春 薄 暮 沼 に 水 輪 の 広 が る を

はるはくぼ ぬまにみずわの ひろがるを

夕べの情緒は、秋がいちばんと聞くけれど、春の夕べも素晴らしいと思います。

景に川や湖、沼など水が入れば、その趣きはより増すような気がします。

沼には生き物がいるのか、幾重にも輪ができて広がっていくのを、もう少しで暮れきるなかで、ぼんやり見ています。

この句も読まれています。

舞う雪を よけるに足らず プラット ホーム... 雪の舞うホーム。 よけるところもなく、階段の横に佇む。 冷えて、凍えて、今年も過ぎる。 iPhoneからの投稿
刺繍 のこと ししゅうにはいろいろ種類があります。 フランス刺繍、スウエーデン刺繍、日本刺繍、クロスステッチ、刺し子、他にもたくさんあるのでしょうが、わたしが知っているのはこんなものです。 わたしは、がま口のサイフや化粧ポーチ、印鑑ケースなどをネットで出品して、わずかばかりの報酬をいただいているのですが、材料...
図書館に 咳(せき)の響いて 冴返る... インフルエンザ真っ盛り。 広い館内の、何処かで、誰かが咳き込んだり、くしゃみをしたりすると、 悪い風邪ではないかと、みなさんが震えあがる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
鉛筆も 眉墨(まゆずみ)も研ぎ(とぎ) 大晦日... いろいろとちょこちょこ掃除した。 大したことはしてないが、それでも結構ゴミが出た。 鏡を拭いたり、化粧ポーチを洗ったり、鉛筆研いで ついでに眉墨も研いだ。 今年も辛かった。来年は少し休ませてくださいましな仏さま。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください