杜 鵑 草 ひ と つ や ふ た つ 知 ら ぬ 振 り

ほととぎす ひとつやふたつ しらぬふり

誰にでも、秘密とまではいかなくても、人に知られたくないことのひとつやふたつ、みっつくらいはあるものです。
別に秘め事という種類のことではない、つまらない、でもひとが知ったら、泣いて喜ぶようなことも含めてです。
杜鵑草という花は、いかにも色恋系の秘めごとの匂いのする花です。
見ないこと、知らぬふり、説教などとんでもない。

この句も読まれています。

赤まんま 夕餉(ゆうげ)の匂いの 道すがら... 秋の日暮れ、日の落ちるのが早く、帰り道はなんとなく 急ぎがち。どこからか秋刀魚を焼く匂いや、カレーの匂いがして あゝ幸せの匂いだって思う。 夕食はおおよそ決まった時間に、簡単でも手作りで、 炊きたてのご飯で食べるのがいいと思っている。 そういう些細なことの積み重ねは大事なことで、きつい時ほど どうに...
春雨の 日数増すごと 募り来て k今年の春は寒い。そぼそぼと春雨の日が続く、幾日も幾日も。今頃の雨は穀雨とも言うらしい。恵みの雨。木々が芽 を出し、潤い、成長し、そして街を洗う。何日も続く。雨は好きだ。どうしているのだろう。元気か。馬鹿だ。...
レ コ ー ド の 針 浮 き 沈 み 外 は 雪... れこーどの はりうきしずみ そとはゆき レコードに針を落とすと、わずかだけれど、波を打ったような浮き沈みをします。 雑音も今となっては懐かしく、もうレコードの時代は終わったとばかりに、戸袋にダンボールごと片付けたことなどおもいだします。 確かに、針を買い換えたり、ビロードのような四角いもので、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください