松 過 ぎ て 賽 銭 箱 は ち ん ま り と

まつすぎて さいせんばこは ちんまりと

正月三が日は、あれだけの大風呂敷白い千畳敷のような賽銭コーナーを設けていた神社も、初詣が大方終わったので、いつもの賽銭箱に落ち着いたようです。
参拝客はまだまだ多く、飛梅は、二輪咲いていました。
大昔は、参道は土産物屋ばかりではなく、宿坊も多かったとかで、西郷隆盛が
投宿したとされる松屋という、梅ヶ枝餅屋で、コーヒーとお餅をいただきました。
店の奥は、驚くほど広く、「まゆみ」というとても珍しい木が赤い実をつけていました。
葉はすべて落ちて、実だけがついていました。
案内してもらうと、見慣れた参道もおもしろい歴史のあるところだと勉強になりました。

この句も読まれています。

雨の月 拙きピアノで 後を追う 雲にかかりかかりして頼りない月を、もっと頼りないピアノで 一緒に歩く気分
黒葡萄(ぶどう)  押し頂いて まず仏... 大きな房、黒々と光る一粒一粒。 硝子の皿に載せ、一瞬仏壇へ。
シャバシャバと 雨の降る芽の 勢いて... よく雨が降る。春の前触れか。木も草も勢いを増すだろう。この雨で。じっくり土に染み込んで、ちょっとの干ばつくらいで負けないように。...
福子の 職場 いじめられ日記(2) 福子の職場は支店です。そう遠くない ところに本店があります。本店では研 修もあります。本店の組長は団塊世代 の女子で、やり手です。ただ何故か福 子のことをとても嫌っています。理由 はよくわかりません。わたしが生意気 だと思われてのことでしょうか。もう 半年以上も前のこと、わたしは本店で 研修を受けま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください