新 人 の 紹 介 花 見 消 防 団

しんじんの しょうかいはなみ しょうぼうだん

むかし農家しかなかった頃に作られた消防団。

歴史は脈々と伝えられ、隣町に自衛隊の駐屯地ができると、その官舎ができ、今ではベッドタウンとして新しく家を建てる若い人も増えたようで、小中学校も分校かと思ったら、けっこうな数の子どもたちが通っています。

地元に早く馴染みたいと考える人もいて、新年度、一日の今日、花見を兼ねて、新人の入団式となったよし。

この句も読まれています。

冬 の 海 想 ひ 出 遠 く 波 の 間 に ふゆのうみ おもいでとおく なみのまに どうしてだろうかと不思議に思うことがあります。 暑い頃の海は白波も元気で、勇ましい。 心身ともに強い人しか相手にしないと思えるのです。 冬の寒さの中では、姿を変えます。 水平線の彼方に、そして波のまにまに、辛かった頃のこと、少しは楽しかったこと、亡くなった人...
梅雨さなか マンション引越し もっと降れ... 新築の大マンションができた。おかげで、あたしの部屋から 見える空は三分の二に減った。梅雨なのに、連日引越しの トラックが鈴なり、なんかリビングの照明なんか張り切ってるのが、 レースのカーテン越しに伝わる。そんなにうれしいかい。 おかげで夜は、明々として、かぐやひめが月に帰るようだ。...
寒菊を 折り取り 香りのすがすがし... 菊は小菊に限る。 大輪の菊は好きじゃない。 あたしは体がデカイのがコンプレックスだから、なんにしても大きいのは嫌いです。 寒菊の小さい花、その集まり、花のわりにはしっかりした茎と葉っぱ。 そしてなによりその香りの清々しさ…秋だと思うのです。...
雨 降 り て 袖 濡 ら し た り 乱 れ 萩... あめふりて そでぬらしたり みだれはぎ あれほどにたおやかで咲き誇るわけでもない、静かな美しさを漂わせた萩も、 暴風雨の後は見る影もなく、細い小径に覆いかぶさって、カニ歩きで通ったけれど、服は濡れてしまいました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください