有 明 の 遠 白 波 や 長 き 日 に

ありあけの とおしらなみや ながきひに

春になり、日が長くなりました。

いつまでも暮れない陽は、遠浅の海を映し、はるか遠くから白波を蹴立てて走り来る波は見ていて飽きることがありません。

沈みかけたお日さまも同じです。

この句も読まれています。

海 の 色 映 し て う る め の 眼 か な... うみのいろ うつしてうるめの まなこかな うるめイワシ。 体つきは丸く、身体は青みが強い。 「うるめ」と名前にあるのは、脂瞼(しけん)という、透明な膜で、眼が覆われているため、うるんでいるように見えるからだと聞きます。 透明なうろこを通して、青い体が透けて見え、とてもきれいです。 眼の周りまで海の...
咲 き 初 め の 桜 な れ ば や 雨 も 愛 で... Cherry blossoms, 桜咲く. / T.Kiya 一部咲き、二部咲きであれば、散る心配がない。 滋養の雨となり、桜を慈しんでいるかのよう。 朝夕は、まだ寒さの残る、この気候なら、桜の寿命も延びようか。...
朧月夜に千鳥足 ただひとときの くちづけを... 春は春、朧月夜も長い日も、あえて春に酔いたいと思う。ふらふらと街にくりだし、また川沿いを歩き、一年に一回くら い紫色の夢を見てもいいと思う。...
夏さなか 植田の雲の 涼しかり 田植えが終わって、ほぼひと月。 苗は確実に育って、もう倍くらい伸びて、しっかり土を掴んでいる。 もう水に流されるんじゃないかって、心配は無用。 田んぼは満々と水をたたえて、入道雲も涼しげに映っている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください