新 年 の 靴 脱 ぎ 石 も 凛 と し て

しんねんに くつぬぎいしも りんとして

年が明けたというだけで、空気が凛となるような気がして、気持ちがいいものです。

庭に出る平べったい靴脱ぎ石も、掃き掃除したから当たり前なんだけれど、正月の顔をしています。

この句も読まれています。

変わらずの 炎暑にもトンボ たたずむ... 続く暑い日、変わらない炎天と思っていたが、とんぼが大群で、小さな川の上を、止まったり進んだりしている。空はまだ真っ青な夏の空、田んぼにはまだ青い稲が、頭を垂れることも無く勢いよく育っている。田んぼのまわりは、からす除けか、きらきら光るテープが張り巡らせてあり、いっそう暑苦しい。川には小さな石造りの古...
青 葉 風 い き な り 言 ふ な 余 命 な ど... あおばかぜ いきなりいうな よめいなど そもそも今までの、学者や医者ほどいい加減なものはないと思うのです。 それが世間に蔓延して、みんながまちがった知識を植えつけられ大きな迷惑をこうむるのです。 わたしが高校生のころ、体育の先生が言うには、 「女子がフルマラソンをしたら、死ぬ。身体の作りが、男子...
かやの葉が 折れんばかりに 白露かな... わたしはかやが好きです。 小さな株があっという間に大きくなって、ほとほと困るのも本当ですが、 かやは秋の象徴です。 狭い狭い玄関先にかやが生い茂って、秋の風情というよりも、空き家の風情です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です