春 薄 暮 沼 に 水 輪 の 広 が る を

はるはくぼ ぬまにみずわの ひろがるを

夕べの情緒は、秋がいちばんと聞くけれど、春の夕べも素晴らしいと思います。

景に川や湖、沼など水が入れば、その趣きはより増すような気がします。

沼には生き物がいるのか、幾重にも輪ができて広がっていくのを、もう少しで暮れきるなかで、ぼんやり見ています。

この句も読まれています。

冬 薔 薇 あ し た の 空 を 疑 は ず ふゆそうび あしたのそらを うたがわず なにもこの寒空の下、開きかけた花びらは、何日もそのまま凍ったように、さらに縁取りのように白い雪がその形をなぞっている朝もあるというのに。 春になれば、プリンセスのドレスのような仲間が競って咲き出すというのに。 かたくなで、生真面目な、冬のバラがわたしは好...
ざる豆腐 アイスクリームの ごとく食べ... 冬の冷奴の冷たいこと。キンキンに冷えて、つるりと入る。ほんの少しお醤油を垂らして、大豆の味を噛みしめながら食べる。...
橋 脚 に 大 水 の 跡 持 ち 堪 え きょうきゃくに おおみずのあと もちこたえ 小さな石橋の橋脚に、流木や木の枝や、なんともしれないゴミの類が、引っ掛かったままです。 予想を超える量の山水が押し寄せた跡でしょう。 こんな小さな石橋が、よく持ち堪えたもの。 造りがしっかりしているのでしょう。...
魂 の 澱 も 流 せ と 土 用 波 たましいの おりもながせと どようなみ 赤ワインの底に溜まるわずかな沈殿物、オリ。 長く生きていれば、生活のオリ、心のオリ、人との関係で知らず知らずに溜まるオリ。 きれいさっぱり流してほしい。 白波を蹴立てて、人をも呑み込む勢いの土用の波なら。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください