新 年 の 靴 脱 ぎ 石 も 凛 と し て

しんねんに くつぬぎいしも りんとして

年が明けたというだけで、空気が凛となるような気がして、気持ちがいいものです。

庭に出る平べったい靴脱ぎ石も、掃き掃除したから当たり前なんだけれど、正月の顔をしています。

この句も読まれています。

逢うことも ない人と逢う 熱帯夜 変な夢ばかり、立て続けに見ることがある。 過去の、あまり愉快ではない、後悔の思いが強いことが多いような気もする。 夏の夜は長すぎる。...
しゅんしゅんと 湯の沸く夕べ 春日暮れ... 春の気配といっても、まだまだ寒い。加湿器代わりにつけている、小さな小さなストーブだけど、結構すぐお湯が沸く。部屋は乾燥しないし、おそらくお肌にもいいかも。春の夕暮れ、お湯の沸く部屋で、ビール飲みながら、古い映画なんかみていると、幸せってこの程度でいいと心から思うのです。...
もみぢ踏み あしたのことの 気にかかり... もみぢの季節が大好きで、一年中待っているのに、 さあ十一月となると、煩雑な用事や、突発的な 身内の問題や、そこまで言わなくてもと思う 職場の上司や、あたしの落ち度に気を良くして、 ルンルンのとなりの席の人のにんまりといいこぶっているところが 妙に不愉快で、この大切な季節を逃そうとしている。 わたしが...
滝つぼに 沈んでしまえ この恥さらし... とんでもない人にとんでもないことを告白してしまった。 愚か者め でもあんまり後悔していない。 自爆だけどさ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください