春 の 月 厨 の 湯 気 を 吸 う て か ら

はるのつき くりやのゆげを すうてから

春の月は、秋の冴えわたった姿とはちがい、どこかほんわりあたたかく、輪郭のはっきりしないところが特徴です。
家々の台所では、おいしそうな匂いがしてくる春の暮れ。
その湯気をちょっと吸ってからでも、遅くはなかろう。
もっそりした姿はそんなことを物語っている気もします。

この句も読まれています。

隙 間 風 た め ら う な 早 よ 諦 め よ... すきまかぜ ためらうなはよ あきらめよ オトコとオンナの間に吹く隙間風。 一度でも吹けば、もう破局に向けてまっしぐら。 もともと男女の仲は、関心が薄い方が、主導権を握ると言われます。 隙間風を修復しようとする努力は、相手方から見れば、むなしい、醜い悪あがきにしか見えないのです。 あきらめる...
猪 垣 に あ れ や こ れ や と 持 ち 寄 り て... ししがきに あれやこれやと もちよりて イノシシやシカが畑を荒らすのを防ぐために、トタンや有刺鉄線や 何やかやで、作った柵を、シシガキと言います。 畑はけっこう広いし、それをぐるりと囲むには、お金がかかります。 安くあげようと工夫するには、それなりの道具が必要です。 なんでもいいのです。 ...
冬 紅 葉 せ せ ら ぎ 枯 れ し 小 川 岸... そこいらの紅葉がほとんど葉を落としてしまっても、鮮やかな色を保ったままの美しい紅葉。 冬紅葉。 蛍が見られたころは、水量も多く豊かな流れだった小川が、冬ざれた今となっては、水枯れしてみる影もない。 せせらぎの合流地点には、楓の大木が、枝ぶりも良くこの寒空の下立派な冬紅葉となっているのを見つけて、ちょ...
ひと雨で テッセン絡み 登りおり 鉄仙を上手く均等に上に伸ばしたくて、ツルがまとまらないようにしてる。朝顔と同じ。つる同士が巻きつかないように。一晩の大雨で、絡みついてしまった。やっぱりそういうものか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください