木 陰 な ら 花 の ご と く に 夏 日 落 つ

こかげなら はなのごとくに なつびおつ

暑さがきびしい。
なんという木か、大樹の下にすわって、涼をとる。
茂った葉の間から、まるで木漏れ日のように、夏日がちらちらする。

この句も読まれています。

今日までも あしたまでもと 枯紅葉... すべての葉っぱが散ってしまったあと、まだ輝くような紅葉を見せている紅葉がある。今日散るか、あした散るかと 惜しみながら、眺める。日一日と色が鮮やかになるような気がする。お得した気分です。...
橋脚に 凭れて(もたれて)土筆(つくし)の 袴(はかま)取り... 那珂川の堤防の端にすわって、春の 空気を吸ってみる。足下の土筆を手 すさびに取って、はかまを取ったり なずなの葉を少しずつ下にずらして 鈴のように振ったりした。逃げも隠 れもしない春が来た。...
図書館に 咳(せき)の響いて 冴返る... インフルエンザ真っ盛り。 広い館内の、何処かで、誰かが咳き込んだり、くしゃみをしたりすると、 悪い風邪ではないかと、みなさんが震えあがる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
挿せば(させば)もう 綿毛のような ススキかな... わたしは、芽生えたばかりのススキが大好きで、上の方を摘み取って、ラムネ瓶に挿して、鑑賞するのですが、すぐ ふわっと綿毛になってしまうのです。ススキが好きで、庭のほんの片隅に植えたつもりが、あっという間に広がって、それも、斑入りの情緒溢れる葉が、いつのまにかふつうの葉に変わっているのには、驚きました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください