春 朧 必 ず 垂 れ て 醤 油 差 し

はるおぼろ かならずたれて しょうゆさし

新しいのに。

最後の一滴が必ず垂れる醤油差し。

買うときに試すわけにもいかず、カタチや模様が気に入って買い求めたものです。

がっかりです。

春はおぼろ。

ようやく寒を抜けて、世間はサクラの話題しきりです。

この句も読まれています。

玄 関 に 選 挙 依 頼 の 淡 竹 あ り げんかんに せんきょいらいの はちくあり 新聞紙にくるんで、はちくの束が置いてあります。 あの人でしょう。 この時期ですから。 筍の季節が終わり、今はこれかと改めて気づきました。...
春朧(おぼろ) 催事の牛車の 後を行く... 春の色 / Konstantin Leonov 牛車が行く。お三味が行く。太鼓が響く。 春のおぼろの宮詣り。桜は吹雪となり、 草は萌え、むかしは田の中であったろう 道は、住宅街の中をいく。家々の庭先に は、こぶしが咲き、金木犀は新しい芽を ふき、アカシアは黄色の小さな花をつけ ている。今年も変わらぬ...
半 眼 の 蟇 ( ひき ) な れ 現 世 泰 然 と... 慌てておろおろするのが、わたしの大きな欠点です。 直そうと思ってはいるのですが、まるで事故のように、人生が展開するものですから、あっと気づいたときには、いつものおろおろ対応になりがちです。 ヒキガエルは、他の蛙例えば雨蛙のように、餌をとるとき、飛びつくようなことはなく、舌だけを出して捕獲するそうです...
あ れ こ れ も 晩 学 ぞ ろ い 吾 亦 紅... あれこれも 晩学ぞろい われもこう 人間いくつから始めてもいいと、よく聞くことです。 いいことはいいし、勝手だけれど、やはり若い頃に始めないとモノにはならないというのが実感です。 洋裁だって、先生に言われたように縫うことはできるけれど、自分の原型を作り、それに沿って製図するところから出来ないと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です