新 涼 や 流 れ に 乗 る も ひ と つ の 手

うまくいかないことの多いこと。
がむしゃらばかりが能じゃないらしい。
なるようにしかならないなら、力を抜いて、流れに身を任せてみようか。
時間が、物事のありようを変えることだってあるかもしれない。
一発逆転なんてことは望んでいない。
心配ごとは、しばらく心の隅の「気になること置き場」において、まずはふつうに生きていこう。

この句も読まれています。

町 名 は 橋 に 残 り て 春 の 果 ちょうめいは はしにのこりて はるのはて 平成の大合併が行われ、あちこちで古い町名が消え、隣町と一字ずつ取った、へんな、ゆかりも歴史もないまったくおかしな名前ができたり、誰がどう考えたのかクビをかしげるような名前が出来上がったりしました。 旧町名は、わずかに古い石の橋の欄干に残っているだけ。 ...
親戚を たらい回しの 子が笑う 子どもは賢い。とてもよく気が付く。とても気を使う。聞かないほうがいいことは、質問しない。寂しいときは笑う。わからない大人たちは、その笑いに安堵する。そんなはずないのに。心細くないはずないのに。世の中には、馬鹿な大人が多すぎる。...
春惜しむ 紅葉若葉は 自信つけ Maple leaves in summer / Takashi(aes256) 生まれたての蝉の羽のように 濡れたような艶の若葉はもう すっかり生長し、大きな陰を 作るまでになった。緑と言っ ても百を超える色があるだろ う。ひとつ面白いもみじを見 つけた。葉っぱの下に、紅い しべのようなものが下が...
表 札 に 尺 八 教 室 花 柘 榴 ひょうさつに しゃくはちきょうしつ はなざくろ もうずいぶん前から、「尺八教えます」の看板が掛かっていることは知っていました。 ただこの節、特に民謡に目が向けられることはなく、尺八の音を漏れ聞くこともありません。 看板は色が褪せてきました。 その代わりというのも失礼ですが、ザクロの木が大きく...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください