日の盛り 我慢の限度 切れる音する

むしむしと暑いときには、つまらないことも頭にきたりします…反省

この句も読まれています。

秋台風 おかしなスパン 感じ取り 職場の空気が変わった。 昨日まで、どうにか親切だった人が、攻撃に転じた。 管理者もそれに乗る。 疲れてるなら、帰ったらと言われた。 わたしは疲れたなんて言ってない。 このパターンは覚えがある。 どうすれば乗り越えられるのか。 暗い顔をしていては、火に油を注ぐ。 おそらくたんたんと、媚びず、平然と、 ...
小判鮫 寒の水にも 増殖す 強い人間にぺたりと張り付いて、ご機嫌伺いばかりしている輩は、いつの時代にも、どこにもいるようです。 小判鮫は、寒さなんかに負けません。 わたしは、彼らとは、民族がちがうと、思うようにしています。 ただちょっと気になるのは、わたしは、小判鮫に反応しすぎていないかということです。 人がどう動こうが、関係...
地響きか 不安の種か 遠花火 tたぶん花火なのだろう。 地響きのような地鳴りがする。 心配事が心いっぱいに広がったときと同じような音がする。なんともいえない予感のようなもの。必ず当たるわけじゃない。当たらないことも多い。当たらないからといって、不安感が消えるわけでもない。...
炎天も 峠過ぎたと 言い聞かす 電力予想では今日と明日が大変だとか。 うだるようなというか、焼けつく中を毎日ハローワークに行く。毎日行って、どうなるわけもない。でも落ち着かない。探そうにも、次を当たろうにも、決着がつくまで、ハローワークには応募できない。焦る。焦る。 撮りだめしてた映画を見る。水曜日は千円だから、映画館に行きたいと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください