有 明 の 故 郷 忘 る な 烏 帽 子 貝

一般にタイラギと言われる。
貝柱だけでなく、わた(タイラギのわた) も食す。
むかし、商店街のはずれで、大きな四角い缶にタイラギのわたを入れて売っていたおじさんがいて、よく買いに行かされた。
父の大好物で、シーズン中はどんぶりで食べていた。
痛風になったけど、タイラギの食べ過ぎと関係あったのか、なかったのか。
諫早の干拓で、あの悪魔のような堤防が下りるというか、落ちるというか
あれ以来採れなくなった。
かわいそうだ。
タイラギも、漁師さんたちも、わたしも。

この句も読まれています。

思 案 な り 試 し 試 し の 糸 と ん ぼ... とんぼの停止飛行は、見ていて飽きない。 鳥のように、目標に向かって一直線というのではなく、目標があるのかないのか、とりあえず飛んでみた格好で、えさを取るでなく、警戒しているふうでもなく、わたしには世間を見ているとしか見えない。 川のそば、小さな橋の欄干と、川に沿った道の上を、結構な群れで、高さはそう...
秋深し 蒲(がま)の穂綿(ほわた)に くるまれたし... 近頃は蒲を見ることもなくなった。以前は忘れられたような、空き地というか湿地のようなとこには蒲が生えてた。茶色のほんとに目立たない草だけど、昔々大国主命(おおくにぬしのみこと)は、鮫(さめ)を騙して、島へ渡ったウサギが、鮫から皮をむかれて赤裸にされて、うなだれてたところに通りがかって、蒲の穂綿にくるま...
ああ、これも 桜か宵の 散歩道 思わぬところで桜を見る。気にもかけなかった木が桜の花をつけている。どうでもいいけど、ちょっとびっくりする。...
小菊挿し 無縁墓(むえんぼ)秋を 堪能(たんのう)す... 霊園の片隅に二つ、⚪️⚪️市無縁墓と書いてある。 誰が供えたか、石の花入れに入りきれないほどの 黄色の小菊。右と左に。 通る人の心を癒す。 墓は生きている人のものだと実感する。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください