本 箱 は り ん ご 箱 と て 当 た り 前

ほんばこは りんごばことて あたりまえ

小学生の頃、木製の勉強机は普通だったけれど、その上に、包装紙で自分で化粧貼りした、りんご箱を置いて使っていました。
四畳の部屋に妹と二人。
別に当たり前だと思っていました。
父親は公務員だったけれど、身の程知らずで子どもは三人もいて、生活は貧しかった。
蚕小屋を改造した借家は、トイレに電灯がなく、あたしは二度も落ちかけた。
すんでのところで、両手で身体を支えたから、ぼっとんとは行かずにすんだけれど。
なんであんな生活・・・
省略すればよかったのに。
あの母親の違う三番目・・・

この句も読まれています。

春 う ら ら 視 力 検 査 は 見 え る 振 り... はるうらら しりょくけんさは みえるふり わたしは小学生の頃から近視で、毎年新学期恒例の身体検査の視力検査が、苦痛になるほどいやでした。 あの頃の教師たちは、何も考えずに喋る人ばかりで、「えー、これも見えないのお〜」なんてことを、でっかい声で言う。 そのせいでもないけれど、小学生のわたしなりの対策...
背 を 灼 か れ 顔 を 灼 か れ て 土 砂 の 跡... せをやかれ かおをやかれて どしゃのあと 昨年の北部九州の土砂災害では、地元の社会福祉協議会がバスを出すというので、一日お手伝いに行きました。 被害の大きさもさることながら、自分の体力の無さにがくぜんとしたものです。 畳を剥ぎ、床板を剥がしたその下には、驚くほどの粘土が固まったような土砂。 ...
春朧(はるおぼろ) 蕎麦(そば)の枕に 夢沈め... 春眠 / tab2_dawa 寝ることは幸せ。眠れるうちは大したことはない。ザワザワと枕に沈みながら、夢かうつつか当てどもなく彷徨っている。少し開けた窓から夜気が忍びよる。もう少しこうしていよう。新聞配達のバイクの音が遠のく。...
薄 氷 ( うすごおり) 薔 薇 の 落 ち 葉 を 閉 じ 込 め て... 煉瓦の敷き詰められた歩道は、平らなようで穏やかな窪みがある。 凍りつくほど寒い朝、薄い氷がはっている。 そのすぐ上の、蔓薔薇の落ち葉を入れたまま凍りついている。 まるでわざと入れたよう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください