改 札 を 出 る 顔 確 か む る 五 月

かいさつを でるかおたしかむる ごがつ

ゴールデンウィーク。

空港も駅も、迎えのじいちゃんばあちゃんであふれかえっているようです。

遠方から帰る子どもや孫の顔を一瞬でも早く見たい一心なのでしょう。

いつまでもこの幸せが続きますように。

この句も読まれています。

コ ス モ ス に 埋 も れ か つ て の 一 等 車... こすもすに うずもれかつての  いっとうしゃ コスモスあふれる児童公園の片隅に、機関車ではないけれど、使用済みの客車が置かれています。 コスモスは満開なれど、居場所のなさそうな、そんなおもむきです。...
兜 獲 り 買 ふ て く れ た り あ り が た ふ... かぶととり かうてくれたり ありがとう 装備万端。 虫籠、捕虫網、虫除けスプレー、夏帽子、タオル、麦茶。 意気揚々とご帰還。 虫籠には、立派なカブトムシが一匹と、樹の枝、葉っぱも。 子どもの絵日記は、喜びにあふれており、 「おとうさんと、カブトムシをつかまえにいきました。 かってくれてありがとう。...
放生会 鳥居の上の 秋の空 放生会の行われるはこざき宮の鳥居は、確か三つも四つもあります。 海のそばから、お宮まで道路をわたって、参道が続きます。 どの鳥居の上にも、おんなじ真っ青な秋の空です。 放生会は夜もいいけれど、昼間も感動的なのです。 もっとも海は遠くなって、見えなくなりました。...
盆の日に 弔う人なく わびしくもなく... 墓参り、親戚回り、親族の集い、なーんにもしなくともよい。 所詮一人。 人などあてにはならぬ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください