杜 鵑 草 ひ と つ や ふ た つ 知 ら ぬ 振 り

ほととぎす ひとつやふたつ しらぬふり

誰にでも、秘密とまではいかなくても、人に知られたくないことのひとつやふたつ、みっつくらいはあるものです。
別に秘め事という種類のことではない、つまらない、でもひとが知ったら、泣いて喜ぶようなことも含めてです。
杜鵑草という花は、いかにも色恋系の秘めごとの匂いのする花です。
見ないこと、知らぬふり、説教などとんでもない。

この句も読まれています。

雨の月 拙きピアノで 後を追う 雲にかかりかかりして頼りない月を、もっと頼りないピアノで 一緒に歩く気分
芳香剤 感極まりて 息白し 香るものが好きです。 金木犀やくちなし、じゃすみんの花、お香、蚊取り線香でもいいのです。 自分は吸わないけど、人の煙草もあまり気にはなりません。 この頃と言うには、ちょっと古いけど、電池を入れてセットすると、シュアっと香りの出る芳香剤はおもしろいものです。 人の気配を察知してシュアッ、定期的にシュア...
今ここに いたたまれずに 梅雨の雨... ここにいられないような瞬間があるのです。 もう消えてしまいたいのです。考えないように 考えないように、頭の中を真っ白にして、屈辱に 耐えなければ、おかしくなってしまいそうなのです。 あ~あと何回こんな思いをするのか。...
朱 欒 剥 く 親 指 埋 ま る よ う に し て... ざぼんむく おやゆびうまる ようにして ザボン。 木は大きく育ち、その実は、大きいものでは2キロほどにもなるといいます。 果肉が厚いことが特徴で、それを砂糖漬けにしたりもします。 少し苦味があります。 そんなですから、皮をむくのはけっこうたいへんで、両端を切り落として、親指を突っ込むようにして、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください