新 年 の 靴 脱 ぎ 石 も 凛 と し て

しんねんに くつぬぎいしも りんとして

年が明けたというだけで、空気が凛となるような気がして、気持ちがいいものです。

庭に出る平べったい靴脱ぎ石も、掃き掃除したから当たり前なんだけれど、正月の顔をしています。

この句も読まれています。

松虫に 台風の余波 被される 別に松虫がとりたてて好きなわけではないのですが、秋の夜長といえば、松虫かなと。 うちで鳴いているのも松虫に違いないと思われるのです。 台風が迫ってくる、あの恐ろしい感じ。 松虫は人間以上に震えているでしょう。 じわっじわっとくるのです。...
二 十 世 紀 梨 の 緑 も 熟 れ き り て... にじゅっせいき なしのみどりも うれきりて 九州では見かけることのない、鳥取の二十世紀と名前のついた、うす緑の小ぶりの梨。 ずいぶん前に亡くなった生母が毎年この季節になると、送ってくれていました。 「血は水よりも濃い」というけれど、いちばんたいへんな時に、助けてくれなかった肉親は、それだけのも...
干し大根 小春日和の 暖かさ 11月の寒い毎日でも、幾日か暖かい日があるものです。 大根はたくわんになるまで、干されるのでしょう。 今はまだ干したばっかり。 みずみずしい大根が日差しのなかにあります。...
短 日 や 飲 み 屋 早 め の 店 開 き 日が長いうちは、今頃からいいのかしらと思ったりもするが、日暮れが早いこのごろは、気分もゆっくりと、時期は早々と忘年会。 混まないうちに、予約が取れるうちに、女子会。 いくつになっても女子会は女子会。 オトコになるわけじゃないんだから。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください