木 の 芽 山 待 た せ て 単 線 一 両 車

このめやま またせてたんせん いちりょうしゃ

日田彦山線。
一時間に一本。
湧き水があり、花があり、退屈することはなかったけれど、遠くから来る列車の姿を見たときには、さすがにほっとしました。
それも一両。
軌道の何がちがうのかわからないのですが、あれほどがたがた音を立てて揺れる電車は珍しいと思いました。
旅の一幕としては、とても愉快でした。
山は丸ごと若芽を吹き、桜は残り、シャガの花は咲き乱れ、待ち時間としては最高でした。

この句も読まれています。

竹 の 秋 ざ わ り と 天 に 近 き と こ... たけのあき ざわりとてんに ちかきとこ 竹は常にみどりの葉をつけていますが、地中にタケノコが育つころになると、勢いが衰え、葉が黄ばんできます。 それが木々の黄葉ににているので、「竹の秋」と呼ばれます。 日が当たったり当たらなかったり、影がちらちら動くのがおもしろくもあり散歩コースです。 風は...
百八つ 煩悩の渦 除夜の鐘 なかなか素敵な人間になれない。 まず、やさしく、次にいい意味できちんとした人間になりたいのですが、 なんか頑張っているのに、悪い人間じゃないのに、 いまいち信用されてない。 来年は、もっと考えてしゃべるようにしよう。 おもいやりのない発言を、ちょろっとすることがあるみたい。 気をつけよう。 過去の恨...
七草を 犬の小便 気になりて たまには、七草粥を、自分でそろえようと、 散歩に出たが、近くに畑もあぜ道もなく、 道端を探していると、犬がオシッコしてる んじゃないかと思って、何もとらずに 帰ってきた。...
新 人 の 紹 介 花 見 消 防 団 しんじんの しょうかいはなみ しょうぼうだん むかし農家しかなかった頃に作られた消防団。 歴史は脈々と伝えられ、隣町に自衛隊の駐屯地ができると、その官舎ができ、今ではベッドタウンとして新しく家を建てる若い人も増えたようで、小中学校も分校かと思ったら、けっこうな数の子どもたちが通っています。 地...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です