日の盛り 外仕事の我 日に射られ

暑い盛りの、屋外の仕事はたいへんです。
工事現場や交通整理や植木屋さんや頭がさがります。

この句も読まれています。

未 練 な ど た だ 木 下 闇 深 過 ぎ て... みれんなど ただこしたやみ ふかすぎて コシタヤミ。 夏のうっそうとしげる木立の下の暗がり。 昼でも暗くて涼しい。 夏の強い陽射しのもとでは、闇のようです。 未練などあろうはずもない。 ただコシタヤミが深過ぎて、足元が見えず、前に進めないだけのこと。 きっとそのうち歩き出せるはず。...
呟 き も 愚 痴 も 聞 か れ し 水 引 草... つぶやきも ぐちもきかれし みずひきそう 水引草。 タデ科。 秋の初めころ、緑色の葉からすーっと伸びた花穂に紅いつぶつぶの小さい実のような小花が咲きます。 並ぶように咲く、背の低い草です。 見かけのたおやかさとは裏腹に、石垣の間などでも平気で蔓延るしぶとさを持ちます。 愚痴のひとつひとつ、溜息のひ...
転 ず る も 福 と 為 さ ざ る 盆 の 月... 人生には、取り返しのつかないことが、あちこちに転がっている。 人は、何も考えず、いつも通りに歩き、地雷を踏む。 いつでもやり直せるなんて嘘。 苦しみとやるせなさを背負って、後始末の行脚を行うのが、その人にとっての人生となる。 幸せは、考え方ひとつなんて、気安く言わないであげてください。...
占 い は 当 て ず っ ぽ う な り 宵 の 春... うらないは あてずっぽうなり よいのはる 占いなんて信じてないくせに、美容院や歯医者に行くと、雑誌の占い欄は必ず見ます。 まず当たってない。 以前手相というものを見てもらったところ、生命線が途切れ途切れになっていると言われました。 とくに丈夫ではないけれど、今のところあまり困った状態ではない...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です