春暑し 喪服の衿の 汗ばんで

夏ならば夏の喪服だけれど、春は冬と同じ。朝夕は寒いけれど、昼間の暑さはもう初夏のよう。黒い喪服の衿がじっとり汗ばむ。弔いの席だというのに、そんなことを思う。人間なんてそんなもの。いつもいつも誠心誠意でなんていられない。疲れている…と思う。

この句も読まれています。

逆 回 り 賽 の 河 原 の 風 車 さかまわり さいのかわらの かざぐるま この世とあの世を分ける三途の川。 その河原が、さいのかわらと呼ばれています。 河原の石を積み上げて、一定の高さにしなければいけないのだけれど、あるところまでいくと、鬼が来て壊してしまうそうです。 カザグルマは、水子もしくは幼くして死んだ子供の魂を慰めるため...
いのこずち 投げて届けよ 我が想い... いのこずちは、触ったり投げたりすると、衣服にぴたっと付いて、離れません。 セーターなど毛糸ならなおさらです。 自分の想う人にあんなふうにぴたっと、伝えられたらどんなに楽だろうか。...
籾 種 や 弥 生 の 地 層 汗 し と ど もみだねや やよいのちそう あせしとど 大きな建物が建つ前には発掘調査が行われます。 何もなければすぐ終わるのですが、何かの片りんでも見つかった日にはタイヘンです。 以前にもマガタマの鋳型が出て、説明会までとり行われ大騒ぎになったこともありました。 発掘に季節はありません。 雨が降らないかぎり一...
あ っ ち こ ち よ き 顔 す れ ば 亀 の 鳴 く... 何処の世界にも、「気の合う仲間」といえば聞こえがいいけれど、度を越して派閥に近いものができたりする。 どうでもいいつまり、どちらにも嫌われたくないなら、じょうずに泳ぐしかない。 肝心な話には入らず、または聞いてないふり。 どうでもいいとこだけ、にこにこというか、へらへら参加。 この歳になって、わたし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です