春 薄 暮 沼 に 水 輪 の 広 が る を

はるはくぼ ぬまにみずわの ひろがるを

夕べの情緒は、秋がいちばんと聞くけれど、春の夕べも素晴らしいと思います。

景に川や湖、沼など水が入れば、その趣きはより増すような気がします。

沼には生き物がいるのか、幾重にも輪ができて広がっていくのを、もう少しで暮れきるなかで、ぼんやり見ています。

この句も読まれています。

ネ ル 解 く( ほどく ) 小 さ な 埃 ( ほこり ) 風 信 子 ( ヒヤシンス )... ひと昔前まで、「ネル」という布地はしごく一般的で、大人も子どもも冬のパジャマ (当時は寝巻きと言っていた) には必ずと言っていいほど、この布が使われていました。 少し厚みがあって、肌馴染みがよく、着ればそれだけで暖かい気がしたものです。 何故か今では珍しい物になってしまって、洋裁のクラスでは、「ネル...
そこはかと お日様の味 干し大根 陽に干した大根、つまり沢庵。 しっかりと干されて、甘みがでる。 大好きで、食べ過ぎて、後悔する。ご飯を食べてしまうから。 確実に太る気がする。...
焼 き 茄 子 や 隣 の 電 話 右 往 左 往... やきなすや となりのでんわ うおうさおう 焼きなすは夏料理の定番です。 ナスと油は相性がいいのですが、アブラを吸い過ぎるのが気になっているので、ただ焼いてかつお節などふわっとのせて食べる焼きナスは大好きです。 ただ皮ごと焼いて、焼きたてのうちに皮をむくのが、たいへんと言えば大変です。 指先を...
足 元 は 春 火 鉢 な り 乾 物 屋 この寒さの中、開けっ放しの店で、元気な呼び声。 ときには雪がちらつく日が続いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください