春 の 月 厨 の 湯 気 を 吸 う て か ら

はるのつき くりやのゆげを すうてから

春の月は、秋の冴えわたった姿とはちがい、どこかほんわりあたたかく、輪郭のはっきりしないところが特徴です。
家々の台所では、おいしそうな匂いがしてくる春の暮れ。
その湯気をちょっと吸ってからでも、遅くはなかろう。
もっそりした姿はそんなことを物語っている気もします。

この句も読まれています。

草 の 実 や ゼ ン リ ン 地 図 は と う に 消 ゆ... くさのみや ぜんりんちずは とうにきゆ ゼンリンの地図が、辞書より大事だった時代があります。 これがないと、初めて行く家が見つからない。継ぎ合せ継ぎ合せして苦労したものです。 値段は結構したと思います。 袋とじで売られていました。 まさか不要になるとは、想像もしませんでした。 時代は飛躍...
だからもう 忘れたのに 暮れの春 もう、恋愛はこりごりだって。 ご飯食べられなくなるし、 貧血みたいに、心臓ばくばくするし。 落ち着いて暮らしたいのに、妙に浮き上がるし。 とにかく疲れますから。...
野 焼 き 待 つ 下 が れ下 が れ と 追 わ れ し も... のやきまつ さがれさがれと おわれしも 阿蘇の野焼きは壮大です。 はじめは、どこに火が点いたやらさっぱりなのですが、しだいに舐めるように走り出します。 煙はまだ見えません。 相当な時間を経て、ぐわっと燃え上がり、それは圧巻です。 危険のないよう、消防の方々の準備、ご苦労を思いつつ、ちょっと...
蟹つりは 小さき頃の 桃源郷 竹の竿に、ひもをたらして、その先に漬物や、ちくわや、その他いろいろ結びつけて、 家の裏の小さな川(いま思えば、多分宇美川)に投げ入れると、川蟹が食いついてくるのです。 少ない少ない思い出です。 まだ母がいたころの…。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください