松 の 芯 手 入 れ 怠 る 松 に な お

まつのしん ていれおこたる まつになお

晩春、松の枝先にはロウソクを立てたような新芽が 伸びます。

それを「若松」「松の芯」などとよぶらしい。

松と呼ばれる樹々は二百種もあるらしく、日頃目にするのは、黒松、赤松、五葉松。

とりわけ黒松は、まっすぐに天を指すように伸びた芯が目立ち、すがすがしいというのが一般の評です。

松の手入れは、度々行わなければならず、手間と時間、そして何よりお金がかかると言われています。

手入れの行き届いた松も、放ったらかしの松も、ほぼ変わらず「松の芯」が育つようで、うれしいことです。

この句も読まれています。

梅雨に濡れ つらい思いも 嵩を増し... 濡れた服が、ずっしり重くなるように、おそらくつまらないことなのだろう けど、なんかひっかっかって、心が晴れない。ずしんと受け止めながら、 笑うのもつらい。...
梅雨さなか マンション引越し もっと降れ... 新築の大マンションができた。おかげで、あたしの部屋から 見える空は三分の二に減った。梅雨なのに、連日引越しの トラックが鈴なり、なんかリビングの照明なんか張り切ってるのが、 レースのカーテン越しに伝わる。そんなにうれしいかい。 おかげで夜は、明々として、かぐやひめが月に帰るようだ。...
地下鉄も 頭出しては 梅雨の雨 地下鉄がときどき地上に顔を出すところがある。景色が見えるとほっとする。暗いトンネルの中で、窓に映った自分の顔ばかり見ていては気がめいる。顔を出せば、普通の電車。雨にも打たれ、風も受ける。...
菜飯炊く さみどりの風 吹き抜けて 大根葉を塩でしっかり揉んで、ご飯 に混ぜて出来上がり。野生的だけど ビタミンたっぷりの菜飯。勢いのい い葉っぱのついた大根は、いまどき スーパーでは見かけない。ぜんぶ切 り落としてある。もう春がそこまで というより、到達している。風がち がう。日差しの明るさがちがう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください