新 年 の 靴 脱 ぎ 石 も 凛 と し て

しんねんに くつぬぎいしも りんとして

年が明けたというだけで、空気が凛となるような気がして、気持ちがいいものです。

庭に出る平べったい靴脱ぎ石も、掃き掃除したから当たり前なんだけれど、正月の顔をしています。

この句も読まれています。

暖 鳥 放 つ 優 し さ つ ひ と 見 え ぬくめどり はなつやさしさ ついとみえ おそらくハヤブサやクマタカのことだろうと言われている、仮想季語です。 猛禽類が、捕らえた小鳥の体温で、自分の身を暖め、翌朝になると、その小鳥を放してやるという話があります。 そして、小鳥の飛び去った方向へは、その日は狩りに行くことはないといいます。 こ...
シ ー ソ ー も ジ ャ ン グ ル ジ ム も 走 り 梅 雨... 夏休みの思い出 / e_haya これからしばらくは、お休みか。 児童公園は梅雨の雨の中。 鉄のジャングルジムも、シーソーの握り手も、すっかり冷たく固くなってしまった。...
去 年(こぞ)ま で は 嫗(おうな) 自 慢 の 柿 簾... 干し柿。 作るのには、とても手間暇がかかる。 まず、使うのは渋柿。 皮を剥くのだけれど、吊るすときに便利なように、ヘタと少しの軸をT字になるように残しておく。 そして熱湯をくぐらせる。 これはまあ消毒のようなものらしい。 干し柿に黴が生えないように。 それから、紐で結んで下げていくのだけれど、柿と柿...
天 の 川 浪 の 果 て よ り 立 ち の ぼ る... あまのがわ なみのはてより たちのぼる 夏の終わり、秋のはじめの頃の空。 星のきらめきと流れ星、流星群と言ってもいいかもしれません。 ずーっと沖の、夏を終えた海というより、深い海の底から立ち上がったように、その輝きはみずみずしく思えます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください