春 雷 の ご と 閃 い た 飽 き ら れ た

しゅんらいの ごとひらめいた あきられた

ずいぶんとむかしのこと。
好きな人がいました。
好かれていると信じていました。
というより、信じきっていました。
このまま幸せが続くと思い込むあたり、やはり若かったのでしょう。

何かおかしい。
距離を感じる。
それでもまだ、こっちを向いていると自信をもっていた。
どんな鈍感でもわかる日が来ました。
雷に打たれたごとく、自分が振られたことに気がついた瞬間。
バカだよね。
それでも待ちました。
待ち続けて、とうとう隣の家の掃除機の音が、電話のベルに聞こえるまでにおかしくなりました。
この先は、今でも思い出したくない。

この句も読まれています。

長 月 の 海 風 を 嗅 ぐ 放 生 会 ながつきの うみかぜをかぐ ほうじょうや むかし、筥崎宮の大鳥居を過ぎると、道を一本渡ったところに、松林、砂浜ではなかったけれど、丸い石を敷き詰めたような黒っぽい浜の向こうはもう海でした。 埋め立てに埋め立てを続けた結果、海は遠くに遠くに下がり、泳ぐことなどとんでもないことになってしまいました。...
沙 羅 の 花 現 世 常 世 見 渡 せ り しゃらのはな うつしよとこよ みわたせり 沙羅双樹の花。 ほんとうは夏椿というらしい。 白いひとえの花は、清楚でしかも沙羅双樹の花と思えば、落花を踏むこともためらわれます。 トコヨとは、ウツシヨつまり今の世の対語のようです。 沙羅の花は、浄土にも咲くと言われます。 どちらの世界がたいへんか、聞い...
山 笑 ふ ク レ ー ム つ か ず 特 養 の 床 屋... あれはなに、オバQカット? こちらは刈り上げ金正恩スタイル? 老人ホームの出張理髪店。 誰も文句を言わない。こんなに可笑しいのに。 ぜんぜん似合ってないのに。...
叩くなよ いつか仕返し 梅雨の夢 ずいぶんと理不尽なことで、叩かれて育ったものだ。ずいぶんな時間を震えおののいて過ごしたものだ。返せ。わたしの心を。おびえた時間を。「人を許すことで、あなたも救われるの。仕返しなんて考えても、むなしいだけだわ。その人の幸せを心から願えるようになったら、あなたは大きな人間になれる。」 ふざけんな。仕返し...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください