文部省 唱歌を歌い 茄子の花

春のうららの隅田川
我は海の子白波の
甍の波と~
茄子の花は、その花の淡い紫の色と、茄子の深い深い紺紫の色のせいか、
古い唱歌を思い出す。
今はもう、教科書から消えていると聞く、名曲の数々。

この句も読まれています。

吾 亦 紅 己 れ 花 と は 知 ら さ れ ず... われもこう おのれはなとは しらされず ワレモコウ、多年生の秋の花です。 薔薇の仲間らしいのですが、ネギ坊主のような格好で、花は色づくと茶色っぽくなります。 まるでヤジロベエのような風情が愛され、好きな人は多いと思います。...
炬 燵 寝 に 息 し て お る か 確 か む る... こたつねに いきしておるか たしかむる 足元が暖かいうえに、ふかふかの布団をのせているものだから、年寄りでなくとも眠くなるものです。 あまりに長いと、心臓が止まったんじゃないかなどと、ふっと不安になったり。 考えようでは、このまま成仏できれば、痛みもなく、穏やかに静かな往生ではあります。 本...
居 心 地 の 良 か れ と 願 ふ 彼 岸 か な... あの世に召されて、親に逢えただろうか。 居心地の良い場所に連れて行ってもらえただろうか。 あらゆる心配ごとから解放されて、道に迷わず極楽とやらに着いただろうか。 いい人だったよね。 いるだけで楽しかったよね。...
夏来る しぶきをあげて 嘉瀬の川 佐賀県に、嘉瀬川という一級河川があります。 上流は細い細い流れではありますが、石ころの多い、勢いのある流れです。 夏が来ると、木々は緑に、川はことのほか勢いを増すように思います。 この小さな川が、やがて佐賀の穀倉地帯を潤すのjか、不思議な気がします。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください