畳敷のような賽銭コーナーを設けていた神社も、初詣が大方終わったので、いつもの賽銭箱に落ち着いたようです。
参拝客はまだまだ多く、飛梅は、二輪咲いていました。
大昔は、参道は土産物屋ばかりではなく、宿坊も多かったとかで、西郷隆盛が
投宿したとされる松屋という、梅ヶ枝餅屋で、コーヒーとお餅をいただきました。
店の奥は、驚くほど広く、「まゆみ」というとても珍しい木が赤い実をつけていました。
葉はすべて落ちて、実だけがついていました。
案内してもらうと、見慣れた参道もおもしろい歴史のあるところだと勉強になりました。

この句も読まれています。

捨 て 案 山 子 納 屋 の 奥 よ り 引 き 出 さ れ... すてかかし なやのおくより ひきだされ 昨年、お役目が終わってからは、無惨に放置され忘れ去られていたカカシに出番がまいりました。 骨組みを補強し、衣装を替え、帽子も心なしか格上げされ、化粧などほどこされ、いい気分です。 米作りは、これからが総仕上げでしょう。 人間と見まがうような、立派なカカ...
放生会 鳥居の上の 秋の空 放生会の行われるはこざき宮の鳥居は、確か三つも四つもあります。 海のそばから、お宮まで道路をわたって、参道が続きます。 どの鳥居の上にも、おんなじ真っ青な秋の空です。 放生会は夜もいいけれど、昼間も感動的なのです。 もっとも海は遠くなって、見えなくなりました。...
霾 を 洗 い 流 せ と 小 糠 雨 つちふるを あらいながせと こぬかあめ つちふるとは、黄砂の古い呼び方とか。 ゴビ砂漠あたり、中央アジアから海を超えて飛んできていた、まあ春の名物だったものが、中国を経由するあたりで、身体に良からぬ物質とくっ付き、以前とは比較にならない量となり、風流とか季節感とか言ってられない状況のようです。 ...
子 遍 路 に 青 葉 風 呼 べ 遍 路 杖 こへんろに あおばかぜよべ へんろづえ 数年前の桜のころ、爺ちゃん婆ちゃんに連れられた、子どものお遍路さんに出会ったことがあります。 それなりの遍路装束が愛らしく、記憶に残っています。 遍路に持つ杖を、遍路杖、または金剛杖と呼びます。 肉体的、精神的に遍路の行程を支える大切な道具です。 杉...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください