有 明 の 故 郷 忘 る な 烏 帽 子 貝

一般にタイラギと言われる。
貝柱だけでなく、わた(タイラギのわた) も食す。
むかし、商店街のはずれで、大きな四角い缶にタイラギのわたを入れて売っていたおじさんがいて、よく買いに行かされた。
父の大好物で、シーズン中はどんぶりで食べていた。
痛風になったけど、タイラギの食べ過ぎと関係あったのか、なかったのか。
諫早の干拓で、あの悪魔のような堤防が下りるというか、落ちるというか
あれ以来採れなくなった。
かわいそうだ。
タイラギも、漁師さんたちも、わたしも。

この句も読まれています。

山の藤 滝落ちるごと 紫の 山の山藤。 登れるところまで、登りつめて、滝のように花の房を惜しげなく落とす。 紫は濃く、ダイナミックで圧倒される。 作られた藤棚もいいけど、やっぱり藤は野生に限る。...
笹緑(ささみどり) 粽(ちまき)は白き 端午(たんご)の日... 20080505153909_E-330 / iskws 端午の節句に食べる。元気に育てと願いを込めて作るのだろう。ちまきを食べる習慣が今あるだろうか。笹の葉だと思うのだけれど、記憶がはっきりしない。緑の葉で白い餅のようなものを巻き込んで、蒸したものだと思う。甘くもなく特に味はしなかったように覚えて...
揮発油のごとく 蒸発したし 立冬の日... 懸案事項が山のようにあって、あれもこれもひきずって、疲れた日には ぽっと抜けたい。 人生に疲れはよくない。 休みたいのに、休めない。...
木の葉髪 つむじを隠す 術ばかり 髪が減った。髪さえ多ければ、きっと眠れる森の美女、 シンデレラ姫くらいにはなってたかもしれないのに、 つむじが気になって、色気が出ないでいる。 ふさふさとロールした美しい髪であるなら、おそらく 人生は変わっていただろう。 でも諦めてはいない。 今日美容室のお姉さんに尋ねた。わたしに似合う髪型。 わた...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください