春 財 布 牛 の 躰 の ど の 辺 り

はるさいふ うしのからだの どのあたり

きれいになめして、華やかな彩りのサイフ。

新春に買うと縁起がいいとか。

わたしは細々した、コインケースや印鑑ケース、ポーチなどを作って、ひそやかに販売しており、手芸店で端切れとして売られている革をときどき購入します。

器具で引っ掛けた跡や、チョークで線を引いたもの。

そんなところをよけて、使えるところをなるべく無駄なく使います。

まともな本革は、とても高価で、わたしみたいな零細な手作り屋には手が出ないからです。

そんな革は、確かに本革ではあるのですが、形はまちまち、まさに動物から剥ぎ取ったと思える形状です。

立派なバックや財布を作るのに使った残りです。

皮の端切れを売っていただけるのは、ありがたいことですが、キズがあると、しみじみ見てしまいます。

この句も読まれています。

何 処 ま で も 彷 徨 へ と 白 銀 の 芒... どこまでも さまよえと はくぎんのすすき 細い川の両岸に、はんぶん枯れかけて穂は白く今にも飛びそうなススキがえんえんと続きます。 国土の狭いと言われるこの国の、ここだけ砂漠のように取り残されて。 ススキは始め、赤い穂がすっと出て、なかなか広がらず若々しい穂はチカラを感じます。 広がり出すと際...
アスファルト 銀杏落葉の 走る走る... 博多駅の裏、オフィス街に立派な銀杏並木があります。今の季節は黄色の葉っぱがまるで桜がちるように、はらはらと散るのです。地面なら素敵な黄色い絨毯ができるのでしょうが、なんせアスファルト。落ち葉は落ち着くことができないのです。ことに今日のような風の強い日にはビル風に煽られて、あっちに走り、こっちに走りす...
夏至過ぎて 日暮れの街の 石畳 日暮れが遅い、夕方が長いのは、とてもうれしいことです。 町中がセピア色、風はまだ涼しい。 猛暑の前の、つかのまのいい時間...
冬枯れて なお堂々と 風知草 風知草は、繁っているときも花はなく、あくまで草でありますが、貫禄があって なかなか素敵です。 枯れて枯れて、もうすっかり茶色になってしまっている今日この頃ですが、 それでも一番見えるところに鉢を置いています。 枯れてもみせる草ってないものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください