明 け 易 し 昨 日 の 難 儀 持 ち 越 し て

あけやすし きのうのなんぎ もちこして

夜明けが早くなりました。
ふしぎと早く寝ることができた日は、ゆっくりと目覚め、あれやこれやと引っかかることや、どうすれば角が立たず、思いが伝えられるかなどと思い巡らすときは、なかなか寝付けず、目覚めも早いのです。
夜は長い方が好きです。
落ち着くのです。
得した気分になれる気がします。
日が短くなると、仕事が増えたような気がするから不思議です。

この句も読まれています。

働いて パーマかけたし 天の川 今日は七夕。 織姫と彦星が逢うらしい。 あたしだって、ちょっとは美しくなりたいものだ。 だんだん貧乏が身にしみてきた。...
春 の 雨 役 場 市 民 課 泥 ま み れ はるのあめ やくばしみんか どろまみれ 春の雨のあとのぬかるみはしつこくて、粘土質でなかなか乾かず、役場の玄関から、一番手前の市民課まで泥だらけ。 土地が低いせいか、水はけが悪いのか、大雨が降ると、かならずこうなります。...
従 来 の 立 ち ん ぼ 案 山 子 じゃ 騙 さ れ ぬ... Tired Scarecrows / Focx Photography まあ最近の案山子ときたら、芸術作品 かと見まがうほどの傑作揃い。しゃが みこんだり、立ち話したり、とても人 形とは思えない。カラスも雀も知恵が ついたのだろうか。むかしのあの、デ クノボウのような立ちっぱなしでは役 にたたない...
月 夜 に は 守 宮 ( やもり ) の 腹 の 白 か ろ う... 守宮、むかしはいっぱいいた気がする。 ガラス戸に身体に不似合いな大きな吸盤をつけて、ペタッとくっついているのを、面白がって、内側から、鉛筆の先で、コンコンと叩いて脅かしてやろうとしたが、ずうずうしくて、なんてことない風情だった。 いまでも、いないわけではない。 とても珍しくなっただけ。...