春 陰 や 利 休 鼠 の 空 が 落 つ

しゅんいんや りきゅうねずみの そらがおつ

桜が咲きているときの曇りは「はなぐもり」といいますが、春陰は、サクラが咲いてないときでもいいます。

春の憂鬱を託すのに、大正期になってから好んで使われ始めたそうです。

「りきゅうねずみ」は、千利休つまり茶道由来の、茶葉のように緑がかったネズミ色です。

北原白秋 作詞 『城ヶ島の雨』のパクリです。

雨はふるふる 城ヶ島の磯に

利休鼠の 雨が降る

雨は真珠か 夜明けの霧か

それともわたしの忍び泣き

この句も読まれています。

台風の 予兆か遠雷 たたく雨 台風が今から来るぞって、危機感が、不謹慎ながら、わくわくする。吹くはずのないような強い風が吹いたり、スポットで強い雨が降ったり。戸締まりをしたり、植木鉢を下ろしたり、水をためたりして準備する。...
夏が往く 貨物列車に ススキの穂 盆がすぎ、暑さの中にほんのひとつまみの秋、まだまだほんの気持ち、でももうひと頑張り、秋まで。
たあいない 小さな幸せ 梅の雪 ようやく咲き始めた梅に雪が降り積む。 小さな花にも容赦無く雪は降り積む。 静かな風景。いますこし休んでいる。 すこし心を休める余裕がうれしい。...
葡萄酒を 注ぎて漆黒 闇となり 日の暮れが早い。 ワイングラスに、ワインというより、国産の葡萄酒を注ぐ。 つるべ落としの秋の日は、たちまち暮れて、もう漆黒の闇。 さあ、これから夜のひとりパラダイスの始まりです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です