改 札 を 出 る 顔 確 か む る 五 月

かいさつを でるかおたしかむる ごがつ

ゴールデンウィーク。

空港も駅も、迎えのじいちゃんばあちゃんであふれかえっているようです。

遠方から帰る子どもや孫の顔を一瞬でも早く見たい一心なのでしょう。

いつまでもこの幸せが続きますように。

この句も読まれています。

花過ぎて 日常生活 郵便屋 大騒ぎの桜が終わった。 普通の毎日が戻ってきた。 いつものことが、いつものように、わたしはこの日常感が好きです。 郵便屋さんも、いつもの時間に届けてくれます。...
凌 霄 (のうぜん) や 盛 り の 朝 に 人 の 逝 く... ノウゼンカズラ / zamojojo ノウゼンカズラの勢いには気圧される。 夏の盛りに、勢いよく立ち昇り、昇り きって空を掴むと、なだれ落ちる。 今日も暑くなるだろう。 こんな朝に、あの人は逝った。こんな 朝に。...
吸 う 吐 く や 熱 々 こ ろ っ け 秋 祭 り... すうはくや あつあつころっけ あきまつり 夏祭りなら、綿菓子かソフトクリーム。 そぞろ寒さを引き連れて、秋の祭りはアツアツのコロッケがいい。 イカ焼きは汚れるし、味が濃い。...
紫 は 都 忘 れ の 矜 持 な り むらさきは みやこわすれの きょうじなり もともと都忘れはむらさきであったはず。 品種改良で、最近はピンクや白っぽいものも出回っているようですが、都忘れは、紫でなければその高貴ないわれを説明できないのです。 むらさき、それもできれば深い紫であってほしいものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください