杜 鵑 草 ひ と つ や ふ た つ 知 ら ぬ 振 り

ほととぎす ひとつやふたつ しらぬふり

誰にでも、秘密とまではいかなくても、人に知られたくないことのひとつやふたつ、みっつくらいはあるものです。
別に秘め事という種類のことではない、つまらない、でもひとが知ったら、泣いて喜ぶようなことも含めてです。
杜鵑草という花は、いかにも色恋系の秘めごとの匂いのする花です。
見ないこと、知らぬふり、説教などとんでもない。

この句も読まれています。

盆なれば 仏はどこに おわします 自分は仏様の救済名簿から漏れているんじゃないかと思うことしばしば。
山 峡 に 合 歓 ( ねむ ) の 大 樹 は 夢 を み る... 人に見られなくともいい。 褒められなくともいい。 ひとりで、こつこつと夢を続けたい。 人付き合いが、ひどく面倒に思える日もある。...
田に水の はられてほっと 息をする ... 田んぼに水を張って、田植えの出来る状態になっている様子を、代田(しろた)というらしい。静かに水をたたえ、さらに雨を待っている、この景色はとても心を落ち着かせる。...
ざる豆腐 アイスクリームの ごとく食べ... 冬の冷奴の冷たいこと。キンキンに冷えて、つるりと入る。ほんの少しお醤油を垂らして、大豆の味を噛みしめながら食べる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください