明 け 易 し 昨 日 の 難 儀 持 ち 越 し て

あけやすし きのうのなんぎ もちこして

夜明けが早くなりました。
ふしぎと早く寝ることができた日は、ゆっくりと目覚め、あれやこれやと引っかかることや、どうすれば角が立たず、思いが伝えられるかなどと思い巡らすときは、なかなか寝付けず、目覚めも早いのです。
夜は長い方が好きです。
落ち着くのです。
得した気分になれる気がします。
日が短くなると、仕事が増えたような気がするから不思議です。

この句も読まれています。

雛人形 幸多かれと 願うたに 初めてのひな祭り、幸せになりますように 人に愛されるように… 祖父母は祈りをこめて、親たちは未来を夢見、 でもなぜか思うようにはいかず、 つまづいたり転んだり、傷ついたり、 死にたくなったり、おひなさまは あんまり助けてはくれないみたい。...
迷わずと 遠慮もせずと 牡丹(ぼたん)の芽... Vår (pionknoppar) / Bochum1805 紅い色の芽を出す牡丹。出始めから、太い茎、そしてまっすぐ。決して可愛いものではない。立派な花を咲かせるために、毎年そうしているように。あるところまでくると、色は緑に変わり、わっと葉が出て横に広がる。自信があってとてもいい。...
余寒なり こんな日に死ぬかと 思う通夜... この寒さ、一度春を経験したばかりに、余計に寒い。 お通夜だから、日が暮れてから行く。 不謹慎ながら、凍りつくほど寒かった。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
鼻歌を 花歌と書きおり あたたかし... 葉書をもらった。 少しずつ春になっていくのが嬉しいと。 花歌が知らず知らずのうちに出ると書いてあった。 たしかに、この季節、鼻歌より、合ってるような気もする。 よかったらクリックください。励みになります。 ...