春 泥 に ま み れ し 帰 還 消 防 団

しゅんでいに まみれしきかん しょうぼう団

消防団というのは、消防署とはちがいます。

基本的に地域のボランティアと称される人で形成され、火事の時、消防の手伝いをすることになっています。

歴史は古いです。

ボランティアとはいっても、有償です。

韓国旅行など美味しい特典もあり、それ目的に入団する人もいます。

どれほど役に立っているかについては、はなはだ疑問ですが、震災のように広範囲にわたる災害には欠かせぬものだと聞き及びます。

「消防車」にしようと最初は思いました。

消防車でも、俳句にはなるからです。

ただ、消防団の方が、人間を意味するし、歴史があるし、趣きがあるかと判断したまでです。

わたしは消防団を、とくに評価していません。

ウチのすぐ近所に消防署があります。

救急車ほどではないにしても、出動は多いです。

出るときは、サイレン猛々しいのですが、帰りは一般車両に混じって、静かに疲れきったように見えます。

ご苦労さまです。

この句も読まれています。

木 菟 の 鳴 く 星 の 隠 れ し 真 夜 な れ ば... ずくのなく ほしのかくれし まよなれば 木葉ズク、フクロウの仲間らしくて、夜行性、肉食。 正面に顔があって、見ようによっては人間みたいです。 昼間は身動きひとつせず、眼は瞑ったり開いたり。 寝ているわけでもなさそうです。 月も星も見えない漆黒の闇には、ふた声三声鳴いて、野ネズミやノラのネコ...
靴白く ピンヒールの 気の強さ あたしはペタンコ靴しか履いたことがない。大柄だから、いつもそれがコンプレックス。大柄が太ると、三倍デカく見える。昔、クリスマスパーティーで社交ダンスをしたことがある。小柄なオトコと踊っているのを、スペインのあのなんとかいうダンスかと思ったって言われた。バカにしてる。白い小さなピンヒールの靴で、クルク...
紫 陽 花 の 去 年 ( こぞ ) よ り 深 き 色 出 ( いで ) て... 紫陽花 / pika1935 特に肥料をやったわけでもないけれど、色の薄い額紫陽花、なんの変哲もない、平凡すぎる花だった。 隣に深い紫の丸い紫陽花を植えたした。 そちらは、今年の花は望めないよう。 わたしは、紫陽花が好きで、毎年挿し木を試みているが、素人で、知識がないため、ほんのニ、三例を除いて、...
サーバーの 最後の一滴 梅二月 毎日まいにちシールを集めて、努力の結晶で 手に入れたサントリープレミアムのサーバー 良く出来たもので、一瞬真空パック状態にな り、最後の一滴まで無駄にしない。手前に引 くとビール、向こうに押すとクリーミーな泡 地震が来たら、これ持って逃げるかもしれな い。人生の友だち。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です