春 朧 必 ず 垂 れ て 醤 油 差 し

はるおぼろ かならずたれて しょうゆさし

新しいのに。

最後の一滴が必ず垂れる醤油差し。

買うときに試すわけにもいかず、カタチや模様が気に入って買い求めたものです。

がっかりです。

春はおぼろ。

ようやく寒を抜けて、世間はサクラの話題しきりです。

この句も読まれています。

雪降りて 積もる雪かと 人の問う 雪はいろいろ。 吹雪いていても、風がやめば消える雪もある。 牡丹雪は積もらないとか、積もるとか。 帰る頃にはやむとか、やまないとか。 あれやこれやと人はうるさい。...
深 閑 を 切 り 裂 い て 狩 る 鵙 ( もず ) の 性 ( さが )... Bullheaded Shrike enjoys autumn sky / coniferconifer わりと綺麗な色をしている。まるまるとしている。虫や蛙、小さな鼠や、驚くことに小さな鳥まで襲うという。くちばしと鋭い爪が武器。獰猛で激しいのも生きるため。...
ほ ろ 酔 い も 叩 き飛 ば し て 時 雨 か な... 20100417-E-12-B / Hinata-sennin 時雨というより、雹か、みぞれに近いのかもしれない。風は激しく、傘もさせないありさま。これも時雨というのでしょうか。誰もみな、一目散に家路を急ぎます。冬将軍の到来です。...
掃 除 す る た だ 水 仙 を 活 く る た め... 庭に咲いた水仙を活けたい。 まずは掃除。 何がなんでも掃除から始まる。 掃除って馬鹿にならないと、いつも思っている。 片付けたり、埃を取り除いたりすることは、まちがいなく心の健康に貢献する。 やたらと物が増えないように。 何か増やしたら、何か捨てるように心掛けている。 掃除が済んだら、鋏を持って庭に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください