松 過 ぎ て 賽 銭 箱 は ち ん ま り と

まつすぎて さいせんばこは ちんまりと

正月三が日は、あれだけの大風呂敷白い千畳敷のような賽銭コーナーを設けていた神社も、初詣が大方終わったので、いつもの賽銭箱に落ち着いたようです。
参拝客はまだまだ多く、飛梅は、二輪咲いていました。
大昔は、参道は土産物屋ばかりではなく、宿坊も多かったとかで、西郷隆盛が
投宿したとされる松屋という、梅ヶ枝餅屋で、コーヒーとお餅をいただきました。
店の奥は、驚くほど広く、「まゆみ」というとても珍しい木が赤い実をつけていました。
葉はすべて落ちて、実だけがついていました。
案内してもらうと、見慣れた参道もおもしろい歴史のあるところだと勉強になりました。

この句も読まれています。

十二月 福子ひとり行く 溺れ溺れ 今年もあと半月。また一年が過ぎる。 迷うことはあまりなかった。 こうするしかない道をただただがむしゃらに 来ただけだったような一年。 来年も似たようなものだろうか。 小さな小さな息抜きを見つけながら、 行くしかない。...
幸 せ は 海 鼠 腸 の 瓶 詰 め 込 ま れ... しあわせは このわたのびん つめこまれ コノワタとは、ナマコの腸のシオカラのこと。 古い書物にも、「コノワタ」の珍味のゆえんが記されているとか。 寒中に作ったものが良いとされ、いまも酒好きには、とくに珍重されています。 わたしには、はじめての経験でしたが、だいたいもとからシオカラのたぐいは好...
大 試 験 心 意 気 な り 大 増 便 だいしけん こころいきなり だいぞうびん 大試験、おかしな言葉ですが、冬の季語です。 今で言うセンター試験や、それに続く二次試験のことでしょうか。 バスはもちろんのこと、JRまで、普通なら停まらない電車を、最寄りの駅に止めたり増発したり、人生の岐路に立つ受験生を応援しています。 「そんなことで、人...
植え終わり 水面(みなも)のピタと 静まれり... PhoTones Works #1554 / PhoTones_TAKUMA 低く垂れこめた雲の下、朝から田植えの作業が進む。夕方には、昼間の喧騒は何処へやら、張られた水に空が映る。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください