日の盛り 我慢の限度 切れる音する

むしむしと暑いときには、つまらないことも頭にきたりします…反省

この句も読まれています。

100パーの 新米粒の 光り帯び ちょっと人のせわをした。ほんのつまらないこと。 お礼と言って、新米をいただいた。スーパーで新米と表示されても、 2、3割しか入ってないと聞く。100%の新米なんて、食べたことがない。 水は少なめに。なんか粒が光って見える。 きっと美味しいのだろう。 ありがたいこと。...
今年米(ことしごめ) 押しいただいて 背筋伸び... やはり新米というのはすごいと思う。 わたしのような、ひねくれ者が言うのも可笑しいが、 作った人の手間を思う。心意気を思う。 今年の夏の暑さを思う。 ありがたいと思う。...
喉(のど)詰めて 死ぬ人のあり よき季節(とき)に... 秋になり、紅葉も見られる季節になりました。人の人生、明日のことはわからないと、つくづく思います。介護施設ではよくあることみたい。表に出ないだけ。...
地平線 見えて哀しき 春干潟(ひがた)... 水平線が見えていたはずの海が 地平線を見せて広がっている。 この広い地にやがてひたひたと 潮がくりかえしくりかえし訪れ る。この哀しさはなんだろう。 このやりきれなさは。説明のつ かない気分は。抗うことのでき ない人生の哀しさか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください