新 人 の 紹 介 花 見 消 防 団

しんじんの しょうかいはなみ しょうぼうだん

むかし農家しかなかった頃に作られた消防団。

歴史は脈々と伝えられ、隣町に自衛隊の駐屯地ができると、その官舎ができ、今ではベッドタウンとして新しく家を建てる若い人も増えたようで、小中学校も分校かと思ったら、けっこうな数の子どもたちが通っています。

地元に早く馴染みたいと考える人もいて、新年度、一日の今日、花見を兼ねて、新人の入団式となったよし。

この句も読まれています。

深 夜 に は 地 虫 鳴 き や む 蜥 蜴 ( とかげ ) 鳴 く... 釣瓶落としの秋の日が真っ暗闇になる頃から、秋の虫たちの大合唱が始まる。わたしは寝るのが早いため、虫の声を聞きながら眠りにつくことになるのだけれど、ふとした拍子に、夜中に目が醒めると、そこはもう沈黙の世界。 虫の声もピタリと止み、どなたも聞いたことのない蜥蜴が鳴くのか鳴かぬのか。 魑魅魍魎のうごめく、...
た ら れ ば の 愚 痴 は 言 は ぬ と 明 け の 春... たらればの ぐちはいわぬと あけのはる 今さら過去は変えらません。 あのときの、あれが間違っていた、こうすればよかった、そもそももっと以前の選択がよくなかった。 そういうことなら、わたしは生まれたことがそもそもおおまちがいで、考えるだけムダです。 どこに行ったとしても、どんな道を選んだにしても、わ...
道幅の 拡張されて さみしかり あちこちで道路拡張工事がさかん。昔歩いたあの道もこの道も根こそぎ潰されて、曲がったところは正されて、駅前はロータリーになって、裏道も近道もどこへ行ったんだろう。...
あ の 男 に セ ー タ ー 編 み て こ の 男 へ... このおとこに セーターあみて あのおとこへ わたしのことではあり ません。 むかし若い若いころ、友人があるオトコを好きになり、毛糸を買って、その買った店が編み方を教えてくれるとかで、せっせと通ってついに仕上げました。 でも、教えてもらったとはいえ、初めてのことですから、大いに時間がかかったらし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください