木 の 芽 山 待 た せ て 単 線 一 両 車

このめやま またせてたんせん いちりょうしゃ

日田彦山線。
一時間に一本。
湧き水があり、花があり、退屈することはなかったけれど、遠くから来る列車の姿を見たときには、さすがにほっとしました。
それも一両。
軌道の何がちがうのかわからないのですが、あれほどがたがた音を立てて揺れる電車は珍しいと思いました。
旅の一幕としては、とても愉快でした。
山は丸ごと若芽を吹き、桜は残り、シャガの花は咲き乱れ、待ち時間としては最高でした。

この句も読まれています。

石 橋 に 古 き 町 名 ( まちな ) の 梅 の 里... 町村合併が、歴史ある全国津々浦々の町名村名を亡きものにした。 「夜須町」なんて大好きな町名だった。 「筑前町」に変わった。・・・なんで? 誰が付けたのだろう。 町が市に昇格したわけでもないのに。 画像出典:三石橋 / masayukig...
新 雪 に 踏 み 跡 つ け て ポ ス ト ま で... 真っ白に積もった雪があまりに見事で、足跡をつけたくなかったのだけれど、やむなく新聞を取りに郵便受けまで震えながら行った。 行くときに付けた足跡を辿って帰った。 一日、外出はそれだけだった。...
花なれど 咲くほど寂し ユキノシタ... あまり日の当たらない場所を好み、い心地がよければ、つぎつぎと触手をのばすように、増えるユキノシタ。 なんと心細い地味な花だこと。スーっと20センチほど伸びて、小さな小さな花をぱらぱらとつける。 すずらんのような可憐さも、かわいらしさもない。 ナズナがでかくなったような感じかな。日陰で楚々と咲く。...
冬の川 石を転がし 砂を寄せ  昔広島から津和野に向かうバスの路線がありました。 なんという川でしょう。蛇行する川のその流れのとおりに 道がはしり、バスが行きます。 水が少ないせいか、石ころの多い川原でした。 結構長い道のりで、11月の今頃は日暮れが早く、刻一刻と暗くなる 風景はとても寂しくとても素敵でした。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください