木 の 芽 山 待 た せ て 単 線 一 両 車

このめやま またせてたんせん いちりょうしゃ

日田彦山線。
一時間に一本。
湧き水があり、花があり、退屈することはなかったけれど、遠くから来る列車の姿を見たときには、さすがにほっとしました。
それも一両。
軌道の何がちがうのかわからないのですが、あれほどがたがた音を立てて揺れる電車は珍しいと思いました。
旅の一幕としては、とても愉快でした。
山は丸ごと若芽を吹き、桜は残り、シャガの花は咲き乱れ、待ち時間としては最高でした。

この句も読まれています。

青梅は 紫蘇となじませ 瓶に詰め 梅雨の季節、梅干作りの季節です。
春の空 貨車鉄橋を 通過中 貨物列車。石油を積んで、根岸からやってくる。去年、3/17に動いたときは、心強かったよ。 / freedomcat 春真っ盛り。海にほど近い川の河口に造られた鉄橋を貨物列車が行く。橋だから、音は大きくなる。不思議と列車の通過音は気にならないどころか好ましくもある。車だとそうはいかない。もうそこに海が...
言い足らず 説明しすぎて 余寒かな 言葉はむずかしい。説明が足りず誤解され、 説明が過ぎて誤解され、後悔することする ことしきり。電話ではなお。そうやって 苦手意識が育つ。時間をおいて、少し距離 をとって、仕切り直し。深呼吸。...
冬木立 深い孤独に 身を寄せて すばらしかった秋の紅葉ももうお終い。すっくと立った大木はもうすっかり葉を落として、枝の先まで見通せる。寂しいと思うことがある。さみしさには強いつもりだけど、ときどきどっと来る。だからってどうしようもないんだけど。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください