春 泥 に ま み れ し 帰 還 消 防 団

しゅんでいに まみれしきかん しょうぼう団

消防団というのは、消防署とはちがいます。

基本的に地域のボランティアと称される人で形成され、火事の時、消防の手伝いをすることになっています。

歴史は古いです。

ボランティアとはいっても、有償です。

韓国旅行など美味しい特典もあり、それ目的に入団する人もいます。

どれほど役に立っているかについては、はなはだ疑問ですが、震災のように広範囲にわたる災害には欠かせぬものだと聞き及びます。

「消防車」にしようと最初は思いました。

消防車でも、俳句にはなるからです。

ただ、消防団の方が、人間を意味するし、歴史があるし、趣きがあるかと判断したまでです。

わたしは消防団を、とくに評価していません。

ウチのすぐ近所に消防署があります。

救急車ほどではないにしても、出動は多いです。

出るときは、サイレン猛々しいのですが、帰りは一般車両に混じって、静かに疲れきったように見えます。

ご苦労さまです。

この句も読まれています。

冬ごもり 白熱灯の 熱帯びて もう白熱灯は売らないらしい。節電じゃないし。 これで最後。 冬の白熱灯はいい。 熱を持って、ご飯がおいしく見えるし。 なにより、ほのぼのする。 きれいに掃除した部屋で、ストーブにお湯がしゅんしゅんと沸いている。 ほんとは火鉢が欲しいんだけど、一酸化炭素中毒になりそうでやめてる。 小さな丸テーブル(脚...
雁 帰 る 習 性 と い ふ 苦 悩 持 て がんかえる しゅうせいという くのうもて 秋に渡ってきた雁が、春になり繁殖地である北方へ帰ります。 ガンという鳥は、一度つがいになると、一生離れることはなく一夫一婦を守り通すと言われます。 オシドリとは大違いです。 オシドリ夫婦などと使われますが、言葉とは大違い、毎年相手を変えますから。 ...
花 殻 を 摘 み 来 年 も シ ク ラ メ ン... シクラメンもポインセチアも、咲き終わった花や、黄色に変色した葉を小まめに茎の部分から抜き取ることが大切。 そうすることで、株はもっと花をつけ、元気になる。 長持ちする。 もらったまま、放りっぱなしの花を見ると、かわいそうにと思う。 わたしは花を買うことや植えることには熱心になれないけれど、頂いた花を...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください