春 の 月 厨 の 湯 気 を 吸 う て か ら

はるのつき くりやのゆげを すうてから

春の月は、秋の冴えわたった姿とはちがい、どこかほんわりあたたかく、輪郭のはっきりしないところが特徴です。
家々の台所では、おいしそうな匂いがしてくる春の暮れ。
その湯気をちょっと吸ってからでも、遅くはなかろう。
もっそりした姿はそんなことを物語っている気もします。

この句も読まれています。

亡 い 人 も 集 う て お り ぬ 鍋 の 湯 気... モツモツもつ鍋! / hirotomo 知らなかった、長いこと。 あの子がずっとむかしに 死んでいたと。今日聞いた。 どうしたことか。なにが そんなに辛かったのかと。 この鍋を囲みなさい。貴方 のことを話している。みん な心配している。...
時雨来て 竹の林の ぐらりと揺れる... 竹林に吹く風はすごい。竹林に降る雨は激しい音をたてる。ザワザワビュービューごうごうと不安を煽る。
そ こ に お り 庭 師 の 休 憩 か た つ む り... 別に探す気もないが、思わぬところで、姿を見るのがカタツムリ。 植木の剪定の、ひと区切りついたのだろう。 庭の石に背をもたせかけて休憩をとる庭師さんの、すぐ横の、細長い茅( かや ) の葉の真ん中くらいの位置の裏にいる。...
屈辱の 染入る夜なり 秋の雨 男女の間に生じた屈辱感は、重い。 好きだっただけに、許せないものがある。 好きとかきらいとかを通り越した、人として許せない感情が芽生える。 そうなったほうが楽である。 恋い慕うより、憎むほうが楽である。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です