旧 仮 名 の 文 庫 並 べ し 若 葉 風

きゅうかなの ぶんこならべし わかばぜ

小さな古い岩波や新潮の文庫本。
もうすっかり茶色で、めくるとかさかさと変に乾燥した音を立て、一面シミのような斑点に覆われたものです。
ほとんどは、自分で買い求めたものではなく、押入れの奥や、手の届かない棚の上の片隅で見つけたもの。
親か、そのまた親が遠い昔に買って読んだのだろうと思われます。

「ノンちゃん雲に乗る」「人間失格」「雁の寺・筑前竹人形」「こころ」「御伽草子」など。
人間失格は、45円。
雁の寺は、160円。

この句も読まれています。

稲 雀 丸 々 と な り 急 旋 回 いなすずめ まるまるとなり きゅうせんかい あたまに描く雀の何倍もメタボ。 何処で何を食べてる? 一年近くをかけて、手塩にかけて作られた米でしょうか。 最近では、案山子もキラキラテープもあまり見られなくなったような気がします。 稲雀は、群れで動きます。 すこしの異変でも、いっせいに飛び立ち、必要と...
霜 月 の 我 が も の と せ り 満 々 月... しもつきの わがものとせり ままんげつ 天体のこと、さっぱりわからないのですが、今年の11月14日の月は、満月の中でも特に大きかったとか。 理屈は、いろいろ聞いたけれど、よくわからなかった。 ただ月は、それぞれの人のもの。 自分のために輝いていると確信します。...
せ せ ら ぎ や 紅 葉 一 葉 の 疾 く 流 れ... せせらぎや もみじひとはの とくながれ ただの小さな小川だと思っていました。 岸辺のカエデがひらりと落ちたと思うと、もう先に先に流れて、それで流れの速さを知りました。...
誑 か す 暇 つ ぶ し な り 雪 女 郎 たぶらかす ひまつぶしなり ゆきじょろう 雪の深い地域ではなくとも、雪女はいると思います。 もうりょうと呼ばれる、人間に悪さをする類いの生霊です。 妖怪です。 つまり人間ではないのです。 抜けるように色白の美人です。 虜になる、憐れなオトコが、きっとこの冬の間にも何人もいるのでしょう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください