春 雷 の ご と 閃 い た 飽 き ら れ た

しゅんらいの ごとひらめいた あきられた

ずいぶんとむかしのこと。
好きな人がいました。
好かれていると信じていました。
というより、信じきっていました。
このまま幸せが続くと思い込むあたり、やはり若かったのでしょう。

何かおかしい。
距離を感じる。
それでもまだ、こっちを向いていると自信をもっていた。
どんな鈍感でもわかる日が来ました。
雷に打たれたごとく、自分が振られたことに気がついた瞬間。
バカだよね。
それでも待ちました。
待ち続けて、とうとう隣の家の掃除機の音が、電話のベルに聞こえるまでにおかしくなりました。
この先は、今でも思い出したくない。

この句も読まれています。

桃 冷 や す 水 の 当 た ら ぬ ご と 冷 や す... ももひやす みずのあたらぬ ごとひやす 食べごろの桃は、桃色というより薄い黄色をしています。 丹精込めて栽培されたこと、素人にもわかります。 どれだけ丁寧に、打ち身のないよう、新鮮なまま、食べる人に届けようと力が入っているかわかる気がします。...
生 身 魂 企 業 戦 士 の 影 今 も いきみたま きぎょうせんしの かげいまも 生身魂、年老いた人を、尊敬の念を込めてそう呼びます。 戦後の復興を支えた世代です。 夜昼なく働き通しに働いて、満員電車に揺られまたは工事現場を支え、懸命に過ごした日々だったことと想像します。 もうとうに現役を引退し、家のなかでも存在が薄くなりつつあるな...
ネ ル 解 く( ほどく ) 小 さ な 埃 ( ほこり ) 風 信 子 ( ヒヤシンス )... ひと昔前まで、「ネル」という布地はしごく一般的で、大人も子どもも冬のパジャマ (当時は寝巻きと言っていた) には必ずと言っていいほど、この布が使われていました。 少し厚みがあって、肌馴染みがよく、着ればそれだけで暖かい気がしたものです。 何故か今では珍しい物になってしまって、洋裁のクラスでは、「ネル...
もの思う 蛍の軌跡 追う夜は 蛍の飛び交う川のほとりに「ほたる駐車場あります。無料」とベニヤ板に墨で書いた看板があった。雨の上がった夜にたくさん飛ぶと聞いた。いろんなことが、とめどなく巡る。まずおとこか。ほたるにはおとこ。次はいままでの来た道。いばらの道。唄は、関口由紀。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください