明 け 易 し 昨 日 の 難 儀 持 ち 越 し て

あけやすし きのうのなんぎ もちこして

夜明けが早くなりました。
ふしぎと早く寝ることができた日は、ゆっくりと目覚め、あれやこれやと引っかかることや、どうすれば角が立たず、思いが伝えられるかなどと思い巡らすときは、なかなか寝付けず、目覚めも早いのです。
夜は長い方が好きです。
落ち着くのです。
得した気分になれる気がします。
日が短くなると、仕事が増えたような気がするから不思議です。

この句も読まれています。

言 ひ 伝 う オ ラ シ ョ に な ご り 雪 覆 い... いいつたう おらしょになごり ゆきおおい 遠い遠い戦国時代から激しく続けられてきた、切支丹弾圧。 それは隠れキリシタンを産み、生活の其処此処に、例えば石段の脇、神社と見せかけて、灯籠まで置いて、集会所だったり、長い祈りの言葉を、口移しで覚えたオラショを産んだり。 正確には、カクレキリシタンと、ぜん...
鹿 児 島 産 え ん ど う 豆 を 炊 き 込 め り... かごしまさん えんどうまめを たきこめり わたしは豆ご飯が大好きで、スーパーで見かけると、すぐにご飯に炊き込みます。 いまは鹿児島産ばかりです。 すでに豆だけ取り出してパックにした物もありますが、やっぱりみどり色の鞘から出すのが新鮮な気がします。 豆ご飯は、きらいな人も多く、豆をぬいて、白ご飯にし...
四 温 来 し た び 三 寒 を 忘 れ お り... しおんこし たびさんかんを わすれおり 三寒四温、これを繰り返しながら春へと近づいていくと聞いてはいるのですが、毎年体験しているのに、さむいさむいと凍えているものだから、ちょっと寒さが緩むと、ああこれで春になると、寒さがぶり返すことを、寒の戻りがあることを、つい忘れてしまうのです。...
放生会 鳥居の上の 秋の空 放生会の行われるはこざき宮の鳥居は、確か三つも四つもあります。 海のそばから、お宮まで道路をわたって、参道が続きます。 どの鳥居の上にも、おんなじ真っ青な秋の空です。 放生会は夜もいいけれど、昼間も感動的なのです。 もっとも海は遠くなって、見えなくなりました。...