松 の 芯 手 入 れ 怠 る 松 に な お

まつのしん ていれおこたる まつになお

晩春、松の枝先にはロウソクを立てたような新芽が 伸びます。

それを「若松」「松の芯」などとよぶらしい。

松と呼ばれる樹々は二百種もあるらしく、日頃目にするのは、黒松、赤松、五葉松。

とりわけ黒松は、まっすぐに天を指すように伸びた芯が目立ち、すがすがしいというのが一般の評です。

松の手入れは、度々行わなければならず、手間と時間、そして何よりお金がかかると言われています。

手入れの行き届いた松も、放ったらかしの松も、ほぼ変わらず「松の芯」が育つようで、うれしいことです。

この句も読まれています。

畔(あぜ)を超え 犬のフグリの 咲き敷いて... いぬのふぐりは、雑草です。 道端や畔や、何処にでもある、ありふれた草です。 青い、とても小さな花を、たくさんつけますが、摘めば、すぐ花が落ちます。 幼い頃から、馴染みの、春の花です。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
サービスの 残業しろと 寒鴉 世の中が不景気なのは、知っています。 金は払えないが、残業しろと、それがいやなら、 よそへ行けと、人の弱みにつけこむような、 なんでそんなこと…ほかに言いようがないかな。 いやな男だ。 ばちが当たれ。...
秋に海 青が濃くなり 空も濃くなり... 秋になると、海は人影がなくなり、本来の風景を取り戻します。 海の色は、夏のように水色ではなく、むずかしい色合いの不思議な色に変わります。 空は高くなり、おだやかな雲が流れます。 深呼吸します。...
むしむしと 汗滝のごと 米をとぐ 風の通らない台所で、米をといでる様子です。 夏は苦手なので、何をするのもおっくうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です