春 財 布 牛 の 躰 の ど の 辺 り

はるさいふ うしのからだの どのあたり

きれいになめして、華やかな彩りのサイフ。

新春に買うと縁起がいいとか。

わたしは細々した、コインケースや印鑑ケース、ポーチなどを作って、ひそやかに販売しており、手芸店で端切れとして売られている革をときどき購入します。

器具で引っ掛けた跡や、チョークで線を引いたもの。

そんなところをよけて、使えるところをなるべく無駄なく使います。

まともな本革は、とても高価で、わたしみたいな零細な手作り屋には手が出ないからです。

そんな革は、確かに本革ではあるのですが、形はまちまち、まさに動物から剥ぎ取ったと思える形状です。

立派なバックや財布を作るのに使った残りです。

皮の端切れを売っていただけるのは、ありがたいことですが、キズがあると、しみじみ見てしまいます。

この句も読まれています。

剪定の 遅れて鋏(はさみ)の おろおろし... バルコニーガーデンにも春 / Norio.NAKAYAMA 時期を逃した。芽の出る前に 切り落とさなければいけない のに、忙しさにかまけている うちに、もう新芽がしっかり とついている。剪定鋏を振り 上げたものの、切るに忍びな く、結局切ることはできなか った。花が小さくなるのだろ うか。しょうがな...
新豆腐 白き汁の したたりて 福岡の那珂川町から佐賀に抜ける道、佐賀橋のバス停から右に入ったところに、豆腐屋があります。 え、こんなところ…と思う山の中、涼しい店先で、出来立ての豆腐を食べると、 ふuu-と息をつくのです。...
兼 用 の 傘 と 薬 と 持 ち 歩 き むかしは日傘で、おおかたよかった。 最近の気候は、晴雨兼用の傘の出番が多く、売り上げも伸びているとか。 バックに、兼用傘と常備薬持っておけば安心。 使わなくとも。 乗り物に乗っても。 降りても。...
田中慎弥の掌劇場 「書いている、読んでいる」毎日新聞8月9日 (日) 12面掲載... わたしは何故か、このひねくれた作家の、ひねくれた心根で書かれた、ひねくれた文体による、ひねくれた文章に惹かれる。 好きで堪らない。 この人、何とは無しに書いているようで、結局苦労づくめの人生だと、わたしは思っている。 何冊か、他人事のように書かれた著書は、おそらく本人の自伝であろうし、今回の自殺に関...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください