木 守 り に あ れ や こ れ や の 神 頼 み

きまもりに あれやこれやの かみだのみ

柿やユズを収穫する際、木のてっぺんにひとつ実を残しておきます。

来年もたくさん実がなるようにという、まじないのようなものです。

ついでにあれやこれやも願かけし、まったく欲深いものです。

まじないと言っても、実際には鳥が食べることが多いです。

鳥に実りを分け与えるためでもあります。

冬の夕空に、ぽつんと残っている実は、郷愁を誘います。

この句も読まれています。

出 水 市 つ る 観 察 セ ン タ ー 鳥インフルエンザで、世の中に警戒警報が発令された状態にあるのに、まだ餌を撒いているのだろうか。 見渡す限りツルだらけ。 12,034羽のツルがいるとのこと。 野鳥の会のメンバーが手分けして数えているらしい。 出水市周辺の養鶏場は平気なのか。 あの悪夢を忘れたのか。 そんな筈はないと思う。 それとも鶏...
都府楼(とふろう)の 礎石(そせき)に御用か かたつむり... 大宰府政庁跡の、大きな礎石に、かたつむり。 周囲の草原に潜んでいるのが、雨に喜んで出てきたのか。
春の雨 生地(きじ)に向き合う 裁ち鋏(たちばさみ)... 新しい布を、パリッと広げて、型紙を置いて、ハサミをいれる。 切ればもうそれまで。 失敗は許されない感じ。 緊張の一瞬。 雨降りの日がいいような気がする。 気持ちが集中する。 プロでもないくせに、習い事なのに、やっぱり真剣。...
新 し き 化粧 水 コ ク リ と 開 け て 秋... St.Regis Osaka 洗面 / Tezzca 今までの化粧水を変えた。まったく効果がないから。期待を込めて、新しい化粧水。今朝から。秋真っ盛り。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください