木 蓮 の 蕾 総 じ て 天 を 指 す

もくれんの そうじてつぼみ てんをさす

モクレンは落葉樹。

樹高は高くはないけれど、低くもないというところ。

三月から四月、葉の出る前の枝先に、赤紫色の花をたくさん付けます。

花びらは6枚。

花びらはカップ状に閉じていて、上の方が開きます。

外から見ると、全体が赤紫に見えますが、内側の色は、かなり薄いです。

風に吹かれると、内側と外側のコントラストがとてもきれいです。

この句も読まれています。

秋 高 し 隣 の ク ラ ス 参 観 す あきたかし となりのくらす さんかんす あたしが小学校のころの参観日のこと。 近所のおばちゃんが後ろに立っていた。 その子とは幼なじみで、よく遊んだけれど、学年が変わってのクラス替えで、ちがう組になった。 なんで、ここにいるんだろう。 おばちゃん、途中で気がついたようで、ハッとした顔して、...
思うより 丈の短し 菖蒲かな 梅雨入り。菖蒲の花が見ごろ。まるで薄い布地を真ん中で集めて絞ったようなみごとな美しさ。花が大きいから、なんかバランスが悪いと思うのはわたしだけか。これがアヤメかカキツバタならいいのです。花があんなに大柄じゃないから。見れば見るほど頭でっかくて、そう思うとそればっか気になって。我ながら美意識がない。...
集めないほうがいい 泳げ鯉のぼり相模川/相模原 / Tranpan23 物はひとつところに、ひとつがいい。豊後の国の童話の里を流れる大きな川に、今頃になると毎年、たくさんの鯉のぼりが川を渡したロープに括られはためく、ならいいけれどはためかない。大量にぶら下がっている。全国から集まったのだろう。かつては一軒一軒の家で、男...
海 棠 に 身 も 世 も 捨 て し 雨 の 降 る... かいどうに みもよもすてし あめのふる カイドウ。 原産は中国で、薄紅色のつややかな花は、東洋の名花と言われます。 「ねむり花」や「ねむれる花」とも呼ばれるそうですが、唐の時代、玄宗皇帝が、楊貴妃の眠たげなようすを「カイドウのねむりいまだ足らず」と言ったとの故事から来たそうです。 うつむき加...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください