時雨降る 聞き流すこと むずかしく

人の一言が心に突き刺さって、とれない。
「あんた、人に感謝したことある?」
一体なんだろう。この人に、いじめ殺された人は
過去に何十人いるのだろう。
罰は当たらないのか。神様は何処を見てる。
そう、世の中は、自動販売機のようにはいかない。
悪いことや、人にいやがらせをしたら、すぐに天罰が下るようには
なってない。あまりそんなことばかり考えてると、
さらに自分がひどいことになりかねない。
スルーできればいい。
怒りはいかりとして、恨みは恨みとして、それはそれとして、
とりあえず今はスルーというのがベスト。
なかなかできないでいる。

この句も読まれています。

問うてから 答えに間のあり 春の月... 春の月、ぼんやりとおぼろ。 何か聞いて、しばらくして、返事のある、ぽやんとした人を連想する。 それはそれで、じゅうぶん魅力的です。 わたしは、ゆったりと、でもしっかりと考えてから答える、上品で誠実な人がすきです。 そうなりたいと、努力もしてはおりますが、道半ばというより、はるかです。 おっとりした印...
奈良漬けを 肴に今年の 酒を酌む 酒蔵開き、試飲するのだけれど、一杯の今年酒に、秋の陽射しで もおかんがついたかんじ。売ってるのは、奈良漬け、酒まんじゅう、 五目飯、酒粕などなど。 秋の一日。...
釣 り 忍 盤 の 水 に 漬 け 置 か れ つりしのぶ たらいのみずに つけおかれ 釣り忍。 シダ類の根を重ねて巻いて、軒先に吊るし、涼を呼ぶ風鈴やすだれと並ぶ、暑さを凌ぐための、むかしからの日本人の知恵。 水は毎日かけているのだけれど、この頃の熱波は凌ぎ難いようで、ときどきたらいに冷たい水を張ってしばらく行水させて、充分な水分補給をさせま...
短夜に セメント橋の なつかしさ 夏至のころの、長い夕暮れに思わぬところで、セメントの小さい橋を見つけたのです。 レンガのように歴史を語るものでなく、コンクリートのように、強くもなく、小さな川をちょこっと またぐのです。 こんな風景を見つけると、お得した気分です。天気の悪い、ながい夕暮れが似合うのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください