春 陰 や 利 休 鼠 の 空 が 落 つ

しゅんいんや りきゅうねずみの そらがおつ

桜が咲きているときの曇りは「はなぐもり」といいますが、春陰は、サクラが咲いてないときでもいいます。

春の憂鬱を託すのに、大正期になってから好んで使われ始めたそうです。

「りきゅうねずみ」は、千利休つまり茶道由来の、茶葉のように緑がかったネズミ色です。

北原白秋 作詞 『城ヶ島の雨』のパクリです。

雨はふるふる 城ヶ島の磯に

利休鼠の 雨が降る

雨は真珠か 夜明けの霧か

それともわたしの忍び泣き

この句も読まれています。

稲 雀 届 か ぬ と こ ま で ち ょ い 逃 ぐ る... いなすずめ とどかぬとこまで ちょいにぐる 人の気配に驚いて、いっせいに飛び立つなら可愛げもあるけれど、被害の及ばないと思われるところまで測って逃げているふうなのです。 知恵がついたのか、もともと少しは賢いのか、カカシなんかにだまされるのか、疑わしい。 カラス並みにアタマいいかも。...
うず高く 新米積まれ 秋を見る スーパーで、お米を買った。赤いシールに新米って書いてある。もうそんな季節なんだ。いつまでも暑いけど。九月はもうすぐそこ。今年は頑張って、放生会行ってみようか。おはじきとプカプカするチャンポンが欲しい。...
雨 止 み て 長 く 滴 り 釣 忍 あめやみて 長くしたたり つりしのぶ 「忍」は、シダで湿り気のある岩間や樹の幹に生えます。 その根をたばねて、針金などで形をつくり、軒の端に吊るし、青々としたシダや、流れる風の生む涼しさを楽しむむかしからの知恵です。 水を絶やさないよう気をつければ、長い期間楽しめます。 形を金魚鉢形や舟形に...
秋 の 日 や 黒 板 知 ら ぬ 子 ら ば か り... 私たちのころは、当番がいて、黒板消しを外で、ぱたぱた叩いて、チョークの粉をとばしたものだ。 先生方は、それぞれに木製のチョーク箱を持っていて、当番は授業の始まる前に、わざわざ職員室に行き、教科書やらチョーク箱を教室に運ばされた。 自分で、持って来ればいいのに。 それが当たり前だった。 そのチョークの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください