杜 鵑 草 ひ と つ や ふ た つ 知 ら ぬ 振 り

ほととぎす ひとつやふたつ しらぬふり

誰にでも、秘密とまではいかなくても、人に知られたくないことのひとつやふたつ、みっつくらいはあるものです。
別に秘め事という種類のことではない、つまらない、でもひとが知ったら、泣いて喜ぶようなことも含めてです。
杜鵑草という花は、いかにも色恋系の秘めごとの匂いのする花です。
見ないこと、知らぬふり、説教などとんでもない。

この句も読まれています。

か き 氷 こ め か み 痛 む 頃 小 豆 子どもの頃は、かき氷が上等のおやつだった。 「 氷 」と書いた暖簾をくぐり、席に座り、どれにするか自分で決めるのだけれど、そこはどうしても連れて来てくれた人の財布の具合によるところが大きくて、ただオレンジや赤や緑色のシロップをかけたものになることが多い。 それぞれに蜜柑、桃、メロンと付いているけれど...
犬 ふ ぐ り 堰 の ほ と り の 水 あ た り... 人生で最初に出会った植物が、犬ふぐりだと思う。 たぶん4歳くらいのころ、まだ筥崎にいた頃。 宇美川と多々良川に挟まれた三角地帯。 堰があって、いつも水音がしていた。 ほとりに咲いた犬ふぐりを摘もうとして、何度も花を摘み、すぐに散ってしまった記憶がある。 茎から摘めばいいものを、幼いがゆえ知恵がまわら...
今をもう 全肯定するしか 梅雨の汗... いろいろと間違った選択を繰り返して、今のわたしがいる。 間違ったのは自分の責任だけど、今更どうしようもない。 とりあえず今までの後悔は、ちょっと置いといて、 今日を明日を、間違わないように、歩かなければ。 それしかできないから。...
山あいの 柿の葉寿司の 渋みどり 駅弁展で、柿の葉寿司を買った。 たぶん奈良の山の村の産。 弁当の中は、柿の葉の裏側一色。 鯖の塩味、柿の葉の香。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です