木 陰 な ら 花 の ご と く に 夏 日 落 つ

こかげなら はなのごとくに なつびおつ

暑さがきびしい。
なんという木か、大樹の下にすわって、涼をとる。
茂った葉の間から、まるで木漏れ日のように、夏日がちらちらする。

この句も読まれています。

あ の 笑 顔 声 や 青 葉 の 黄 泉 へ 発 つ... あのえがお こえや あおばの よみへたつ えがおのすてきなひとで、誰にでもよく気をつかってくれる人でした。 はじめての俳句の会で、おろおろしていたわたしに、いちばんに声をかけてくれ、となりへ座るよう言ってくれたのも彼女でした。 突然のことでした。 みんな驚き、寂しさにつつまれています。...
山笑う 運の悪さと 恨み節 随分むかしの、情けなかったことや、理不尽なこと。 忘れられない、様々なこと。 山笑う。 今が大事。これからが大切。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
足 元 は 春 火 鉢 な り 乾 物 屋 この寒さの中、開けっ放しの店で、元気な呼び声。 ときには雪がちらつく日が続いている。
枯尾花 大北風も 伏して耐え 秋には、すっと伸びて、風情のあったススキも、もうこの季節になると、ふんわりと、頼りなげ。 強い北風が吹けば、一気に飛ばされてしまうと思いきや、しっかりと残っていて、変わらずふわふわなのが、不思議な感じがする。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください