新 涼 や 流 れ に 乗 る も ひ と つ の 手

うまくいかないことの多いこと。
がむしゃらばかりが能じゃないらしい。
なるようにしかならないなら、力を抜いて、流れに身を任せてみようか。
時間が、物事のありようを変えることだってあるかもしれない。
一発逆転なんてことは望んでいない。
心配ごとは、しばらく心の隅の「気になること置き場」において、まずはふつうに生きていこう。

この句も読まれています。

ざわざわと 心が騒ぐ 冬の雷 冬の雷は、夏のあたりに響き渡り、空気が割れるような雷鳴ではなく、地の底から迫ってくるような くぐもった空恐ろしさがあります。 それはまるで良くないことが起こる前兆のような、得体の知れない胸騒ぎのようです。...
営々と 命の芽吹き 続けども よき春の年 数えるほどに ... 毎年春は巡ってくる。 変わらず季節はおとづれるけど、 よき春と思える年は少ない。いつもいつもあれやこれやと うんざりするほど抱えて、花見どころではない年もある。...
木 の 芽 山 待 た せ て 単 線 一 両 車... このめやま またせてたんせん いちりょうしゃ 日田彦山線。 一時間に一本。 湧き水があり、花があり、退屈することはなかったけれど、遠くから来る列車の姿を見たときには、さすがにほっとしました。 それも一両。 軌道の何がちがうのかわからないのですが、あれほどがたがた音を立てて揺れる電車は珍しいと思いま...
妬 み そ ね み 未 練 も 抱 へ 雪 女 郎... ねたみそねみ みれんもかかえ ゆきじょろう 雪女は妖怪であろうと思います。 それにしてもなんと人間的なのでしょう。 豪雪の中、命を助けたオトコを愛してしまった、妖怪とは思えぬ、いかにも人間的な、決定的あやまち。 わざわざ訪れ、美貌で釣り夫婦になり子どもまで成す。 妖怪が人間のこころを持って...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください