有 明 の 遠 白 波 や 長 き 日 に

ありあけの とおしらなみや ながきひに

春になり、日が長くなりました。

いつまでも暮れない陽は、遠浅の海を映し、はるか遠くから白波を蹴立てて走り来る波は見ていて飽きることがありません。

沈みかけたお日さまも同じです。

この句も読まれています。

きりきりと ブレーキ軋む(きしむ) 冬の夜... わたしは、傷つかないと思われているらしい。適当に言って、言った瞬間忘れるみたい。キリっきりっとネジが締まる音がする。レベル1、薬なしで回復するか。もうわかるようになった。」...
稲 刈 り は 有 給 休 暇 本 柱 いねかりは ゆうきゅうきゅうか ほんばしら のんびりした団体にお勤めのようです。 社会福祉協議会というところだそうです。 稲刈りも、田植えも主力になって活躍です。 親孝行です。 地元の消防団にも入っていて、韓国に団体旅行にも行かれます。 和太鼓や、田舎芝居のサークルでも活躍です。 一部上場の一流企...
巻き固き 蕾あやめの 深紫(ふかむらさき) ... あやめは大好きな花です。花びらの大きい菖蒲や、淡い紫の杜若(かきつばた)や、アイリスではない、正真正銘のあやめに限ります。細くしゃきっと立った葉っぱの中に、固く巻いた尖った濃い濃い紫の蕾がある様子は心が躍る心地です。一年のうちわずか十日ほどの花の時季ですが、あ~夏が来ると実感します。...
衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜... おとろえの ひとつふたつを わすれじも 人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。 ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。 そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。 「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とす...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください