文部省 唱歌を歌い 茄子の花

春のうららの隅田川
我は海の子白波の
甍の波と~
茄子の花は、その花の淡い紫の色と、茄子の深い深い紺紫の色のせいか、
古い唱歌を思い出す。
今はもう、教科書から消えていると聞く、名曲の数々。

この句も読まれています。

水草も がまの穂もみな 時雨おり 時雨の雨は冷たい。 雨が顔にくっついて離れなくて冷たい。 まんべんなく、まんべんなくここもそこも雨が降る。 沼の水草も、真ん中の中洲に生えたがまの穂にも、いつまでもいつまでも 降りつづける。...
口 蹄 疫 牛 の 怨 嗟 や 遠 い 夏 こうていえき うしのえんさや とおいなつ 宮崎県で、おそらく韓国から持ち込まれたとウワサの肉牛の病気、口蹄疫なるものが蔓延し、多くのウシが注射一本で殺され、埋められ、(ほとんど生き埋めに近いと思われますが)、酪農家の生活をおびやかし、これだけはと、嘆願された種牛も、すべて殺すことになった、悪夢があ...
寒過ぎて 冬木の桜 春を思はず 冬木の桜は凍てついて、去年の花はとうに忘れたし、今度の花も想像できない。でもちゃんと咲くんだろう。木は強いから。...
秋渇き ようやく言いたき ことを言う... 夏に弱いわたしは、暑い季節はじーっとして体力を持ちこたえ、体調を考え 過ごすのです。暑いときに思い立って何かしたり、頑張ったりしても、なんか うまくいかないような気がするのです。 それが涼しくなると、体に力がみなぎってくるのがわかるのです。 悔しかったこと、腹がたったことも、順序たてて、冷静に落ち着...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください