本 箱 は り ん ご 箱 と て 当 た り 前

ほんばこは りんごばことて あたりまえ

小学生の頃、木製の勉強机は普通だったけれど、その上に、包装紙で自分で化粧貼りした、りんご箱を置いて使っていました。
四畳の部屋に妹と二人。
別に当たり前だと思っていました。
父親は公務員だったけれど、身の程知らずで子どもは三人もいて、生活は貧しかった。
蚕小屋を改造した借家は、トイレに電灯がなく、あたしは二度も落ちかけた。
すんでのところで、両手で身体を支えたから、ぼっとんとは行かずにすんだけれど。
なんであんな生活・・・
省略すればよかったのに。
あの母親の違う三番目・・・

この句も読まれています。

十薬の 花 束にして 深呼吸 ドクダミはクセがあって、嫌う人も多いけど、私はあの薬くさい匂いがとても好きです。虫除け、消毒、臭い消し束にして、丈を揃えて、輪ゴムで留めて、薄い緑色のアンティークの薬瓶に挿します。なんか気のせいか清々しい心持ちがするのです。...
人生に 無駄一つ無しと 盆の雨 紆余曲折 もっと早く方向転換すれば良かったとか、もうちょっと踏ん張れば、 なんか違ったんじゃないかとか、思うことはいっぱいあるけれど、 済んでしまったことは仕方ない。 無駄だったと思うことが、もしかして意外な人生の肥料になってくれていればと 思ったりする。 いい年して、新人と呼ばれているから、辛い。...
上 下 巻 借 り て 青 息 熱 帯 夜 じょうげかん かりてあおいき ねったいや 上下いっしょに借りたのがそもそも間違い。 人に借りられたら続き読めないしと、欲張って借りたはいいけれど、期日までに返すのはたいへん。 毎夜毎夜読書だけれど、ついつい読み方も雑になるし。 やっぱり本は買って読むものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください