暮れ行きて 藤紫の 春深し

春の宵はむらさき。ゆらりゆらりと日が落ちて、なんの花の香りかほのかに香る。大きな道路をちょっとはいった路地なんか歩くのがいい。下手すると、元の道に戻れなくてとんでもない目に遭うこともあるけど。

この句も読まれています。

熱燗や 喉通り過ぎ 暫し(しばし)の幸... 熱燗の季節。わたしは、生ぬるいより、熱々が好きです。 喉を熱燗が通り過ぎるとき、しばしの幸せを感じます。 まともなら、幸せなんて、縁のないこと。 ただこの一瞬くらいは、全てを忘れたい。 単純なのかな。でもこれは生きる術。...
川風の 芒(すすき)の堤防 吹き渡り 堤防は、一面のすすき。 川は上流のダムの都合で、水が増えたりちょっと減ったり。 川風はススキを撫でるように吹き抜ける。 すすきは、穂を出しかけて、今はもう盛り。 少ししたら、ふわふわの綿帽子を飛ばすのだろう。 よかったらクリックください。励みになります。...
じたばたと 今年も終わるか 秋時雨... 全くもう、今年もじたばたと動き回って、結局ここにいるのかと思ってしまうような一年でした。落ち着いて、流れに任せていたほうが、うまくいくことも多いと、人に言われ、自分もそう思っていたのに、結局年の初めからおたおたし、今もなんとなく落ち着かない。結局性分なんでしょうか。誠実に誠実に頑張ってるつもりなのに...
蜥 蜴 ( とかげ) 鳴 く 魔 が さ す こ と の 一 度 あ り... この人が、なんで?と思うことがある。 世の中の、小さなと言えば語弊があるが、この人がこんなことをと、周りの人間が驚く犯罪は多いに違いない。 そして、そのことで仕事を失くす、場合によっては、家庭も壊れる。 なんでこんなことをと、いちばん戸惑っているのは、本人かもしれない。 大きい小さいの差はあっても、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください