松過ぎて 気合も抜けて 日々過ぎぬ

べつになんの行事があるわけでもないのに、
クリスマス、年末と馬鹿みたいに興奮し、
紅白歌合戦で、ああ今年も終わったと
感慨にふけり、行く年来る年で、どうか
来年がいい年になりますようにと、祈り、
そうこうしてるうちに、一月も半ばになり、
いつものように、もしかしたら、いつも以上に
問題が勃発して、そうだ神様に頼んだりして
我ながらおかしい、いつもの人生だって気が付く。

この句も読まれています。

鉛筆を 持つ手冷たし 掃く息白し わたしは拙い俳句もどきを書くとき、 パソコンの前では、かけません。 布団の中で書きます。 断熱材が入ってないのか、薄いのか、 とても寒いのです。 時々手を布団の中に入れて、 暖め直しながらでないと、 冷たくて書けません。 はく息も白い。...
まだ赤い ススキの穂にも 秋の風 暑い暑いと言い続けていたけれど、秋は来ていた。ススキが穂を出している。まだ若くて、穂は赤い。わたしはこの若いススキが好きです。...
新 聞 紙 くる み て 朝 露 青 大 根 しんぶんし くるみてあさつゆ あおだいこん 家庭菜園で育てたという大根をいただいた。 新聞紙にくるまれたそれは、朝露に濡れてみずみずしい。 虫食いもあるけれど、立派な葉がそのままで、うれしい。 大根は、葉付きのものを買うことにしている。 用途はたくさん。 春の贈り物。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください