春 陰 や 利 休 鼠 の 空 が 落 つ

しゅんいんや りきゅうねずみの そらがおつ

桜が咲きているときの曇りは「はなぐもり」といいますが、春陰は、サクラが咲いてないときでもいいます。

春の憂鬱を託すのに、大正期になってから好んで使われ始めたそうです。

「りきゅうねずみ」は、千利休つまり茶道由来の、茶葉のように緑がかったネズミ色です。

北原白秋 作詞 『城ヶ島の雨』のパクリです。

雨はふるふる 城ヶ島の磯に

利休鼠の 雨が降る

雨は真珠か 夜明けの霧か

それともわたしの忍び泣き

この句も読まれています。

冬 帽 子 目 深 に 怖 い も の は 無 し... ふゆぼうし まぶかに こわいものはなし たいていは近所のいちばん近いスーパーで、買い物をします。 たぶん、いっぱいいろんな知り合いと出会っていると思うのです。 わたしは周りを見ない歩き方をマスターしていますので、わざわざ声を掛けてくださる方以外は、見えません。 商品しか見ない歩き方です。 よけいな...
秋寒し 今どこにいるかも わからずに ... s過ぎ去ってみないと、わからないことは多い。いま、こうしていることが、果たしていい方向に向かう足がかりなのか、まったく余計な無駄足なのか、人生は思いのほか短いような気がする。何か充実したいけど、いったい私はいま、どこにいるのか、こうしていることは、間違った選択の結果じゃないか、失敗が多かったゆえ、自...
もしかして 人に溺れて(おぼれて) ほととぎす... yやばいと思う瞬間があったりする。幸い長続きはしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください