来 世 に は お 前 と 代 は る 吊 り 鮟 鱇

らいせには おまえとかわる つりあんこう

まな板に載せたところで、ぬるぬるとどうにもはかがいかないから、考案されたと思われる吊るし切り。
手際よく捌かれる。
流石だなぁと感心する。
皮も肝も、どこもかしこも美味しい。

この句も読まれています。

新 年 の 靴 脱 ぎ 石 も 凛 と し て しんねんに くつぬぎいしも りんとして 年が明けたというだけで、空気が凛となるような気がして、気持ちがいいものです。 庭に出る平べったい靴脱ぎ石も、掃き掃除したから当たり前なんだけれど、正月の顔をしています。...
一 村 を 滝 壺 に せ り 送 り 梅 雨 いっそんを たきつぼにせり おくりつゆ もう30年以上前の話です。 長崎豪雨。 あの年は、じとじとといつまでも梅雨が明けず、洗濯物は生乾き、乾燥機など無かった時代でした。 わたしは体調を壊し、以前経験した貧血だろうと勝手に決めて、市販の大瓶の真っ赤な錠剤を飲み干し、それでも良くならないものだから、...
女 車 掌 き び き び と せ り 風 薫 る... おんなしゃしょう きびきびとせり かぜかおる 女性の職場が広がりつつあります。 博多や広島岡山など大きな駅でのホームで出発の許可を出すのは女性の駅員でした。 オトコよりシャキッとしている感じ。 「○号車の見送りの方、下がってください。列車が発車出来ません!」 注意というより怒られた気がして...
空低く アガパンサスの 花火咲く 梅雨の花アガパンサスは薄い紫色の、まるで地味な花火のよう。けっこう大きな花なのに、群生なのにあまり目立たない静かないで立ち、低い雲に似合う梅雨の花火。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください