月見月 萩の赤花 滝のよに

お月見の頃、赤い萩の花は満開を迎えます。
それはそれは大きな滝のようにふりそそぐ花や、落ちてくる木や葉を下から見ると、
感動します。
花のないあいだは、あまり目をひかない緑なのに、これほど赤い小さな花がまるで落ちてくる感じ
なのです。
やっぱり秋はいいです。

この句も読まれています。

木の芽和え 料理の講釈 長きこと... 出てきたお料理に、説明をしていただくのは、ありがたいのですが、まあ長々と。 熱いものは、冷めてしまう。 料理の次は、店に来た有名人の自慢話。 終わらない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
梵 鐘 の 余 韻 何 処 ま で 秋 の 暮 空気が澄んでるように感じるのは、気温と湿度のせいだと思う。 PM2・5だって、変わりなく漂っているようだし。 ただ、つかれた鐘の音が、いつまでも響き渡って、動作を止めて聴き入ってしまう。 この辺りは、小さな氏神様が人知れず幾つもあって、梵鐘を抱えるほどの寺社も幾つか。 歴史はあるが、商売とはあまり縁...
透 析 は 仕 事 と 言 ふ て 濃 紫 陽 花... とうせきは しごとというて こあじさい 一回三〜四時間、週三回の透析は、素人が考えても負担の大きいことです。 病院の指導の通り行なっていても、体調の思わしくない日は多く、水分に制限があり、果物は食べられないと聞きます。 「仕事と思うことにしている」と気丈に語ったあの人も、ずいぶん頑張ったけれど...
幸せは 胸三寸と 落ち葉降る 幸せなんて、考え方ひとつ。 ひとには、大切なことやものがあるけど、いつ壊れるやもしれない。 壊れながらも、いま幸せだと思えることがあります。 ひとと比べない。 ちょっとでも楽しいことなら、小さなことも大切に思う。 できるときは、そうしようと思うけど、体調の悪いときや、もうこれは 基礎から崩れたと思う...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください