有 明 の 遠 白 波 や 長 き 日 に

ありあけの とおしらなみや ながきひに

春になり、日が長くなりました。

いつまでも暮れない陽は、遠浅の海を映し、はるか遠くから白波を蹴立てて走り来る波は見ていて飽きることがありません。

沈みかけたお日さまも同じです。

この句も読まれています。

ビーズこぼれ 針で拾うて 春隣(はるとなり)... ビーズの古い財布の、がま口のところが甘くなって 修理しようとしたのだけれど、ぼろぼろとビーズが こぼれ落ちてどうしようもない。針先でひとつひと つ根気良く拾い集めるしかない。面倒だけど、同じ ものはもうないので、貴重なビーズです。こんな作 業も春を感じるからできるのです。何処かで春が生 まれているこ...
そ の と き は そ の と き な り と 山 笑 ふ... 横浜元町、ZOULI Cafeのランチコーヒー / akira yamada 心配ごとが絶えない。 ほとんどは、心配したって、しょうがない。 そして、わたしの想像した方向へは向かない。 だったら考えるのをやめよう。 新しく開店した店で買って来たコーヒーを淹れよう。 ひとりのティータイムとしよう。...
ああいつか ほっとしてみたい 春時雨... 今明け方、雨。わたしは何かしらいつも重い懸案事項を抱えている。ときに重苦しくて、こうして夜中に目が覚める。外は春の雨。なにも考えず、ただ雨の音だけ聞いて眠れる夜が来ればいいのに。...
今 生 の 別 れ 桜 の 咲 き 具 合 生きる時間の限られた人を見舞った。 穏やかに明るく落ち着いて、そして短い時間の訪問にしようと決めて、病室のドアの前で深呼吸した。 よく来てくれたと言ってくれた。 どうということもない他愛のない話をして終わった。 もう会うこともなかろうに。 山ほど話はあったのに。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です