月見月 萩の赤花 滝のよに

お月見の頃、赤い萩の花は満開を迎えます。
それはそれは大きな滝のようにふりそそぐ花や、落ちてくる木や葉を下から見ると、
感動します。
花のないあいだは、あまり目をひかない緑なのに、これほど赤い小さな花がまるで落ちてくる感じ
なのです。
やっぱり秋はいいです。

この句も読まれています。

冬桜 ふとたじろいで ときめきもせず... 冬に桜を見ると、ふと足を止め、見はするが、さほど感激はしない。やはり咲くときに咲くのがいいのか。返り花も好き ではない。...
新 山 や 樹 木 許 さ ず 山 眠 る しんざんや じゅもくゆるさず やまねむる 普賢岳は、あの土石流の跡を、うまく隠して普通に紅葉してすまし顔。 あの凄まじい噴火と火砕流で出来た、となりの通称平成新山。 猛々しく血も涙もない風采で、仁田峠の紅葉谷を横目に、其処にそびえます。 当時は、テレビの映像ながら、夜中にめらめらと溶岩が家々を飲み...
耳 納 山 系 湧 き 水 越 し に 色 づ き て... みのうさんけい わきみずごしに いろづきて 耳納山系、福岡県筑後地方に位置する山地です。 高い山があるわけではなく、なだらかな山々が連なっている感じです。 遠くに山系を望む地域では、水が豊富で、あちこちに湧き水が湧き出ており、町が、汲みやすい施設を作ったところもあります。 まるで蛇口から流れ...
通りまで 送って帰りは 冬の月 電車で帰ると言うから、駅に続く地下道まで送った。 ここからはまっすぐだから、大丈夫。 踵を返し帰り道。見上げれば冬の月。冷えるけれど 風のない冬の夜。こんなに長くお月さまと付き合うことも なかった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください