春暑し 喪服の衿の 汗ばんで

夏ならば夏の喪服だけれど、春は冬と同じ。朝夕は寒いけれど、昼間の暑さはもう初夏のよう。黒い喪服の衿がじっとり汗ばむ。弔いの席だというのに、そんなことを思う。人間なんてそんなもの。いつもいつも誠心誠意でなんていられない。疲れている…と思う。

この句も読まれています。

幼 な の 尿 放 物 線 に 夏 き ざ す おさなのしと ほうぶつせんに なつきざす 小さい男の子がオシッコをするようすは、見ていてほほえましいものです。 カラダを少し反らせて、上手に一気に終わります。 年寄りはそうはいきません。 タラタラと時間がかかり、ようやく終わったと思ったら、終わってなくて、長い時間をかけ、最後は便器の手前をし...
無 人 駅 掃 か れ 小 菊 の 牛 乳 瓶 駅員も駅長も居ないながら、駅は活きている。 近所の何方かのお世話だろうか、わからない。 吸い殻も塵もなく、朝まだ早いというのに、きれいに掃かれ、打ち水もされ、古い牛乳瓶は花瓶に変身し、今朝切られたであろう小菊がぽんと載せてある。...
目借り時 干した布団で 甲羅(こうら)干し... あんまり動く気がしないことがある。 わたしは、そういうさぼり心は重んじる。 無理に始めたところで、余計散らかるだけ。 今朝はせいぜい布団干しだけ頑張った。 取り込もうと思って、思わず自分も乗っかってしまった。 となりの庭が見える。 お日様の匂いを嗅ぐ。 春爛漫。...
か き 氷 音 符 の ス ト ロ な ど 挿 す な... 塩沢プロパンのかき氷 / yoppy いまどき、かき氷にト音記号のストローなんかつける店があるんだ。 子どもか、むかしを知らないカップルなら、意外と受けるのかも。 わたしが食べるわけじゃないから、いいんだけど。 独り身のおばさんは、かき氷食べるのも、ままならないんだなと、ちょっと思った。 泊まるの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください