昆布茶(こぶちゃ)吹く 二月半ばの 風を聴く

梅昆布茶が好きで、一息つくときによく飲みます。
もう二月も半ば。正月が過ぎて、いつの間にこん
なに日が経ってしまった。季節を味わうこともな
くバタバタと過ごしている。食べるためとはいえ、
なんとも余裕のない人生だと感じます。

この句も読まれています。

ざばざばと 霙(みぞれ)降る 今年も終わる ... 年末ぎりぎりまで仕事、もう今年もあと何時間。すごい勢いでみぞれ降る。急ぎ足で帰る。今年が終わるというより、今日が終わる、それだけ。...
英 語 劇 白 雪 姫 の 立 ち 往 生 えいごげき しらゆきひめの たちおうじょう 「白雪姫」 森に連れて行かれ、猟師の温情で、殺されずに済んだものの、森をひとりさまようところ。 つまり独り言の部分。 ウッと詰まって、客席の方を向いて棒立ちに。 少しの時間で、気をきかせた7人の小人が、なだれ込むように舞台にもつれ出て、事なきを得た。 何...
一面の 青田の中に 警報機 見渡す限りの筑後平野。 細い水路や、狭い農道があり、単線電車の通る線路には、 一人前に踏切と警報機がある。 当たり前だけど。 あまりの広さと、踏み切りの小ささが 対象的。...
滝つぼに 沈んでしまえ この恥さらし... とんでもない人にとんでもないことを告白してしまった。 愚か者め でもあんまり後悔していない。 自爆だけどさ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください