有 明 の 引 き 潮 を 追 ふ 鰯 雲

ありあけの ひきしおをおう いわしぐも

一日に二回の干満を繰り返す有明海。
干潟。
その速さは驚くほどで、みるみるうちに海が無くなったり、水平線の向こうから、ひたひたと押し寄せる様は恐怖さえ覚えます。
空は秋のいわし雲。
見ていて飽きません。

この句も読まれています。

家中(いえじゅう)の 時計合わずに 目借り時... 時計が、少しずつ遅れたり、早かったりしてるのはとっくに気づいている。 合わせるのは、一仕事。 春のうらうらとした一日に、やり遂げる気力もなくて、結局テレビの時間で動いている。...
黄落(こうらく)の 天も地までも 独り占め... 銀杏並木が色付いて、はらはらと落ちる。 数枚の葉は、アスファルトの道路をからからと転げる。 黄落の絨毯を、空を見ながら歩く。 見渡すとひとり。 この贅沢はどうだろう。 クリスマスよりずっと素敵です。...
来 世 に は 白 魚 に な る 夢 を 見 る... べつにいいじゃない。 白魚なら。 いろいろ食べるけど、活きたままってね。
三 百 の つ づ ら 棚 田 に 水 巡 る 昔のひとの知恵だろう。 竹を切り、縦に割って、樋にして、水を流す。 そうやって、段差の激しい棚田の隅々まで、水を行き渡らせる。 作って、設置角度や方向を見ながらやるのだろう。 時間のかかる、手のかかる労力の限りを尽くすたいへんな仕事だろう。 しかも一軒だけでは、どうにもならない。 三百もある棚田に、...