松 の 芯 手 入 れ 怠 る 松 に な お

まつのしん ていれおこたる まつになお

晩春、松の枝先にはロウソクを立てたような新芽が 伸びます。

それを「若松」「松の芯」などとよぶらしい。

松と呼ばれる樹々は二百種もあるらしく、日頃目にするのは、黒松、赤松、五葉松。

とりわけ黒松は、まっすぐに天を指すように伸びた芯が目立ち、すがすがしいというのが一般の評です。

松の手入れは、度々行わなければならず、手間と時間、そして何よりお金がかかると言われています。

手入れの行き届いた松も、放ったらかしの松も、ほぼ変わらず「松の芯」が育つようで、うれしいことです。

この句も読まれています。

なにをどう したくてこの ひもじさか... この焦り、落ち着かなさ、どこから来るものなのか、いったい私はどこをどうしたいのか。あきらめたつもりのいろいろのこと、本当はあきらめきれてないのだろうか。何かがちがう今なのか。秋だから、人恋しいのか。...
秋の 夜 白 熱 灯 に 暖 を と り 世の中LEDばかり、エコで、しかも長持ちすると。 ただ、今の季節せめて食卓は、白熱灯の暖かみがほしい。 わたしの作った、しょうもない料理も、明かりのおかげで、見られるものになる。 秋刀魚に大根おろし、かぼす。最後におくらを載せて肉じゃが、なめこと豆腐の味噌汁、湯豆腐は面倒なので、冷や奴、たったこれだ...
あでやかに そろうて見せる 唐辛子... 唐辛子を縄でくくって、きれいに並べて、まるで作り物のようです。 色も大きさも微妙に違うのに、並べると絵を描いたみたいに、素敵です。...
分 か れ 道 選 び 損 ね し 遠 き 夏 わかれみち えらびそこねし とおきなつ あまり深く考えずに、「まっ、いいか」で動くクセがあります。 そのせいで数えきれないほどの失敗を重ね、人生は中央道を離れ、けもの道に迷い込んだ感あり。 人生の失敗は、ほんとは取り戻せないし、後戻りもできないことをみんな知っているクセに、 「やり直せる。頑...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください