春 陰 や 利 休 鼠 の 空 が 落 つ

しゅんいんや りきゅうねずみの そらがおつ

桜が咲きているときの曇りは「はなぐもり」といいますが、春陰は、サクラが咲いてないときでもいいます。

春の憂鬱を託すのに、大正期になってから好んで使われ始めたそうです。

「りきゅうねずみ」は、千利休つまり茶道由来の、茶葉のように緑がかったネズミ色です。

北原白秋 作詞 『城ヶ島の雨』のパクリです。

雨はふるふる 城ヶ島の磯に

利休鼠の 雨が降る

雨は真珠か 夜明けの霧か

それともわたしの忍び泣き

この句も読まれています。

ただ孤独 冬の空あり 波の立つ 冬の空、暗く低く,ときには冷たい風が吹きすさぶ。灰色の海には波がたつ。荒い波が繰り返し繰り返し押し寄せる。 ひとりだなあと思う。こんなところ来るんじゃなかったと思う。...
ち ち ろ 虫 自 分 は 自 分 比 べ ず ば... エンマコオロギ / omoon 人と比べない。あたしはあたし。 人生は、人それぞれ。とりあえ ず流れのままに、漂ってみよう と思う。あたしは、なんでもす ぐに人と比較して、羨ましがる 悪い癖がある。すべては心のも ちようひとつ。そこを間違うと 幸せを取り逃がしてしまう。危 ないところだった。きのうと...
団 塊 が 絶 滅 鰻 喰 ひ 尽 く し だんかいが ぜつめつうなぎ くいつくし 産めよ殖やせよの号令一下、言われたとおりにするかなまったく。 生産性のあるうちはよかったものの、今となっては完全に年金のお荷物世代。 図らずも若者の重荷となってしまいました。 ニホンウナギの絶滅危惧種指定まで、団塊世代のせいにするのは、いくらなんでもあ...
沙 羅 の 花 無 か り し 縁 と 諦 め よ... しゃらのはな なかりしえんと あきらめよ 縁あって知り合ったと勘違いもはなはだしい恋愛は、この世に星の数ほどあるものです。 ほとんどは間違っている。 あきらめることの辛さを知ることも、その後の人生には必要で、想いを深くするものです。 今は辛いけれど、淡々と粛々と為すべきことを行うことしか、処方は...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください