松過ぎて 気合も抜けて 日々過ぎぬ

べつになんの行事があるわけでもないのに、
クリスマス、年末と馬鹿みたいに興奮し、
紅白歌合戦で、ああ今年も終わったと
感慨にふけり、行く年来る年で、どうか
来年がいい年になりますようにと、祈り、
そうこうしてるうちに、一月も半ばになり、
いつものように、もしかしたら、いつも以上に
問題が勃発して、そうだ神様に頼んだりして
我ながらおかしい、いつもの人生だって気が付く。

この句も読まれています。

赤まんま 幼き我が 手をつなぐ 自分ではどうしようもなかった、幼い日の自分に「よく頑張った」と言ってやりたいのです。 3歳の妹を連れて、あっちの親戚、こっちの親戚とさみしい思いをしたものですから。 あるときその家のいとこと妹が喧嘩したのです。 そのときわたしは「喧嘩しちゃだめだ。世話になってるんだから」と妹をたしなめました。 それ...
天 狗 茸 切 れ た る 縁 (えにし) 一 ニ 本... そうしようと考えたわけでもなく、知らぬまに、いろいろな人と縁を結ぶものであるが、縁がないのか、切れた縁、切った縁の幾つか。 人は変わる。 自分も相手も。 人間関係ほどあてにならないものはない。...
再 婚 の 親 見 る 子 の 目 鳥 曇 り さいこんの おやみるこのめ とりぐもり 「とりぐもり」 ガンやカモなど、秋から冬を日本で過ごした渡り鳥が、北に帰る頃の曇りがちな空のことです。 春の季語となっています。 人間は動物です。 哺乳類も鳥類も、人の子どもに愛情を注ぐことは、基本的にムリです。 カッコーは托卵などと、他人の巣に自分のタマ...
新 聞 に 菱 ( ひし ) の 実 く る む 白 秋 忌... 菱の実をご存知だろうか。 菱型の、深緑と茶色の間のような、決して鮮やかではない目立たない、とても美味しそうには見えない。 柳川駅で売っていたのは、茹でた実だったのだろう。 そのまま食べられた。 芋のような、栗のような、少し水っぽいあまりはっきりしない味だった。 幼い頃、よく食べたのだろう、父は菱の実...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください