春 の 月 厨 の 湯 気 を 吸 う て か ら

はるのつき くりやのゆげを すうてから

春の月は、秋の冴えわたった姿とはちがい、どこかほんわりあたたかく、輪郭のはっきりしないところが特徴です。
家々の台所では、おいしそうな匂いがしてくる春の暮れ。
その湯気をちょっと吸ってからでも、遅くはなかろう。
もっそりした姿はそんなことを物語っている気もします。

この句も読まれています。

復 旧 は 後 回 し 単 線 の 秋 ふっきゅうは あとまわし たんせんのあき JR日田彦山線。 台風の被害甚大で、修復というより、作り直しが必要なこと、素人でもわかります。 元々が赤字路線。 JRも自治体も、復旧しなければ、地域が衰退することわかっていながら、負担金の多さや、その割り振りに納得がいかないのか、どうにも進まず、代...
夕 陽 浴 び 欅 ( けやき ) 紅 葉 の 降 り しき る... Japanese zelkova / Zelkova serrata / 欅(ケヤキ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 大木である。秋の夕暮れ太陽の最後の力を浴び、いちだんと大きく見える。小高い丘から、色づいた葉を落とす姿は見ていて、時間が経つのを忘れるほど感動的である。この瞬間を目に...
放生会 親の因果が 子に報い 福岡市東区のハコ崎宮、秋の祭りにはたくさんの屋台や出店ができます。 にしきへびのしっぽを持った人、となりには、懐中電灯の動くとおりにうつろな目を動かす婦人 上半身だけが見える仕掛けで、つまり頭は人間、足はなくて、へびのしっぽがついている、ということなの です。 そのしっぽを持った人が、歌うように言う...
今日もまた どうにか暮れし 春深し... 一日が終わる。 大きなためいきがでる。 後になって、悔やむことが多い。 昨日の、飲み会、自分だけしゃべりすぎたんじゃないかな。 みんな楽しんだかな。 なんかあきれられたんじゃないかな。 あたしは、ついつい気を許して、警戒を解きすぎるところがある。 誰かを傷つけてないか。 普通なら、楽しかったねとか、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください