春暑し 喪服の衿の 汗ばんで

夏ならば夏の喪服だけれど、春は冬と同じ。朝夕は寒いけれど、昼間の暑さはもう初夏のよう。黒い喪服の衿がじっとり汗ばむ。弔いの席だというのに、そんなことを思う。人間なんてそんなもの。いつもいつも誠心誠意でなんていられない。疲れている…と思う。

この句も読まれています。

バ ス 停 に 近 道 の で き 姫 女 菀 ( ひめじょおん )... せっかく植えられた植え込みに、踏みつけた跡。 おそらく常習的に、みんなが近道にしているんだろう。 植え込みはいつしか消えて、今はヒメジョオンが盛り。 雑草だから強い。...
来 し 方 は 真 夜 に 遠 火 事 見 る ご と し... こしかたは まよにとおかじ みるごとし 幼い頃から、ひどい虐待に苦労してきたと思う。 その後もずーっと後も、キズは尾を引き、なかなか生きて行くのは大変だと思いながら、その場その場でいちばんと思うことをしてきたつもりなのに、時間が経ってみると、ほとんどは間違いだったと言い切っていいと思えるのです。 ...
癩 の 家 闇 は 封 じ し 冬 の 雲 らいのいえ やみはふうじし ふゆのくも 国立療養所 菊池恵楓園 熊本県合志町。 全国最大規模のハンセン病療養所。 総面積18万坪。 創立100年をゆうに超える。 創設者は意外にもイギリス人ハンナ・リデル女史。 ハンセン病。 らい菌による感染。 感染力はきわめて弱いと。 95%の人...
時期はずれ あはれを増して 帰り花... 時期はずれの花をきれいとは、あまり言わない。 なんか変、どうしたんだろう、だいじょぶかな。 人もきちんとした方がいい、一応。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください