来 世 に は お 前 と 代 は る 吊 り 鮟 鱇

らいせには おまえとかわる つりあんこう

まな板に載せたところで、ぬるぬるとどうにもはかがいかないから、考案されたと思われる吊るし切り。
手際よく捌かれる。
流石だなぁと感心する。
皮も肝も、どこもかしこも美味しい。

この句も読まれています。

延々と 古いシネマの 街に酔う 古い邦画を見るのが好きです。女優さんの服や細いウエスト、そして現代とは全然ちがう息 の仕方、声の出し方いろいろおもしろい。山本富士子なんて息を吸い込みながら、声を出す。...
どくだみを 干して 五月の雨を聞く... どくだみの花が咲いたら、根っこから採って洗って干して、お茶にしようと思う。前は20度の甲 類の焼酎に漬けて、どくだみ化粧水を作っていたけど、たいていできる前に飲んでしまうので やめた。どくだみを干すと部屋中にどくだみの香りが充満して、すがすがしい。嫌う人もいるが わたしは好き。どくだみを束にして、つ...
冬近し 柿の落ち葉に 初時雨 もう秋も終わりに近い。 時雨が冷たい。 柿の落ち葉のじゅうたんも見ごろが終わったようです。
故 郷 の 路 地 の 狭 さ や 蔦 紅 葉 子どもの頃遊んだ路地や広場、近道した道、こんなに狭かったかなと驚くことがある。 同じような思いをしたと聞くこともある。 自分が、身体が小さかったからなのか、こんなせませましたところで遊んでいたのかと、改めて感慨深い。 ずっと住み続けたなら当たり前のことだろうが、何十年ぶりに訪れて、息をのむほど驚いた...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください