暮れ行きて 藤紫の 春深し

春の宵はむらさき。ゆらりゆらりと日が落ちて、なんの花の香りかほのかに香る。大きな道路をちょっとはいった路地なんか歩くのがいい。下手すると、元の道に戻れなくてとんでもない目に遭うこともあるけど。

この句も読まれています。

苗落ちて 立ち直るまで 二三日 田植え機に乗せる時に落ちたのだろうか。 水を張った田んぼの端っこにぜったい植えたのではない苗が心細げに寝そべっている。 水に馴染み、土に立ち、これから大きくならなければならない。 足を踏ん張る時間。...
柿たわわ もう亡い人と 青い空 遠い世界に旅立った人に、聞いて見たいことが五万とある。 早くに母親と別れて育ったから、聞きたいことは山ほどあるのに、 大人になって、再会した母は、そんなことには心を寄せない、 結構薄い、魅力のない人だった。 親と別れた子どものうちには、そんながっかり感を持つ人は少なくないのではと 想像する。 あなた...
草 千 里 雨 し ょ う し ょ う と 夏 霧 へ... くさせんり あめしょうしょうと なつぎりへ 端午の節句です。 ゴールデンウィークに隠れ、「憲法記念日もみどりの日もこどもの日も何でもいいからとにかく休み」になってしまいました。 山あいの峡谷の昔造りの百姓家では、大きなノボリ、何と呼ぶのか吹き流し?カザグルマのようなものがサオのてっぺんにあって...
野 分 来 し 灯 台 を 呑 む 怒 涛 か な... のわけこし とうだいをのむ どとうかな 次から次へと台風が来ます。 大潮と重なったと、防波堤などものともしない大浪が先端の灯台を呑み込むようすが映し出されます。 近くで見たいと、不謹慎な心が顔を出しかかります。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください