本 箱 は り ん ご 箱 と て 当 た り 前

ほんばこは りんごばことて あたりまえ

小学生の頃、木製の勉強机は普通だったけれど、その上に、包装紙で自分で化粧貼りした、りんご箱を置いて使っていました。
四畳の部屋に妹と二人。
別に当たり前だと思っていました。
父親は公務員だったけれど、身の程知らずで子どもは三人もいて、生活は貧しかった。
蚕小屋を改造した借家は、トイレに電灯がなく、あたしは二度も落ちかけた。
すんでのところで、両手で身体を支えたから、ぼっとんとは行かずにすんだけれど。
なんであんな生活・・・
省略すればよかったのに。
あの母親の違う三番目・・・

この句も読まれています。

ずれずれの 福笑いままの 顔のあり わたしは妹と仲がとても悪い。 小さい頃から要領のいい妹と、空気の読めないわたしは仲良くできなかった。 まま母に、わたしをチクることで、身の安全を確保した 妹を、わたしは今になっても許すことができない。 おそろしく目の離れた顔をしていた。ほとんど耳の上。 身長のわりに、肩幅が広かったが、顔のでかさはそ...
ほうじ茶の 湯気を吹き吹き 十一月 熱いお茶がありがたい季節がやっと巡ってきた。 湯呑みを両手で抱えて、ふーふー吹きながら、 まず一服。 掃除の途中で、終わって。 散歩して、洗濯物干して。 人生には休憩が必要。...
枝豆を ハーモニカのごと 口に入れ... ビールには枝豆。これは定番。あたしは一気に、三つゲットすることができる、ようになった。
千 年 の 銀 杏 青 空  舞 ひ 落 ち ず せんねんの いちょうあおぞら まいおちず 樹齢千年は超えると言われる大イチョウ。 高さも大きさも迫力です。 黄色になった葉は、ストンと落ちるわけではなく、あの高さからくるくると舞いながら、風に吹かれながら、時間をかけて落ちてきます。 空が青いから、まさに小鳥のようです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください