明 け 易 し 昨 日 の 難 儀 持 ち 越 し て

あけやすし きのうのなんぎ もちこして

夜明けが早くなりました。
ふしぎと早く寝ることができた日は、ゆっくりと目覚め、あれやこれやと引っかかることや、どうすれば角が立たず、思いが伝えられるかなどと思い巡らすときは、なかなか寝付けず、目覚めも早いのです。
夜は長い方が好きです。
落ち着くのです。
得した気分になれる気がします。
日が短くなると、仕事が増えたような気がするから不思議です。

この句も読まれています。

霜 月 の 我 が も の と せ り 満 々 月... しもつきの わがものとせり ままんげつ 天体のこと、さっぱりわからないのですが、今年の11月14日の月は、満月の中でも特に大きかったとか。 理屈は、いろいろ聞いたけれど、よくわからなかった。 ただ月は、それぞれの人のもの。 自分のために輝いていると確信します。...
春なれば 希望に燃ゆる わけもなし... 春がどうした。桜がどうした。なにがなんでも春は元気で、希望に燃えなければならないらしい。 ふざけんな。世の中には希望があふれているらしいが、あたしには関係ない。特に今年に限ったことでもないが。...
春一番 過ぎてなお吹く すきま風 きのう、台風のような春一番。 これでいちだんと春が近づいてくるのでしょう。 人の言葉や態度に感じたすきま風は、 そう簡単に吹き去るものではありません。 この人は、こんなことを考えてたのか。 こういうひとだったのか。 心臓がうしろに引っ込むときや、 心にすきま風が、吹いたり、吹きすさんだりすることが、...
冬の月 切った爪のよに 夜空にささる... キンキンに凍てついた空、凍って小さく光る月、 端の尖った爪のように見える。