春 薄 暮 沼 に 水 輪 の 広 が る を

はるはくぼ ぬまにみずわの ひろがるを

夕べの情緒は、秋がいちばんと聞くけれど、春の夕べも素晴らしいと思います。

景に川や湖、沼など水が入れば、その趣きはより増すような気がします。

沼には生き物がいるのか、幾重にも輪ができて広がっていくのを、もう少しで暮れきるなかで、ぼんやり見ています。

この句も読まれています。

ああしても こう動いても 蟻地獄 ... ついてないときは、努力しても、頑張っても、どうしようもない気がします。 人生の蟻地獄です。
梵 鐘 や 秋 の 周 波 に 乗 り て 来 し... ぼんしょうや あきのしゅうはに のりてこし 夜が明けきらぬころ、遥か遠くの方から、鐘の音が聞こえます。 一年を通して、休むことはありません。 最近の朝晩の冷え込みようで、空気が澄んだ気がして、心なしか鐘の音もきれいに聞こえるのは気のせいでしょう。 まっすぐに、近づいたか、はっきりと聞こえるの...
思 案 し て 試 し 試 し の 糸 と ん ぼ... イトトンボ 糸蜻蛉 Zygoptera. #Damselfly #macro #olloclip / norio_nomura 少し行っては立ち止まり、考え考え 飛ぶ秋の風物詩。もう少しで夏が終 わること実感する。今年は盆を過ぎ て、毎日雨が降る。...
雲 梯 の 鉄 の 匂 ひ と 冷 た さ と うんていの てつのにおいと つめたさと 近道になる公園で、なかなかうまくぶら下がれない幼い子のお手伝いをして、ついでに自分も久しぶりに握ってみました。 自分がこんなに重いんだとガッカリです。 金木犀全開の公園は、気温が低いせいか、親子連れがひと組と、あと数人。 ゆったり過ごせます。 うんていの、ぶ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です