時雨降る 聞き流すこと むずかしく

人の一言が心に突き刺さって、とれない。
「あんた、人に感謝したことある?」
一体なんだろう。この人に、いじめ殺された人は
過去に何十人いるのだろう。
罰は当たらないのか。神様は何処を見てる。
そう、世の中は、自動販売機のようにはいかない。
悪いことや、人にいやがらせをしたら、すぐに天罰が下るようには
なってない。あまりそんなことばかり考えてると、
さらに自分がひどいことになりかねない。
スルーできればいい。
怒りはいかりとして、恨みは恨みとして、それはそれとして、
とりあえず今はスルーというのがベスト。
なかなかできないでいる。

この句も読まれています。

あ あ 言 へ ば こ う 言 ふ 人 の 秋 暑 し... 無抵抗。 / anko.gaku_ula 神さまの配剤か、どんな集団にも、苦手な人は存在する。 10人居れば、ひとりは必ず。 5人居てもひとりは必ず。 3人でも、ひとりは苦手が居るから、まことに困ったことである。 噛み合わない。 笑うところが違う。 軽い冗談を言い合っているのに、真面目に皮肉ととる...
鏡餅 飾りはせねど 鏡開 鏡餅などしない。 餅は固くなって、カビが生えるから。 餅は冷凍。 お皿に、餅と少しの水をいれて、ラップをして、レンジで解凍。 小豆を炊いて、鏡開きはする。...
地 雨 あ り 筍 竹 に 樹 々 青 く じあめあり たけのこたけに きぎあおく 激しい雨が一日中降り続きました。 地域的にも偏りなく、一定の激しさで、長い時間降り続く雨を地雨と言うらしいです。 咲き乱れた春の花は叩かれ、若葉は気のせいかぐんと緑を増し、今年豊作と言われたタケノコは、これもまたぐいと伸びて、竹の仲間入りをしただろうと想像し...
胡 桃 割 る 力 加 減 に 力 込 め 胡桃を割るのには、おおむかしはペンチを使っていたけれど、今はもうくるみ割り器で割る。 でも、力加減が必要なのは同じだから、とても気を使う。 弱すぎれば、もちろん割れないし、ばか力を発揮すれば、粉々になって、胡桃と殻が混ざってしまうし、後始末もたいへん。 ということで、肩に力が入り、眉間にしわを寄せて...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください