有 明 の 引 き 潮 を 追 ふ 鰯 雲

ありあけの ひきしおをおう いわしぐも

一日に二回の干満を繰り返す有明海。
干潟。
その速さは驚くほどで、みるみるうちに海が無くなったり、水平線の向こうから、ひたひたと押し寄せる様は恐怖さえ覚えます。
空は秋のいわし雲。
見ていて飽きません。

この句も読まれています。

え つ 漁 の 客 行 き 交 ふ て 船 頭 傘... えつりょうの きゃくいきこうて せんどがさ エツは、筑後川でしか採れない、うつくしい魚です。 形はナイフのように研ぎ澄まされています。 えつ漁は、五月から七月初旬までとされます。 絶滅危惧II類に指定されており、守っていかなければいけないのだそうです。 遥かむかし、筑後川の船着き場にいた、みすぼ...
花 八 手 厨 ( くりや ) 口 ま で 日 は 来 ず に... 北九州市戸畑にある、国指定重要文化財 旧松本家住宅(西日本工業倶楽部) の一般公開に、先日11月1日に行って来た。 何せ、一般公開は、一年にたった一日。 行きたくても、仕事があるので今まで行けなかった。 明治専門学校、今の九州工業大学の前身を創設しまた日本の産業界の重鎮であった、松本健次郎氏の邸宅だ...
花八手 普通の暮らしの 日々のよに... 普通の暮らしほどいいものはないと、このごろ思います。 毎日がちょっと見ると同じように過ぎていく、でもそんななんでもない日常に支えられて、 人は成長するのだと思います。 一日を大切に丁寧に生きる。 わかっていても、なんかあったらバタバタと慌てて、丁寧どころじゃなく落ち込んでしまう、 そんな自分がいやに...
飛梅の 郷(さと)へ植樹の 幸あれと おだやかに謙虚に、思いやりをもっ て一歩一歩歩いて行けますように。 この先の苦難を乗り越えられますよ うに、思いを込めて、梅の木を植え た。人生は多難。年を重ねたからと いって、容赦しない。人を大切に、 特にわたしは控えめに生きていく。...