月見月 萩の赤花 滝のよに

お月見の頃、赤い萩の花は満開を迎えます。
それはそれは大きな滝のようにふりそそぐ花や、落ちてくる木や葉を下から見ると、
感動します。
花のないあいだは、あまり目をひかない緑なのに、これほど赤い小さな花がまるで落ちてくる感じ
なのです。
やっぱり秋はいいです。

この句も読まれています。

孤雲孤雲 冬の木立に 羊雲 はぐれたみたいな羊雲 木にひっかかったような、こんな雲が冬にもあるらしい。 たよりない、きれっぱしみたいな雲を見つけました。...
葉を落とす 兆し見せつつ 夏が逝く... 朝夕がやっと少し涼しくなったかと思ったら、もう確実に秋。いちばん初めては蔦か。もう散るモード。色は変わらない。なにも変わらないんだけど、力がない、気がする。あ、ワタシ、タンカきって辞めちゃった話は、ハイ確かしました。...
秋寒し イノコズチあり 行き止まり 最近は、服にくっ付いて離れない植物見ることが少なくなったけど、子供の頃はセーターにくっついて、取ろうとすると毛糸までついてきて困ったものです。 秋は深くなり、細い道の先はもう行き止まり。...
四畳半 若葉の影の そこかしこ わたしは畳の部屋が好きで、お金があれば、家じゅう畳にしたいのです。 特に玄関が畳の家にはあこがれます。 広さはまあ、六畳くらいはあってほしい。 部屋に入る手前に、なんと呼ぶのでしょう、小さい畳の部屋があるのが、また素敵です。 今ごろの季節は、庭の若葉が、畳に映り、風で樹々が揺れると、畳も人の顔も影が...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください