春 泥 に ま み れ し 帰 還 消 防 団

しゅんでいに まみれしきかん しょうぼう団

消防団というのは、消防署とはちがいます。

基本的に地域のボランティアと称される人で形成され、火事の時、消防の手伝いをすることになっています。

歴史は古いです。

ボランティアとはいっても、有償です。

韓国旅行など美味しい特典もあり、それ目的に入団する人もいます。

どれほど役に立っているかについては、はなはだ疑問ですが、震災のように広範囲にわたる災害には欠かせぬものだと聞き及びます。

「消防車」にしようと最初は思いました。

消防車でも、俳句にはなるからです。

ただ、消防団の方が、人間を意味するし、歴史があるし、趣きがあるかと判断したまでです。

わたしは消防団を、とくに評価していません。

ウチのすぐ近所に消防署があります。

救急車ほどではないにしても、出動は多いです。

出るときは、サイレン猛々しいのですが、帰りは一般車両に混じって、静かに疲れきったように見えます。

ご苦労さまです。

この句も読まれています。

冬 ざ れ や 鎌 倉 抜 け し 歴 史 本 國史大系 / Mixtribe Photo オヤジが死んだとき、歴史の本を読みたがっていたと、アホな母親は、棺に、約30巻の歴史のシリーズ本の中から、鎌倉時代を持ち出して入れた。葬儀屋の人は迷惑していた。ぶ厚い本は焼くのが大変だと、ページを少しずつまあるくして、風というか火が通りやすいように工夫して...
冬 の 陽 を 見 据 へ 丹 田 息 を す る... ふゆのひを みすえたんでん いきをする タンデンというのは、胃の後ろあたりでしょうか。 腹を据えるというイミで使われることあります。 この一年もう終わろうとしています。 来年がどんな年か、想像するだに恐ろしくもあるのですが、とにかく来年は来るのです。 ジムと歯医者を継続する。 サイフが売...
春の雨 生地(きじ)に向き合う 裁ち鋏(たちばさみ)... 新しい布を、パリッと広げて、型紙を置いて、ハサミをいれる。 切ればもうそれまで。 失敗は許されない感じ。 緊張の一瞬。 雨降りの日がいいような気がする。 気持ちが集中する。 プロでもないくせに、習い事なのに、やっぱり真剣。...
トケイソウ くるりくるりと 今はここ... なんともユーモラスなトケイソウの花が盛りです。 わたしは今ここ。 人生のこの場所は意外と心地よいのかもしれない。 肝心なのは、欲を出さないこと。ほどほどで満足する。 時給は、目が点になるほど、安いけど、態度のでかい看護師はいるけど、(昔から、なぜか看護師に天敵がいる)、 なんとなく続けていけそうな気...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください