本 箱 は り ん ご 箱 と て 当 た り 前

ほんばこは りんごばことて あたりまえ

小学生の頃、木製の勉強机は普通だったけれど、その上に、包装紙で自分で化粧貼りした、りんご箱を置いて使っていました。
四畳の部屋に妹と二人。
別に当たり前だと思っていました。
父親は公務員だったけれど、身の程知らずで子どもは三人もいて、生活は貧しかった。
蚕小屋を改造した借家は、トイレに電灯がなく、あたしは二度も落ちかけた。
すんでのところで、両手で身体を支えたから、ぼっとんとは行かずにすんだけれど。
なんであんな生活・・・
省略すればよかったのに。
あの母親の違う三番目・・・

この句も読まれています。

犬 ふ ぐ り 堰 の ほ と り の 水 あ た り... 人生で最初に出会った植物が、犬ふぐりだと思う。 たぶん4歳くらいのころ、まだ筥崎にいた頃。 宇美川と多々良川に挟まれた三角地帯。 堰があって、いつも水音がしていた。 ほとりに咲いた犬ふぐりを摘もうとして、何度も花を摘み、すぐに散ってしまった記憶がある。 茎から摘めばいいものを、幼いがゆえ知恵がまわら...
虫の声 夢の続きの 入り(はいり)道 夜中に目が覚める。 いっぱいの秋の虫の合唱で、ふたたびまどろむ。
胡 桃 割 る 力 加 減 に 力 込 め 胡桃を割るのには、おおむかしはペンチを使っていたけれど、今はもうくるみ割り器で割る。 でも、力加減が必要なのは同じだから、とても気を使う。 弱すぎれば、もちろん割れないし、ばか力を発揮すれば、粉々になって、胡桃と殻が混ざってしまうし、後始末もたいへん。 ということで、肩に力が入り、眉間にしわを寄せて...
お は じ き の 欲 し ゅ う て 欲 し ゅ う て 放 生 会... おはじきの ほしゅうてほしゅうて ほうじょうや 筥崎宮の放生会。 わたしのこころの故郷。 放生会に売り出される、おはじきのかわいらしさと懐かしさ。 のどかで、素朴で、宝物にしたい。 夜明けから、もっと徹底した人は、前夜から並ぶらしい。 その気力、体力がないために、未だに手に入らないでいる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください