杜 鵑 草 ひ と つ や ふ た つ 知 ら ぬ 振 り

ほととぎす ひとつやふたつ しらぬふり

誰にでも、秘密とまではいかなくても、人に知られたくないことのひとつやふたつ、みっつくらいはあるものです。
別に秘め事という種類のことではない、つまらない、でもひとが知ったら、泣いて喜ぶようなことも含めてです。
杜鵑草という花は、いかにも色恋系の秘めごとの匂いのする花です。
見ないこと、知らぬふり、説教などとんでもない。

この句も読まれています。

凌 霄 (のうぜん) や 落 花 の けじ め 潔 し (いさぎよし)... Trumpet vine / Campsis radicans Seem. / アメリカノウゼンカズラ / TANAKA Juuyoh (田中十洋) ノウゼンカズラ、オレンジ色のわりと大きなアサガオ型の 花をつける。 蔓性で、自分で立つことはなく他の樹木に巻きついて みごとな勢いでてっぺんまで登り...
風 光 る 棚 田 ひ と つ に 千 の 石 千枚田 Rice terraces / "KIUKO" 小さな棚田を作るのに、小さめの丸い石が無数に。 どれほどの手間がかかっただろう。 近くから持ってくると言っても、それは大変なこと。 百枚近い棚田が、石垣によって、しっかりと支えられ、一つとして崩れていない。 よく今まで頑張って持ちこたえてこら...
そ の と き は そ の と き な り と 山 笑 ふ... 横浜元町、ZOULI Cafeのランチコーヒー / akira yamada 心配ごとが絶えない。 ほとんどは、心配したって、しょうがない。 そして、わたしの想像した方向へは向かない。 だったら考えるのをやめよう。 新しく開店した店で買って来たコーヒーを淹れよう。 ひとりのティータイムとしよう。...
竹 の秋 五 百 羅 漢 を 日 陰 に し hotoke / Presidente 佐賀の小城に、鍋島の殿様三代を祀った神社があり、覗くだけで、立ち入り禁止なんだけど、その手前におそらくは家来とおぼしき五百羅漢が鎮座しており、年月を経て、ずいぶんと苔むしている。 周囲は広い竹林で、ほとんど一日中日陰である。首をはねられた仏もたくさんいる。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください