木 守 り に あ れ や こ れ や の 神 頼 み

きまもりに あれやこれやの かみだのみ

柿やユズを収穫する際、木のてっぺんにひとつ実を残しておきます。

来年もたくさん実がなるようにという、まじないのようなものです。

ついでにあれやこれやも願かけし、まったく欲深いものです。

まじないと言っても、実際には鳥が食べることが多いです。

鳥に実りを分け与えるためでもあります。

冬の夕空に、ぽつんと残っている実は、郷愁を誘います。

この句も読まれています。

梅 雨 出 水 一 切 合 切 (いっさいがっさい) 流 し ま せ... 豪雨でした / t.shigesa 梅雨もいよいよ終盤か。 激しい雨が叩きつけ、街は滝壺になったよう。 濁流は川岸を乗り越えんとし、アスファルトの道路は 溢れる水の持って行き場がなく、高架下は水没。 降って降って、溢れる水で、流してしまえ忘れたいこと。 苦い思い出、屈辱、侮辱。...
む ら 消 え の 雪 と 緑 の せ め ぎ 合 ひ... むらぎえの ゆきとみどりの せめぎあい 雪は5センチも降ると、人通りの多いところは 別にして、陽の当たらない庭や、大木の根元には、何日も何日も残るものです。 球根から芽を吹いた緑や、それより何より雑草の緑は、人間が寒さに縮こまっているうちから活発で、雪などには負けそうにもありません。 名残りの...
黒葡萄(ぶどう)  押し頂いて まず仏... 大きな房、黒々と光る一粒一粒。 硝子の皿に載せ、一瞬仏壇へ。
お の お の に 覚 悟 の あ る や 雁 渡 る... けがはないか。 体調は万全か。 家族は揃ったか。 渡り鳥が、どんな心境で、長い旅に出るのか知ることはないけれど、鳥といっても、それなりの準備や覚悟はするのではないか。 とにかく長旅である。 余計なお世話です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください