文部省 唱歌を歌い 茄子の花

春のうららの隅田川
我は海の子白波の
甍の波と~
茄子の花は、その花の淡い紫の色と、茄子の深い深い紺紫の色のせいか、
古い唱歌を思い出す。
今はもう、教科書から消えていると聞く、名曲の数々。

この句も読まれています。

冬の田に 鶴多く居て 寂びしかり 出水…田んぼの鶴 あんなにたくさんいるのは、えさを撒いてるからだろう。 自然じゃない。 たくさんいて寂しいのは、人間ばかりじゃない。...
巻き固き 蕾あやめの 深紫(ふかむらさき) ... あやめは大好きな花です。花びらの大きい菖蒲や、淡い紫の杜若(かきつばた)や、アイリスではない、正真正銘のあやめに限ります。細くしゃきっと立った葉っぱの中に、固く巻いた尖った濃い濃い紫の蕾がある様子は心が躍る心地です。一年のうちわずか十日ほどの花の時季ですが、あ~夏が来ると実感します。...
口 蹄 疫 牛 の 怨 嗟 や 遠 い 夏 こうていえき うしのえんさや とおいなつ 宮崎県で、おそらく韓国から持ち込まれたとウワサの肉牛の病気、口蹄疫なるものが蔓延し、多くのウシが注射一本で殺され、埋められ、(ほとんど生き埋めに近いと思われますが)、酪農家の生活をおびやかし、これだけはと、嘆願された種牛も、すべて殺すことになった、悪夢があ...
遠鳴りの 花火送りて 夏が逝く どこなのか、今ごろ花火大会なんて。人が集まっているんだろうか。何が面白いのか。地響きのような音が続くが、外に出て、確かめる気にもなれない。元気なんだ、人はみんな。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です