日の盛り 我慢の限度 切れる音する

むしむしと暑いときには、つまらないことも頭にきたりします…反省

この句も読まれています。

大地には 芽吹きの音す 雪の舞う 蔦、梅、かえで、木の名前はあまり知らないが、 春が近づいているのは、わかる。 来月になれば、「つぼみも大きくふくらんで、」と なるだろうきざしが、あっちこっちにすこうしずつ。 なのに、もう、人間関係につまずいている。 今年はどうなるのか、一年中つまずきっぱなしなのかな。 それも二箇所で、つまずいた。...
杉 玉 に 造 り 酒 屋 の 安 堵 か な あの丸い緑色の球は、杉の葉で作られているとのこと。 酒屋の玄関に、緑の杉玉には、お宮のお祓いがなされたのだろう、白い紙がつながったものが載せられている。 いい新酒が出来たのだろう。 空は青い。...
碧 色 の 切 子 の 皿 に 黒 葡 萄 以前旅行したとき、紺碧の空の色のガラス切子の不自然な丸い形の皿を買った。 色が鮮やかすぎて、皿のほうが目立ってしまい、なんとなく料理に合わず、 使えずにいたのだけれど、巨峰の黒い房を載せてみたら、意外としっくり見える。 紺碧の空、紺碧の海の底を、ちょっとだけ覗いたような。...
来 世 に は 白 魚 に な る 夢 を 見 る... べつにいいじゃない。 白魚なら。 いろいろ食べるけど、活きたままってね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください