改 札 を 出 る 顔 確 か む る 五 月

かいさつを でるかおたしかむる ごがつ

ゴールデンウィーク。

空港も駅も、迎えのじいちゃんばあちゃんであふれかえっているようです。

遠方から帰る子どもや孫の顔を一瞬でも早く見たい一心なのでしょう。

いつまでもこの幸せが続きますように。

この句も読まれています。

遠雷を 胸騒ぎに 重ねおり 遠くで鳴りひびく雷は、不気味です。 胸騒ぎのような音がします。 日ごろの心配事が、むくむくと広がってくるのです。...
吾亦紅 つんつん枝の 人を信じて 吾亦紅の咲く風景は、秋の真っ只中、童話のような美しい世界。 色も秋色、枝がまっすぐに迷いもせずにまっすぐ伸びているさまは、とても心まっすぐに育った人 のように見えるのです。 人を疑わない、まっすぐな真っ黒な瞳を感じるのです。...
茹 で 卵 つ る り と 剥 き て 紅 葉 狩 り... 取り敢えず茹で卵。 そして塩おにぎり。 観世音寺の裏の大岩。 これも立派な紅葉狩り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください