昆布茶(こぶちゃ)吹く 二月半ばの 風を聴く

梅昆布茶が好きで、一息つくときによく飲みます。
もう二月も半ば。正月が過ぎて、いつの間にこん
なに日が経ってしまった。季節を味わうこともな
くバタバタと過ごしている。食べるためとはいえ、
なんとも余裕のない人生だと感じます。

この句も読まれています。

金網の 塀の隙間に 狐の剃刀 狐の剃刀は、ごく普通のきれいな花だけど、一流の生け花ではない。 そんじょそこらで、子どものままごとに使われるような雰囲気の庶民的な花です。 金網から顔を出したり、子どもに引っこ抜かれたりしそうなかわいい花です。...
冷やし酒 つまみは要らぬ 相手も要らぬ... つまみでわざわざ酒の味を濁らせることはないのです。 食べながら飲まなきゃ……なんて医者以外のヤツから、言われたくはないものです。 わかっとるわい。...
山 峡 に 合 歓 ( ねむ ) の 大 樹 は 夢 を み る... 人に見られなくともいい。 褒められなくともいい。 ひとりで、こつこつと夢を続けたい。 人付き合いが、ひどく面倒に思える日もある。...
梅雨寒し 思わぬ人と 夢で逢い むしむしするけど、ちょっと寒かったりする、今頃の季節には、わたしはよく夢をみます。むかしから。 目が覚めてもはっきりと覚えていることが多いです。 とっくに忘れたはずの人が現れて、自分でびっくりすることがあります。 「夢で逢えたら」という歌が好きです。 「あなたに逢えるまで眠り続けたい」...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です