松 の 芯 手 入 れ 怠 る 松 に な お

まつのしん ていれおこたる まつになお

晩春、松の枝先にはロウソクを立てたような新芽が 伸びます。

それを「若松」「松の芯」などとよぶらしい。

松と呼ばれる樹々は二百種もあるらしく、日頃目にするのは、黒松、赤松、五葉松。

とりわけ黒松は、まっすぐに天を指すように伸びた芯が目立ち、すがすがしいというのが一般の評です。

松の手入れは、度々行わなければならず、手間と時間、そして何よりお金がかかると言われています。

手入れの行き届いた松も、放ったらかしの松も、ほぼ変わらず「松の芯」が育つようで、うれしいことです。

この句も読まれています。

秋 刀 魚 焼 く 団 扇(うちわ)七 輪 酢 橘(すだち)酒... 脂ののった秋刀魚は、今は普通グリルで焼くが、子供の頃は外で、七輪を起こさせられて、(命令) 泪を流しながら、風向きを考えながら、団扇を使って火をおこしたものだ。 完全に火がおきたら、煙は出なくなる。 秋刀魚は、ほどよく焼き目がついて、酢橘やカボスをじゅっとしぼって、大根おろしといっしょに食べるものだ...
春 薄 暮 沼 に 水 輪 の 広 が る を はるはくぼ ぬまにみずわの ひろがるを 夕べの情緒は、秋がいちばんと聞くけれど、春の夕べも素晴らしいと思います。 景に川や湖、沼など水が入れば、その趣きはより増すような気がします。 沼には生き物がいるのか、幾重にも輪ができて広がっていくのを、もう少しで暮れきるなかで、ぼんやり見ています。...
魂の 拠りどころなき 長日陰 秋の影法師は長い。日差しは強いから、長い日陰を探し探し歩く。何か探しているのだけど、一向に見つからない、そんな心持ち。うまく言えないが、わたしはどこか彷徨っている。...
赤まんま 夕餉(ゆうげ)の匂いの 道すがら... 秋の日暮れ、日の落ちるのが早く、帰り道はなんとなく 急ぎがち。どこからか秋刀魚を焼く匂いや、カレーの匂いがして あゝ幸せの匂いだって思う。 夕食はおおよそ決まった時間に、簡単でも手作りで、 炊きたてのご飯で食べるのがいいと思っている。 そういう些細なことの積み重ねは大事なことで、きつい時ほど どうに...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください