春 財 布 牛 の 躰 の ど の 辺 り

はるさいふ うしのからだの どのあたり

きれいになめして、華やかな彩りのサイフ。

新春に買うと縁起がいいとか。

わたしは細々した、コインケースや印鑑ケース、ポーチなどを作って、ひそやかに販売しており、手芸店で端切れとして売られている革をときどき購入します。

器具で引っ掛けた跡や、チョークで線を引いたもの。

そんなところをよけて、使えるところをなるべく無駄なく使います。

まともな本革は、とても高価で、わたしみたいな零細な手作り屋には手が出ないからです。

そんな革は、確かに本革ではあるのですが、形はまちまち、まさに動物から剥ぎ取ったと思える形状です。

立派なバックや財布を作るのに使った残りです。

皮の端切れを売っていただけるのは、ありがたいことですが、キズがあると、しみじみ見てしまいます。

この句も読まれています。

ハローワーク むかし職安、今ハローワーク。9時 オープンなのに、8時半にはもう入 りきれない車が列をつくっている。 道路脇には満開の桜。訪れる人は それどころではないはず。職探しは ずいぶんと改善されて、ずらっと並 んだパソコンは、ほとんど待ち時間 はなく利用できる。ファイルをめく ることもなく、年齢や職種をぽん...
ふ ら こ こ の 鉄 の 鎖 の 錆 匂 ひ ふらここの てつのくさりの さびにおい ふらここは、ブランコのことです。 俳句を習うようになって知りました。 むかしのブランコは、座る処は木で出来ていて、鎖は鉄製。 握れば褐色のサビが手に付き、サビの匂いまで移ったものです。 高く漕ぎすぎると、鎖がたわみ、それが怖くて、思いっきり漕げませんでした...
や さ し さ の 振 り 歓 送 の 秋 の 宵... 梅酒 / shrk 追い出したくせに、歓送迎会かよ。 たいしたもんだね。乾杯。お疲れ さま。秋の夜の空気は心地よく、 これも人生のひとコマと思ってし まう。あたしは頑張ったと思う。 あとは野となれ山となれ。乾杯。...
口 蹄 疫 牛 の 怨 嗟 や 遠 い 夏 こうていえき うしのえんさや とおいなつ 宮崎県で、おそらく韓国から持ち込まれたとウワサの肉牛の病気、口蹄疫なるものが蔓延し、多くのウシが注射一本で殺され、埋められ、(ほとんど生き埋めに近いと思われますが)、酪農家の生活をおびやかし、これだけはと、嘆願された種牛も、すべて殺すことになった、悪夢があ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください