新 人 の 紹 介 花 見 消 防 団

しんじんの しょうかいはなみ しょうぼうだん

むかし農家しかなかった頃に作られた消防団。

歴史は脈々と伝えられ、隣町に自衛隊の駐屯地ができると、その官舎ができ、今ではベッドタウンとして新しく家を建てる若い人も増えたようで、小中学校も分校かと思ったら、けっこうな数の子どもたちが通っています。

地元に早く馴染みたいと考える人もいて、新年度、一日の今日、花見を兼ねて、新人の入団式となったよし。

この句も読まれています。

海 べ り に 小 浜 ち ゃ ん ぽ ん 具 に 浅 蜊... うみべりに おばまちゃんぽん ぐにあさり 名物にうまいものなしと聞くけれど、 雲仙のふもと、小浜のチャンポンは美味しかった。 アサリは3月から4月が旬で、身がぷりぷりしているのですが、総じて小柄になってしまいました。 収穫後一ヶ月、其処の海に置けば、産地は最後の海になるとか。 中国で採って、熊本...
「田中慎弥の掌劇場」 痛快丸かじり。世間の、NHKの、甘くてうっとおしい思いやりや優しさやうるわしさに、吐きそうになっていたとき、というよりそういう自分に完全に気がつく前の、何というか居心地の良くない、なんか違うんだけど、それをうまく言葉にできないもどかしさを感じていたこの頃。田中慎弥は、見事に言い揚げてくれた。ウソっ...
鍋焼きの うどんでよし 暖まりたし... 寒い寒い 体も寒い、心はもっとへたばった。 とりあえず、暖まりたい。 なんかあったかいものを食べれば、 ちょっとは凌げるかもしれない。 なみだが、つららになって、 心臓に突き刺さる前に。...
秋 の 日 や 黒 板 知 ら ぬ 子 ら ば か り... 私たちのころは、当番がいて、黒板消しを外で、ぱたぱた叩いて、チョークの粉をとばしたものだ。 先生方は、それぞれに木製のチョーク箱を持っていて、当番は授業の始まる前に、わざわざ職員室に行き、教科書やらチョーク箱を教室に運ばされた。 自分で、持って来ればいいのに。 それが当たり前だった。 そのチョークの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください