有 明 の 引 き 潮 を 追 ふ 鰯 雲

ありあけの ひきしおをおう いわしぐも

一日に二回の干満を繰り返す有明海。
干潟。
その速さは驚くほどで、みるみるうちに海が無くなったり、水平線の向こうから、ひたひたと押し寄せる様は恐怖さえ覚えます。
空は秋のいわし雲。
見ていて飽きません。

この句も読まれています。

河 童 (かっぱ) 忌 や 口 先 だ け の お 詫 び す る... 河童 - "kappa" is water spirite / briska8 芥川龍之介の命日が近いらしい。 当時、社会風刺が前衛的と言われたという「河童」 若松出身の火野葦平も河童が好きだった。 黄桜という酒のコマーシャルのおかあさん河童は素敵だった。 このごろはイメージチェンジして色気をなく...
梅 雨 ラ ヂ オ よ り 能 古 島 の 片 想 ひ... つゆらじおより のこのしまの かたおもい 井上陽水 能古島の片想い 「つきせぬ波のざわめく声に今夜は眠れそうもない。 浜辺に降りて裸足になれば、とどかぬ波のもどかしさ 僕の声が君にとどいたら、ステキなのに」 まさに、片想いの美学。...
タミフルを 飲めどさほどに 変わりゃせぬ... 風邪はつらい。 万病のもととは、よく言ったものです。 ながーく待って、ようやくタミフルを もらって、「これで大丈夫、これで大丈夫」と 大事に持って帰って、言われたように ちゃんと飲んでいるのに、なんか効いてるような 気がしないのです。 テレビでは、タミフルの効かない風邪が流行っている とか。湯たんぽ...
張り替えて 秋の西日の 障子張り 商事を張り替えた。夏の日差しで黄色に変色していたから。なぜにそんな元気が出たかというと、仕事が決まったから。なぜか、面接って、前の職場を辞めたわけを聞きたがる。嘘八百言うてやった。いじめられて耐えられなくなったからなんて、言えるわけないじゃないの。障子は布にした。近所の生地屋さんが夏のバーゲンやって...