旧 仮 名 の 文 庫 並 べ し 若 葉 風

きゅうかなの ぶんこならべし わかばぜ

小さな古い岩波や新潮の文庫本。
もうすっかり茶色で、めくるとかさかさと変に乾燥した音を立て、一面シミのような斑点に覆われたものです。
ほとんどは、自分で買い求めたものではなく、押入れの奥や、手の届かない棚の上の片隅で見つけたもの。
親か、そのまた親が遠い昔に買って読んだのだろうと思われます。

「ノンちゃん雲に乗る」「人間失格」「雁の寺・筑前竹人形」「こころ」「御伽草子」など。
人間失格は、45円。
雁の寺は、160円。

この句も読まれています。

水 の 合 ふ 合 は ぬ は 確 か 蟇 みずのあう あわぬはたしか ひきがえる 人の世は、正しい、正しくないだけで動いているものではないと確信します。 人事なんて最たるもの。 そして無理して、気を使ったり、ゴマをすったりしても長続きはしないのではと思っています。 ヘタすると、自分が壊れてしまう可能性さえありそうです。 流れに任せて、言う...
焦っても 酒でも呑むか いわし雲 まったく待つのは疲れる。なるようになれじゃ。 ひとつおもしろいこと見つけた。職安で見つけた。あたしが辞めたとこ、次の人入って、一ヶ月で辞める、もしくは辞めてる。 _〆(≧ω≦*)♪ iPhoneからの投稿...
汗拭い(ぬぐい) 恋愛線を 確かめる 遠いむかし、人相見のおばさんに「失礼だけど、ご両親揃ってらっしゃる?」って聞かれて、 当時わたしは、両親が離別し、若い継母に毎日叩かれていて、 その時以来人相占いは当たると思っている。 手相も当たるのかもしれないという気もしている。...
烏 瓜 咲 い て 彼 の 人 絡 め と れ からすうり さいてかのひと からめとれカラスウリ。あの紅い実からは想像もできない、美しい花を咲かせます。カラスウリ自体が少なくなった現在では、見ることは難しいかもしれません。白い五弁の花、それにまとわりつくような、白いレース状の糸。夕方から夜にかけて咲きます。幻想的な花です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です