木 守 り に あ れ や こ れ や の 神 頼 み

きまもりに あれやこれやの かみだのみ

柿やユズを収穫する際、木のてっぺんにひとつ実を残しておきます。

来年もたくさん実がなるようにという、まじないのようなものです。

ついでにあれやこれやも願かけし、まったく欲深いものです。

まじないと言っても、実際には鳥が食べることが多いです。

鳥に実りを分け与えるためでもあります。

冬の夕空に、ぽつんと残っている実は、郷愁を誘います。

この句も読まれています。

蹲 ( つくばい ) に 青 葉 若 葉 の 映 り 込 み... Washbasin / mrhayata つくばいとは、手水鉢のこと。 和風の庭の、むかしはそれこそ茶室に入る客人が、手を洗ったとされる。 お茶のことはわからないので、すべて聞いた話である。 苔むしたつくばいに、水は満杯に注ぎ込まれ、山の緑はいっぱいに、入るだけ映っている。 水の冷たさが、その映り...
ベンジャミン・バトン 感動しました。「おくりびと」なんかよりずっと素晴らしい。 気味の悪い物体、そして体の不自由な老人としての人生の始まり。 想像もできない不幸を背負って生きた男。 泣き言も言わず、でも慎重に臆病に生きざるをえなかった。 自分を捨てた父親との対面、恨みもしないが、相手にもしない。 人は頑張れるところは頑張...
「大阪池田小大量殺人事件」の宅間守 【訂正】... 先日、佐木隆三著 「大阪池田小大量殺人事件」の読後感めいたものを書いたけれど、あまりに著者に引きずられた感が否めず、なんか自分の中で引っかかっていましたので、しばらく自分なりに考えて、訂正すべきは訂正したいと思ったわけです。 宅間自身の言葉 「素質、運、環境だけでは片付けようのない、故意に邪魔する...
紫 陽 花 に か か る は 涙 小 糠 雨 あじさいに かかるは なみだこぬかあめ 梅雨の時季に咲き誇る紫陽花には、やはり雨がよく似合います。 額紫陽花も丸いものも、最近入ってきた緑や白、そして細長い外国産のものも、変わらず静かな雨に濡れた姿がステキです。 静かな雨は涙やもしれぬと。 病や失恋、仕事、生活のあらゆる場面で、思うようにいかな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください