新 人 の 紹 介 花 見 消 防 団

しんじんの しょうかいはなみ しょうぼうだん

むかし農家しかなかった頃に作られた消防団。

歴史は脈々と伝えられ、隣町に自衛隊の駐屯地ができると、その官舎ができ、今ではベッドタウンとして新しく家を建てる若い人も増えたようで、小中学校も分校かと思ったら、けっこうな数の子どもたちが通っています。

地元に早く馴染みたいと考える人もいて、新年度、一日の今日、花見を兼ねて、新人の入団式となったよし。

この句も読まれています。

春 の 月 遠 い 昔 の 恋 仇 ( こいがたき )... 満月- Fullmoon / emrank あれだけきんきんぷんぷん、穏やかでいられなかったものが、年月が過ぎれば、なんでもない。 なつかしささえ感じる。まず第一に、奪い合うほどのオトコか。 そんないい男は存在するのか。 わたしは知らない。 あんな時代もあった。...
蝉時雨 昨日の続きの 今日を行く なんか、休んだのか、休めたのか。 もうあしたになった。 蝉時雨がじゃんじゃんいう中、 夢遊病みたいに、今日も働きに行く。...
雪 ひ ら と 室 見 の や な に 降 り て 消 ゆ... 春の風物詩と言われて、室見川のやなにかかった白魚は、瞬く間に客に供されるのだろうか。 古来からの漁法といわれるやなに、春の雪が降ってはすぐに消える。...
急 ぎ ま す 木 の 葉 時 雨 を 存 分 に... 木の葉がまるで時雨のように降りそそぐ。 公園の中も傍の道も、今、盛りを過ぎたところか。 ここを抜けるのがいちばん近道。 もともとは松林だったようで、常緑の松はまだあちこちにある。 松食い虫の被害もあって、切り倒したあとに広葉樹を植えたようで、長い年月が経って大きく育ち、松と並ぶか、それを越す背丈にま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です