春 財 布 牛 の 躰 の ど の 辺 り

はるさいふ うしのからだの どのあたり

きれいになめして、華やかな彩りのサイフ。

新春に買うと縁起がいいとか。

わたしは細々した、コインケースや印鑑ケース、ポーチなどを作って、ひそやかに販売しており、手芸店で端切れとして売られている革をときどき購入します。

器具で引っ掛けた跡や、チョークで線を引いたもの。

そんなところをよけて、使えるところをなるべく無駄なく使います。

まともな本革は、とても高価で、わたしみたいな零細な手作り屋には手が出ないからです。

そんな革は、確かに本革ではあるのですが、形はまちまち、まさに動物から剥ぎ取ったと思える形状です。

立派なバックや財布を作るのに使った残りです。

皮の端切れを売っていただけるのは、ありがたいことですが、キズがあると、しみじみ見てしまいます。

この句も読まれています。

竹山(たけやま)に 寄り添うてあり 山桜... 竹の林の中に一本だけの山桜あり。竹の緑と、木々の緑と、万緑の緑のなかに、白い花。こんなところに。+
未 明 に は 雪 の 積 む 音 貨 車 の 音... みめいには ゆきのつむおと かしゃのおと 底冷えで目が覚めることがあります。 ふだんの寒さとはちがう、力の入った冷え方です。 そおっと外を覗き見れば、やはり雪です。 遠くを行く列車の音は、なかなか聞こえにくいものですが、途中に川があって、その上を通過するとき音がかわります。 そこだけは、よく聞こえ...
余寒なり こんな日に死ぬかと 思う通夜... この寒さ、一度春を経験したばかりに、余計に寒い。 お通夜だから、日が暮れてから行く。 不謹慎ながら、凍りつくほど寒かった。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
かきつばた ドクダミの中に 凛として... ドクダミの繁殖の力はとても強い。 そん所そこらの雑草よりはるかに強いのです。 かきつばた、たくさんあったはずなのに、今年はひとつしか咲いてないのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です