春暑し 喪服の衿の 汗ばんで

夏ならば夏の喪服だけれど、春は冬と同じ。朝夕は寒いけれど、昼間の暑さはもう初夏のよう。黒い喪服の衿がじっとり汗ばむ。弔いの席だというのに、そんなことを思う。人間なんてそんなもの。いつもいつも誠心誠意でなんていられない。疲れている…と思う。

この句も読まれています。

シ ネ マ 出 で ネ オ ン 運 び し 秋 の 川... わたしは、盛り場の夜の雰囲気が嫌いではない。 川面に映るネオンを見飽きることがない。 独特の匂いがする。 昼間通れば、汚れの目立つ、なんのことはない街が、変身するのが、むかしから面白かった。 綺麗なお姉さんの中に、ほとんどすっぴんの人もいた。 上客が付いていた。 薊のかずよさんて女性。 目がクルッと...
秋の風 介護ロボットなら よかり rロボットなら、ため息をつくこともなかろう。ああまたかと思うこともなかろう。介護は排泄、排泄が介護。
春 愁 や 異 動 の 噂 ご と き に て サラリーマンの宿命ながら、たいへん。 所詮は人と人。 極めても人と人。 善悪や仕事のやり方などではないとみる。 みんな苦労している。 みんなではない。 調子のいいのもいる。 だから不愉快で、ストレスになるのだと思う。 画像出典:snooze / istolethetv...
秋 が 追 ふ 疎 水 の 流 れ 速 け れ ば... あきがおう そすいのながれ はやければ 灌漑、取水のために造られた水路です。 山からの水は、昨日一昨日の雨のせいか、思った以上に多く、その分流れが急で、驚くほどです。 子どもなら足を取られてしまいそうです。 これから秋が深まれば、田圃は次第に水を落とし、稲刈りに備えることでしょう。 台風が来なけれ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください