春 朧 必 ず 垂 れ て 醤 油 差 し

はるおぼろ かならずたれて しょうゆさし

新しいのに。

最後の一滴が必ず垂れる醤油差し。

買うときに試すわけにもいかず、カタチや模様が気に入って買い求めたものです。

がっかりです。

春はおぼろ。

ようやく寒を抜けて、世間はサクラの話題しきりです。

この句も読まれています。

凌 霄 花 (のうぜんか) こ こ か ら 下 り 先 の 空... 凌霄花 / zamojojo ノウゼンカズラは、ほかの樹を頼りに 上へ上へとずんずん登りながら、キリッ とした花を咲かせて行く。 もうこれ以上登りきれないところまで 来ると、一瞬空に手を伸ばし、空を掴 んで、さあそこから一気に下りに入る。 その最後のところで、判断するのだろう。 潔いものだ。...
十 六 夜 や レ コ ー ド の 針 浮 き 沈 み... いざよいや れこーどのはり うきしずみ捨てられないレコードをほんとに何年ぶりにかけてみました。どうなっているか心配でしたけれど、ビロードの埃取りで丹念にほこりをはらい、針を落としました。よく見ると、平坦に溝をなぞっているように見えるけれど、微妙に浮き沈みがあることに今さらながら気づきました。「木曽は...
若樹(わかぎ)なれ 大樹の予感 若紅葉... maple tea / "KIUKO" 紅葉の木の下に、子供の紅葉を見つけて、植木鉢に生けておいた。何も手を加えないのに、春になれば生長して、いっぱしの紅葉となる。枝振りもそれなりに趣がある。便利な樹だ。日に日に葉はしっかりし、縁取りの紅い色ももう消えかけている。...
黄 櫨 紅 葉 心 臓 ま で も 赤 く 染 む... はぜもみじ しんぞうまでも あかくそむ はぜ・・・ロウソクの原料になると聞きます。 はぜの紅葉は、燃えるように真っ赤になって、情熱的です。 其処らのカエデの紅葉とは迫力がちがいます。 なんと言うか、たぎるような赤です。 ただ、マケる人がいます。 皮膚が赤くなって、痒みが出て、熱も持つようです。 用...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください