木 蓮 の 蕾 総 じ て 天 を 指 す

もくれんの そうじてつぼみ てんをさす

モクレンは落葉樹。

樹高は高くはないけれど、低くもないというところ。

三月から四月、葉の出る前の枝先に、赤紫色の花をたくさん付けます。

花びらは6枚。

花びらはカップ状に閉じていて、上の方が開きます。

外から見ると、全体が赤紫に見えますが、内側の色は、かなり薄いです。

風に吹かれると、内側と外側のコントラストがとてもきれいです。

この句も読まれています。

ま た ひ と つ 繰 り 言 の 出 来 柿 紅 葉... またひとつ くりごとのでき かきもみじ 人間関係ほど不確かなものはないと、誰かが言いました。 来るもの拒まず、去るもの追わずで生きてきました。 たぶん、些細な、しかしながら本当のことを言われたから、わたしが勝手に落ち込んだのだと思います。 しょうがない。 ホントのことですもの。 立ち直るしかない。...
長雨に 忘れたいこと のみ巡る 梅雨の長雨、雨の音を聞くために、窓を少し開けて寝る。大好きな季節なのに、もう忘れてしまった遠い昔の夢をみる。もういいのに。思い出せば、今でもやっぱり辛いのに。...
お手玉の じゅずを見つけて 彼岸の日... わたしが育った頃は、お手玉にはじゅずが入っていたものです。砂利道を大人の自転車を押して歩く途中に、数珠の茂みがありました。夢中になって取ったものです。他に使いようはありません。ただお手玉用です。あの何とも言えない色、ちょうどアサリ貝が、地味ながらひとつひとつ模様がちがうように、数珠の玉は複雑な模様を...
古箪笥(ふるだんす) 居場所を変えて 秋の風... 秋風が吹くようになって、少し気分が変わりました。もともとわたしは、もようがえが好きです。涼しくなって、すこうし変えてみようという気になりました。骨董市で買った、小さな箪笥というか、物いれ、高さ70センチくらいで、ガラスが二箇所はまっていて、引き手が二つ、引き出しが三つあるもので、ちょっと気に入ってい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です